人材育成

「お客様」が「お客様」を呼ぶ仕組みを理解すると繁盛店になる

Amazonや大手通販サイトのレビュー欄を見て、商品購入を決める判断材料にする人は多い。ですが、「この商品レビューは、ヤラセではないか? 販売店やメーカーから雇われた人が良いように投稿しているのではないか?」と思えるようなものもあって、信頼が揺らいでしまう場合もありまが・・・
人材育成

仕事の効率化を望むなら、設備投資よりも自分の片腕を養成すること

人材が集まりにくいからといって、人材選定に妥協しすぎていませんか?もし今、働いてくれているスタッフがいるなら、その中で自分の片腕として働いてくれそうな望みがありそうなスタッフは誰でしょうか?ちょっと冷静になって客観的にスタッフを分析してみましょう。
リスク管理

クレームハラスメントに繋がるクレームは些細なことから生まれる

「お客様は神様です」とは昔のこと、一部に悪魔が存在します。今ではお客様のクレームよってはスタッフが毅然とした態度で厳しく接するということが常識になろうとしています。スタッフがクレームハラスメントに陥る前に、店長はクレーム対応について基本的な態度を示す必要があります。
スポンサーリンク
人材定着率アップ方法

バイトテロを抑制するアルバイト店員の教育と職場体制とは?

アルバイト店員に意欲的に職場で勤務してもらえるコツや、バイトテロを抑制する職場の体制などをまとめた記事
仕事の効率化

LINE等を使った販促は、低経費で顧客へ効果的なPRができる

インターネットを活用したライフサイクルが進むほど、より個別対応型の販促ツール活用が店舗成長の決め手になるとよく言われています。特にインターネットを活用した販促に強いのが、衣料品店や飲食店やスイーツ業界。これからはEメールやLINE等を使って販促を徹底活用しなければ生き残れない時代になるのではないでしょうか。
価格設定

商品の「価格」と「価値」の関係を知ることが売れるPRの原点

商品を売るために「商品価格」と「商品価値」をミックスして考えることで、販売方法の悩みの解決策が生まれます。売れると思った商品が思うほど売れないことや、セールを企画しても期待以上の効果がなかった場合に活用した考えとは・・・
利益と管理

店舗経営者のスキルは資金繰り、顧客、自己成長

店長とは、利益単位である店舗について全責任を負う人です。店長を極めるということは、経営を極めるということであり、経営者として自己成長を図るということを意味しています。具体的には・・・
人材育成

次期店長を養成するために必要なこととは?

店長という役職がつくと、今までと違っていろいろと責任がついてまわり、逆に苦しいばかりになるのではないか?そんなマイナスなイメージがあるような気がします。 店長希望者を増やしていくためには、魅力ある店長の存在が不可欠ですがその対策は?
人材育成

店舗の戦力になる中堅スタッフ教育のコツ

中堅スタッフには、マンネリ化を打破するため、新たな目標設定が必要です。 目標設定は店長自らが支持してしまうと「やらされている」感がでてしまうので、店長はアドバイスのみを行い、自分で設定させること。自分で目標設定することで「自ら考える」「責任感が生まれる」などの効果があります。 目標設定のためにどんなことを任せ、そしてアドバイスをすれば良いのでしょうか?
人材育成

バイト店員、店舗スタッフの新人教育をする中堅スタッフの心構え

新人スタッフほど仕事環境が変わると不安になります。新しい環境に適応しようとして、不安を覚えている時、人は変わりやすいもの。つまりこの時期が仕事を覚えてもらう教育には絶好の機会です。新しい職場に入り環境が大きく変わる時、教育に適切な時機に中堅スタッフは新人に対してどう立ち回ればいいでしょうか?