広告

広告のライフサイクルを知って無駄のない集客をする方法

本来は生物の一生の過程を、誕生から成長、そして衰退へと描く周期のことをライフサイクルといいます。最近ではマーケティングや製品、広告媒体にライフサイクルという言葉を適用するようになっています。 広告媒体も目的は同じでも社会の変...
広告

品揃えで集客する広告の作り方のコツ

安定した集客を考えた場合、品揃え力をアピールすることが重要。主力分野、主力商品については、周辺地域にある競合店の広告と比較してインパクトがないと、集客はむずかしくなります。ネット通販では試着したり、商品を手に取って検討することができません。だからこそ「私の店舗では、これだけの商品を店頭で販売しています」と品揃えをアピールすることが重要なのです。
広告

お客様のライフサイクルに応じて集客する広告の作り方

商品のライフサイクルがどの位置にあるかによって、取るべき集客方法がまったく違ってきます。「成長期」は、チラシ販促が集客の主役で、集客方法は商品アイテム数の豊富さと価格訴求です。
Sponsor Link
広告

企画で訴求する即効型広告で集客カを倍増する方法

企画広告は、既存顧客の支持にプラスして、新規顧客の支持を期待できます。消費者ニーズを先読みした企画ができれば、通常広告の1.5~2倍の集客効果を上げることも可能でしょう。ただし、集客できるからと広告を連発すると企画もマンネリになり、効果が出なくなります。
広告

広告で集客するために、商品やサービスの価値を消費者に効果的に伝える方法

現在あなたが考えている広告を、消費者目線で客観的に見た時に、「ひと目で商品価値が理解できたか?」、「お勧め商品が最初に目に入ったか?」、「なぜ今、この商品なのか?販売理由をすぐに理解できたか?」と、消費者視線でズバリ伝わっていると胸を張って言えますか?
広告

集客商品・収益商品を知った広告展開で売上獲得

2020年のコロナ騒動以降、消費者の目はとても厳しくなっており、消費者自身にとっての価値を見出して認めてくれない限り購入には至らないからです。衝動的な買い物は減っていると考えたほうが良いでしょう。そこで集客商品が必要となります。
2021.09.24
広告

価格にインパクトが出る広告の作り方

チラシ広告やWEBの通販ページ等で、特にお客様に勧めたい商品に興味を持ってもらうにはどうしますか?インパクトのあるキャッチコピーで誘うのか?商品の特長をアピールするのか?いろいろなことが考えられますが、最も有効な方法は「価格の演出」です。
マーケティング

集客に効果的なキャラクターの作り方

商品集客、企画集客、イベント集客によって、即効性のある集客が見込めるのはWEBバナー広告やチラシです。 しかし、毎月広告を出稿するとなると、「安定した集客が見込める仕掛け」が不可欠になってきます。 今は昔ほど広告費にお...
リスク管理

地域で人気の個人商店が経営に失敗する理由

FacebookやTwitter、LINE、Instagramなど営業方法は多様になりました。だから地域の個人商店だからといって昔のように「地域のキャパは決まっているから、売上も天井がある」というものではなく、増益しようと思えば
リスク管理

経営危機が乗り越えられる店長と、自滅する店長の違い

2020年に起きた新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できません。 ただし経営を脅かすような小さな兆候は数ヶ月前からあ...
Sponsor Link