目次

店長の役割
地域で人気の個人商店が経営に失敗する理由
FacebookやTwitter、LINE、Instagramなど営業方法は多様になりました。だから地域の個人商店だからといって昔のように「地域のキャパは決まっているから、売上も天井がある」というものではなく、増益しようと思えば
経営危機が乗り越えられる店長と、自滅する店長の違い
2020年に起きた新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れる...続きを読む
倒産か?継続か?世情悪化による閉店回避のためには積極的な経営戦略がないと店舗は衰退する
消費税増税や感染症の拡大による緊急事態宣言などにより、民衆の消費が厳しくなる状況下で、中小店舗の経営者はさまざまな試行錯誤を続けているはずです。 最初に情勢が変わりそうな兆候があちらこちらに見え始めたときは、「自分の店舗までは影響が及ばない」と仮定して営業を続ける店舗経営者がいます。
経営危機は店長の態度が誘い出す。有頂天になると失敗の始まり
新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できません。 ただし、小さな兆候は数ヶ月前からあるものです。その小さな兆候を流してしまうのか?それとも注目して思考を巡らすのか?店長の力量が試されるときだと思います。
地域で人気の個人商店が経営に失敗する理由
数人の従業員と店長で営業している個人商店は、特に地域で人気となり愛される存在です。しかし、お客様から愛されるがゆえに甘えが生じたり、経営が緩みがちになります。そこに経営の落とし穴があるのです。
店舗繁盛のコツ
店舗のルールをお客様に適応してはならない!その場の状況判断が重要
どんな小さな店舗でも、自らが決めたルールがあります。それは経営をはじめてから、今までに至るまで様々なことを経験し、試行錯誤しながら決めてきたルールです。 ...続きを読む
繁盛店になるために必要なことを同業他店に学び比較する
店舗経営をする上で必要な情報、また店舗で働く上で必要な情報を集めるのに、まず参考にしなければならないのが、近隣の同業他店の状況です。 もし同業他社より自...続きを読む
お客様から信頼され、親しまれる販売スタッフになるための方法
お客様に勧めた商品を購入してもらうためには、どんな接客トークをすればいいのか? そのために必要なこととは、マーケティングを意識するのでしょうか? 商品の仕様を...続きを読む
お客様から信頼される店員になるための条件
店頭で様々なブランドから、似たような仕様の商品が並んでいた場合、デザインなど表面上の違いはわかっても、自分に合った商品なのか? 自分の想定する用途を満たす商品...続きを読む
お客様の心をつかむ接客方法
販売スタッフがマニュアル通りの接客で、お客様に商品を勧めるだけで売れると考えるのは間違っています。 自分自身がお客様の立場になったときに、どういう接客を...続きを読む
集客のコツ
「プロフェッショナルの訴求」で商品価値を効果的に見せるチラシの作り方
「会って話せば、この商品のすばらしさを伝えられるのだが……」と考える方は少なくありません。 しかし商売のプロなら、会って話すだけでなく、チラシで...続きを読む
新商品や高額商品は「使用価値訴求」で商品価値を効果的に伝えて販売力アップ
日常でなじみのない商品に出合うと、「これは何に使うのだろう?」「どんなふうに使うのだろう?」「どんな味がするのだろう?」「どうやって食べるのだろう?」...続きを読む
誰に買ってほしいのか?消費者の「ターゲット訴求」で商品価値を効果的に伝える広告の作り方
現代社会は、趣味嗜好や興味あるものなどが、人それぞれ異なり、個性化が進む時代です。 Aさんが良いと言ったからBさんも良いというとは限らず、商品価...続きを読む
「オープン」を訴求した付加価値で集客アップを狙う
当たる企画は、当たらなくなるまで使え 「当たる企画は、当たらなくなるまで使え」——これは販売促進の鉄則です。 ある企画がヒットしたら、すぐ...続きを読む
広告で商品価値を効果的に伝える「Q&A」訴求法
広告で同じ商品価値を伝えるにしても、伝え方によって、その伝わり方はまったく変わります。 商品価値は、伝えたことで理解されるのではなく、相手に理解...続きを読む
人材育成
できる店舗スタッフやアルバイト店員を育てる秘訣
ある程度その職場で働くことに慣れてくると、突然新人の指導を任されることがあります。 最初は簡単でわかりやすい業務からやってもらおうと、説明をして任せるの...続きを読む
店舗内のコミュニケーションを円滑にし、関係を強化する方法
店舗スタッフ全体が一つの方向性を持って進むためには、店舗内のコミュニケーションを風通しの良い円滑なものとしておくことが必要です。コミュニケーションをうまくとることができれば、意思の伝達や情報の共有が正確かつ迅速になります。そのポイントとは?
バイトテロを抑制するアルバイト店員の教育と職場体制とは?
求人しても人材が集まりにくいからこそ、アルバイトスタッフの雇い方や仕事の任せ方に工夫が必要です。そして仕事にやりがいを持ち、定着率アップで店舗の業績をあげるポイントとは何でしょうか?
クレームハラスメントに繋がるクレームは些細なことから生まれる
最近、中高年層を中心としたクレーマーが増え、スタッフがクレームハラスメントに合って仕事をすることができなくなることもあります。店長にとっては一人のお客様の理不尽なクレームよって、大切なスタッフを傷つけられたり、辞めてもらっては困ります。しかし、店舗を営業していれば何かしらのクレームは発生します。スタッフがクレームハラスメントに陥る前に、店長はクレーム対応について基本的な態度を示す必要があります。
店舗スタッフの仕事のモチベーションを上げる簡単な方法
店舗スタッフのモチベーションを源にして店舗は活性化します。しかし「うちのスタッフは指示をよく聞くし、仕事は真面目にやってくれるけど、いまいち活気が出ないのが悩み」という店長がいると思います。その原因は、店舗スタッフを管理しすぎているからかもしれません。アルバイト店員による業務妨害的な行動も世間を賑わせている中で、管理を徹底したい気持ちはわかりますが、それでは根本的な解決になりません。