リスク管理

リスク管理

倒産か?継続か?世情悪化による閉店回避のためには積極的な経営戦略がないと店舗は衰退する

消費税増税や感染症の拡大による緊急事態宣言などにより、民衆の消費が厳しくなる状況下で、中小店舗の経営者はさまざまな試行錯誤を続けているはずです。 最初に情勢が変わりそうな兆候があちらこちらに見え始めたときは、「自分の店舗までは影響が及ばない」と仮定して営業を続ける店舗経営者がいます。
リスク管理

店長のための店舗経営に関するリスクマネジメントとは?

日々の店舗経営をしていると、予想外のことが度々起こります。 その中で、店長はこれから起きるかもしれない様々なリスクに対して、どう行動すればよいのか? 何...続きを読む
リスク管理

忍び寄る経営危機。「このままでいい」「いまのままでいい」そんなはずはない

経営者である店長の迷いが、店内スタッフに限らずやがて取引先や来店客にもやがて伝染していき店舗が閉店するのではないか?資金繰りに苦しいのではないか?という噂がでてくるようになります。閉店倒産の危機がすぐそこまで忍び寄ってきています。
広告
リスク管理

非常事態宣言時の難局を乗り越える店舗経営戦略

5月下旬には順次緊急事態宣言も解除されていきましたが、この状況は店舗経営者にとって貴重な経験となっているのではないでしょうか。 閉店を余儀なくされた経営者も多く居ます。店舗が閉店すれば、そこで働くスタッフは露頭に迷うことになります。そんなマイナス面もありますが、再度この状況が将来訪れたら、どう店舗経営をすればいいのか? 何を売り、何を仕入れるといいのか、今回の状況を振り返りながら少し考えてみました。
リスク管理

閉店・経営危機に直面した店長が示すべき姿とは?

突然の経営自粛を公的に伝えられる、天災や社会情勢によっても店舗経営は上下し、ずっと平坦な道を歩むことはありえません。 もしも経営している店舗が、なんらかの理由で閉店や経営の危機が迫っているなら、店長としてスタッフやお客様に示さなければならない姿があるのではないでしょうか。
リスク管理

赤字店舗は地域社会での存在価値が低下する。今、店舗経営者の在り方を考える

店舗を経営する際に、自己資金で開業、運営できればいいのですが、誰もが潤沢な資金があるわけではありません。 特に開業準備には、初期投資として費用が...続きを読む
リスク管理

クレーマーはお客様ではない。対応は後送りでよい

飲食店や衣料品店など店舗で商品を販売するサービス業であれば、大なり小なりお客様からのクレームは避けられません。 チェーン店などでは、クレーム対応に関して...続きを読む
リスク管理

トレーサビリティと情報開示は、信頼される繁盛店には欠かせない条件

トレーサビリティとは、物品の流通経路を生産段階から、最終消費段階または廃棄段階まで追跡が可能な状態のことを言います。 最近のニュースを見ていると、食品管...続きを読む
リスク管理

商圏分析で繁盛店になるチャンスを見つける方法

店長!自分の経営する店舗は、地域の人々に長年愛されているから、今後も安定した利益が見込めるだろうと安心していませんか? もし店長が経営する店舗がある商圏内で、大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると人々はそちらのほうに流れるでしょう。 しかし、厳しい環境の中で成長を続けている店舗があります。その秘密は・・・
リスク管理

お客様との店舗内トラブルと執拗なクレーマーへのクレーム対応

少し前までTwitterなどで、店で悪ふざけをした動画が投稿されたり、恐喝まがいの行為をした様子が投稿されたりして、それが連日テレビで報道されるなどし...続きを読む