スタッフ教育

スタッフ教育

接客の基本となる挨拶の考え方

店舗に新しく入った従業員に、最初に何から教えますか?職場の案内ですか? 従業員の紹介ですか? 職場によって違うと思いますが、やはり基本は挨拶から教えるのではないでしょうか? 最初は先輩に付きながら研修をさせると思いますが、研修中でも現場に立っていると1人で判断して対応しなくてはいけない場面に遭遇することがありますが・・・
スタッフ教育

カリスマ店員の育て方とは?人を否応なしに惹きつける資質の手に入れる方法

カリスマ店員がいる店は、その店員目当てにお客様が来店してくれます。 そんな店員が1人だけではなく、全ての店員が販売においてある種の「カリスマ性」を発揮することが...続きを読む
スタッフ教育

多忙な店長ほどスタッフと話す時間を設けなければならない

「店長、少し相談したいことがあるのですが」と、スタッフに声をかけられて「今は手が離せないから後で」と応えていませんか? そういうことが続くと、店長は多忙な人だか...続きを読む
広告
スタッフ教育

店舗スタッフの仕事のモチベーションを上げる簡単な方法

店舗スタッフのモチベーションを源にして店舗は活性化します。しかし「うちのスタッフは指示をよく聞くし、仕事は真面目にやってくれるけど、いまいち活気が出ないのが悩み」という店長がいると思います。その原因は、店舗スタッフを管理しすぎているからかもしれません。アルバイト店員による業務妨害的な行動も世間を賑わせている中で、管理を徹底したい気持ちはわかりますが、それでは根本的な解決になりません。
スタッフ教育

繁盛店のスタッフは、店長が描く経営ビジョンをきちんと理解している

自分が働いている店舗が、これからどんな営業展開をしようとしているのか? 店長は、将来に対してどんな展望やビジョンを描いているのか? 店舗スタッフであれば、それを...続きを読む
スタッフ教育

「ほうれんそう」を怠るスタッフは接客の信用を失う

社会の一員として働き始めた時に、最初に覚えるのが、挨拶と報連相(ほうれんそう)の大切さではないでしょうか。 特に「報告」「連絡」「相談」をまとめた「ほうれんそう」の重要さは、どんな業界にも共通することで、これがきちんとできないと、店舗スタッフとしても失格となります。
スタッフ教育

バイトテロを抑制するアルバイト店員の教育と職場体制とは?

求人しても人材が集まりにくいからこそ、アルバイトスタッフの雇い方や仕事の任せ方に工夫が必要です。そして仕事にやりがいを持ち、定着率アップで店舗の業績をあげるポイントとは何でしょうか?
スタッフ教育

クレームハラスメントに繋がるクレームは些細なことから生まれる

最近、中高年層を中心としたクレーマーが増え、スタッフがクレームハラスメントに合って仕事をすることができなくなることもあります。店長にとっては一人のお客様の理不尽なクレームよって、大切なスタッフを傷つけられたり、辞めてもらっては困ります。しかし、店舗を営業していれば何かしらのクレームは発生します。スタッフがクレームハラスメントに陥る前に、店長はクレーム対応について基本的な態度を示す必要があります。
スタッフ教育

年上のスタッフが言うことを聞かない!年下の若い店長の悩み解決法

店舗によっては、人材不足で求人しても若いスタッフが集まりにくい業種があります。 だから店長よりも年上のスタッフを、採用せざるを得ない場合もあります。 もしくは本...続きを読む
スタッフ教育

素の自分で接客してお客様から信頼される存在になろう

店舗でがんばって働いているスタッフたちの働きに感謝しつつも、店長は常にスタッフの服装や外見、そしてお客様から受ける印象にも気を配っておかなければならない。 人の出会いは、第一印象で決まると言われます。 来店したお客様が最初に出会った店舗スタッフの第一印象が悪いと、どんなに店舗内が綺麗で魅力があっても、そのお店のファンにはなってくれません。 現代はネットの口コミで、悪い情報はすぐに拡散されてしまいます。
テキストのコピーはできません。