集客

マーケティング

老舗が繁盛し続けて、長い年月を多くの人から愛され続けられる理由はなぜ?

商店街や大型ショッピングモールに入っている店舗の中を見ていると、どれも流行ってそうに見えて、中にはお客様の姿のない店舗もあることに気づくはずです。 そして、いつ...続きを読む
ダイレクトメール

品撤え型DMとメッセージの記号化~集客用DMの利用法~

DMを送付する目的は、反響数を向上させること。その先には、DMを送付した店舗の商品やサービスをお客様に購入していただくことがあります。 そのため、DMにおすすめ...続きを読む
マーケティング

店舗のマーケティングは商圏人口を元にした数値を知ることから

ドラッカーのマーケティング理論が、いつの時代にも話題になります。 店舗経営者にとって、マーケティングのスキルは必須といっていいでしょう。 ただし、マーケティング...続きを読む
広告
販売演出のコツ

集客のためには「七つの演出」で販促企画に迷わない

売りたい商品がある場合や、店舗の集客力をアップしたいときに、何を行うかを考えた時、実に多様な手法があると思います。 同時に周辺環境や既存顧客ニーズなども考慮に入...続きを読む
販促物の企画制作

集客に成功する3大原則を知っていますか?

集客に成功する3大原則を知っていますか?集客の大原則には三つあります。 ・店の違い、商品の違いなどの「違い」をどれだけお客様に伝えられるか・「目立つ」こと。・「...続きを読む
チラシ広告

今「物売リ」発想のチラシは当たらない

コロナ感染で疲弊した世の中にあっても日本の現状は、あらゆる業界が、「成熟期」に突入したと言われています。 成熟期とは、「需要」以上に「供給」があるということ。つ...続きを読む
広告

集客広告に必要な販促費は?理想は販促費ゼロでも固定客が増え続けること

販促費は、いったいどのくらいかけるべきなのか?先行きの見えにくい状況の中で悩ましい問題です。 大手を振って人を店に呼び込むこともはばかれる社会の中で、ただじっと指をくわえてお客様を待っていても来てくれません。 やはり状況を見据えながら、販促は必要です。
販促物の企画制作

効果的な販促物とは、商品に対する不安を解消して「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
販売演出のコツ

売りにくい商品で完売を狙うなら、お客様にも「販売」に協力してもらうこと

試食販売や実演販売をする際に、店舗スタッフがいくら声を張り上げても、どんなに商品説明が上手でも、なかなかお客様に商品を手に取ってもらうことができません。どうすればお客様を立ち止まらせ、商品を手に取り、購買へと誘導することができるのでしょうか?
チラシ広告

広告で商品価値を効果的に伝える「Q&A」訴求法

広告で同じ商品価値を伝えるにしても、伝え方によって、その伝わり方はまったく変わります。 商品価値は、伝えたことで理解されるのではなく、相手に理解されてはじめて伝...続きを読む
テキストのコピーはできません。