集客アップのコツ

販促物の作り方

効果的な波束物とは、不安の具体化により「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
販売演出のコツ

集客のためには「七つの演出」で販促企画に迷わない

売りたい商品がある場合や、店舗の集客力をアップしたいときに、何を行うかを考えた時、実に多様な手法があると思います。 同時に周辺環境や既存顧客ニーズなども考慮に入れると、何が自分の店舗にとって必要な販促なのか、わからなくなると思います。 ...
価格設定

商品の「安売り」と「安さ感」は違う

店舗経営をしているなら、時々は何かしらの理由で安売りをしていると思います。 景気が徐々に良くなっているとはいえ、まだまだお客様の財布の紐は固く、単に価格訴求をしても良い結果に結びつかないことも多いといいます。 だから「安売り」をするので...
マーケティング

店舗のマーケティングは商圏人口を元にした数値を知ることから

ドラッカーのマーケティング理論が、いつの時代にも話題になります。 店舗経営者にとって、マーケティングのスキルは必須といっていいでしょう。 ただし、マーケティングといっても、その範囲はとても広く、奥が深いもので、どこから学べばいいのかわか...
マーケティング

個人経営や家族経営店舗が周辺地域から集客を増加する効果的な方法

これまで順調に売上を保持できていた店舗でも、近所に大型ショッピングモールができると、それまでの既存顧客が減ります。 また、店舗の近くに似たような商品を扱う店ができても、それまでの経営が難しくなる場合があります。 お客様にとってはネット通...
マーケティング

老舗が繁盛し続けて、長い年月を多くの人から愛され続けられる理由はなぜ?

商店街や大型ショッピングモールに入っている店舗の中を見ていると、どれも流行ってそうに見えて、中にはお客様の姿のない店舗もあることに気づくはずです。 そして、いつの間にか違う業種の店舗に差し替わってたりします。 そんな移り変わりが激く...
マーケティング

クーポン券などお客様を呼び込む集客券の効果的な配り方

どんなお店でもサービスでも、今ではクーポン券などお買い物を配るのが集客の手法として当たり前になりました。しかしどこでも行うようになった分、他店とどう差別化するかよく考えて配らないと効果がでません。 何のために集客券を配るのか?、どこで誰に配るのかをよく考えましょう。
販促物の作り方

不景気に当たる値引きチラシは安売りで勝負しない。値引きの理由で勝負する!

景気が回復傾向にあり、所得もちょっと増えたものの、これまで体験から消費税もあがり先行き不安が消えないのが今の消費者。 当然、消費者の買い物の仕方が大きく変化していくことなります。 消費者は余分なものを買わなくなり、デザインよりも...
ネットショップ成功法則

集客方法の決め手は、先手・先手を打つこと

 店長であれば毎日の社会動向をテレビやネットニュースなどでチェックしていると思います。 ただし、何を目的にチェックしているのか? という意識の持ちようが集客に影響することご存じですか?「お客様との会話の話のネタに」というのもあるでしょうが、...
マーケティング

お客様の「楽しい」「嬉しい」を作り出せるスタッフ育成の秘訣

顧客満足とは、人が商品やサービスを購入するとき、その商品やサービスに感じる何らかの満足感のことです。 お客様は、「これは私が求めていたもの、それ以上の価値がある」と顧客満足を感じたときに商品を購入するとの商売の基本的な考え方です。 ...
スポンサーリンク