売上計画の立て方

スポンサーリンク
人材定着率アップ方法

自店の計画(実行プラン)を示すことで営業力がアップする

店長は経営者として、様々な計画を立てていると思いますが、基本的に中期計画・年間計画・月間計画、経営計画・販売計画・仕入計画、数値計画と行動計画などがあると思います。 どれも健全な店舗経営を長く続けるために、必要なものですが、そもそも計画っ...
売上計画の立て方

店長は店舗のビジョンと戦略や戦術を示して、スタッフと一緒に目的意識を高めよう

店舗を開店して、営業的にもそこそこ安定しだすと、開店当初に抱いていた将来のビジョンを語らなくなる店長が多いといいます。 店長がビジョンを語らないと、店舗で働くスタッフへ意識共有もできず、働く意欲も減退してしまいます。 もしライバル店でよ...
売上計画の立て方

最速で売り上げアップする方法は、自店の現状(商圏・競合・内部環境)を把握すること

店長は自分が経営する店舗の周辺地域に、またはこれから出店しようとする地域の環境や住人のことを、できるだけ詳細に把握しておかなければなりません。 仕事で通勤客が多く通る地域なら、周りにどんな会社があり、社員の年齢層や性別、収入なども把握して...
スポンサーリンク
マーケティング

店舗のマーケティングは商圏人口を元にした数値を知ることから

ドラッカーのマーケティング理論が、いつの時代にも話題になります。 店舗経営者にとって、マーケティングのスキルは必須といっていいでしょう。 ただし、マーケティングといっても、その範囲はとても広く、奥が深いもので、どこから学べばいいのかわか...
売上計画の立て方

繁盛店になるための予算と目標を計画する方法

店舗の販売計画や経営計画を、「とりあえず作ってみた」という段階で中断していませんか? 実は繁盛しない店舗の多くが、その状態であるといいます。 「なんとなく」や「とりあえず」という姿勢は、店舗経営を軽視しているとも言えるのではないでしょう...
売り場の改善

店長が、経営する店舗のコンセプトを、自信を持って言える店舗は繁盛店になる!

現在経営している店舗を繁盛店にするためには、販売&経営戦略が必要です。 戦略の計画を立てるためには、様々な観点から考える必要があります。 目標実現の精度を上げるために、必要な要素があります。 戦略の精度を上げる次の6つのポイント ...
売り場の改善

集客の基本はディスカウントセールをやらないこと

手っ取り早くお客様を集めようとして、安易なディスカウント販売(バーゲンセールなど)をする店舗をよく見かけます。 どんなお店でもお客様に自店の価値を伝えたい、この店舗は良いものをお客様がお求めやすい価格で提供していますよという価値を感じさせ...
売り場の改善

情報や流行に敏感で時流適応できる店長の店は繁盛する

最近は経済新聞を広げて読むサラリーマンも減り、インターネットで流される情報から自分好みの記事を読む時代です。 それによっての弊害は、情報に対する視野が狭まり、自分好みの世界だけに終始してしまうことです。 店舗を担う店長なら、それではお客...
売上計画の立て方

繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

大きな目標を成功させるためには、それなりの長い期間が必要になります。 しかし計画が長期に渡ると、必ず起きるのが「中だるみ」です。 緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になります。 ...
売上計画の立て方

繁盛店の店長が知っている、計画や施策の修正プランを即決定、即実行する行動力の秘密

計画したことを実行する際は、検証しながら行うのが期待する成果を実現する秘訣です。 では検証した時に「修正」すべき点を、どのような観点で見つけるといいのでしょうか? 修正案を実行するのもスピードが必要ですが、後回しにしたり、ダラダラと検証...
スポンサーリンク