販売演出のコツ

販売演出のコツ

販売商品やサービスに希少性を打ち出して「限定感」の演出で売上アップ

店舗の中を物色していて「限定」と書かれたPOPを見てしまうと、「今は特に欲しくはないけど、今手に入れないと次は無いかも」と思って購入に至るケースがよくあります。 ユニクロの限定コラボTシャツや、人気アニメの限定キャラクターフィギュアな...
接客の基本

購買意欲を高めるためにプラスアルファで「お得感」を演出して売上アップ

今すぐ必要な商品ではないけど、とても気になって買おうかどうか迷っているお客様がいます。 衝動的に欲しくなった商品があって、買うかどうか迷っているお客様もいます。 こんなふうに売り場で迷っているお客様をみかけることが、しばしばあり...
接客の基本

売りにくい商品で完売を狙うなら、お客様にも「販売」に協力してもらうこと

試食販売や実演販売をする際に、店舗スタッフがいくら声を張り上げても、どんなに商品説明が上手でも、なかなかお客様に商品を手に取ってもらうことができません。どうすればお客様を立ち止まらせ、商品を手に取り、購買へと誘導することができるのでしょうか?
販売演出のコツ

「お客様」が「お客様」を呼ぶ仕組みを理解すると繁盛店になる~商売繁盛の秘訣~

Amazonや大手通販サイトのレビュー欄を見て、販売店やメーカーから雇われた人が良いように投稿しているのではないか?」と思えるようなものもあります。これを「サクラ」呼びます。サクラを利用するのも使い方を誤ると信用を失います。信頼される効果的なサクラの使い方を考えてみましょう。
マーケティング

商品の「価格」と「価値」の関係を知ることが売れるPRの原点

売れると思った商品が思うほど売れないときは「価格設定が間違っていたのか?」「接客が間違っていたのか?」「広告が足りなかったのか?」「そもそも商品の選択を間違ったのか?」などいろいろな観点で悩むと思います。 商品を売るための原点「商品価格」と「商品価値」をミックスして考えてみてはいかがでしょうか?
販売演出のコツ

集客のためには「七つの演出」で販促企画に迷わない

売りたい商品がある場合や、店舗の集客力をアップしたいときに、何を行うかを考えた時、実に多様な手法があると思います。 同時に周辺環境や既存顧客ニーズなども考慮に入れると、何が自分の店舗にとって必要な販促なのか、わからなくなると思います。 ...