経営と経理

マーケティング

近くにライバル店がオープン!競合店対策はどうすればよいのか?

近くに競合店がオープンしても負けない販促計画 日用品や生活必需品をメインで扱っている店では、競合店対策は重要な販促活動です。 小売店の場合、最大日販(1年間で一番売上げの高い日)を80〜100倍すると、およその年商になります。...
リスク管理

倒産か?継続か?閉店回避のために積極的な経営戦略が必要

消費税増税や感染症の拡大による緊急事態宣言などにより、民衆の消費が厳しくなる状況下で、中小店舗の経営者はさまざまな試行錯誤を続けているはずです。 最初に情勢が変わりそうな兆候があちらこちらに見え始めたときは、「自分の店舗までは影響が...
売上計画

経営の縮小期においては「選択と集中」、拡大期には「選択と拡大」が基本ルール

店舗の経営に関わる危機は、営業を長く続ければ何度も訪れます。その経験を積み重ねることで、ある程度のことが起きても乗り越えられるという自信が育っていきます。 しかし「危機」というものは、社会情勢からおおまかに予測ができるものであっても...
Sponsor Link
リスク管理

地域で人気の個人商店が経営に失敗する理由

FacebookやTwitter、LINE、Instagramなど営業方法は多様になりました。だから地域の個人商店だからといって昔のように「地域のキャパは決まっているから、売上も天井がある」というものではなく、増益しようと思えば
リスク管理

経営危機が乗り越えられる店長と、自滅する店長の違い

2020年に起きた新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できません。 ただし経営を脅かすような小さな兆候は数ヶ月前からあ...
リスク管理

非常事態宣言時の難局を乗り越える店舗経営戦略

5月下旬には順次緊急事態宣言も解除されていきましたが、この状況は店舗経営者にとって貴重な経験となっているのではないでしょうか。 閉店を余儀なくされた経営者も多く居ます。店舗が閉店すれば、そこで働くスタッフは露頭に迷うことになります。そんなマイナス面もありますが、再度この状況が将来訪れたら、どう店舗経営をすればいいのか? 何を売り、何を仕入れるといいのか、今回の状況を振り返りながら少し考えてみました。
2021.12.30
リスク管理

倒産か?継続か?世情悪化による閉店回避のためには積極的な経営戦略がないと店舗は衰退する

消費税増税や感染症の拡大による緊急事態宣言などにより、民衆の消費が厳しくなる状況下で、中小店舗の経営者はさまざまな試行錯誤を続けているはずです。 最初に情勢が変わりそうな兆候があちらこちらに見え始めたときは、「自分の店舗までは影響が及ばない」と仮定して営業を続ける店舗経営者がいます。
2021.12.30
リスク管理

経営危機は店長の態度が誘い出す。有頂天になると失敗の始まり

新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できません。 ただし、小さな兆候は数ヶ月前からあるものです。その小さな兆候を流してしまうのか?それとも注目して思考を巡らすのか?店長の力量が試されるときだと思います。
2021.12.30
リスク管理

地域で人気の個人商店が経営に失敗する理由

数人の従業員と店長で営業している個人商店は、特に地域で人気となり愛される存在です。しかし、お客様から愛されるがゆえに甘えが生じたり、経営が緩みがちになります。そこに経営の落とし穴があるのです。
2021.12.30
リスク管理

忍び寄る経営危機。「このままでいい」「いまのままでいい」そんなはずはない

経営者である店長の迷いが、店内スタッフに限らずやがて取引先や来店客にもやがて伝染していき店舗が閉店するのではないか?資金繰りに苦しいのではないか?という噂がでてくるようになります。閉店倒産の危機がすぐそこまで忍び寄ってきています。
2021.12.30
Sponsor Link