経営と経理

売上計画

店長は店舗のビジョンと戦略や戦術を示して、スタッフと一緒に目的意識を高めよう

店舗を開店して、営業的にもそこそこ安定しだすと、開店当初に抱いていた将来のビジョンを語らなくなる店長が多いといいます。 店長がビジョンを語らないと、店舗で働くス...続きを読む
労務管理

店長のための労務管理の基礎知識~労働時間と休日について~

最近、働き方や特に残業時間に関することが国会で審議になり、就業時間に関する話題が関心を呼んでいます。 アルバイトが集まらない、採用してもすぐに辞めてしまうなど、...続きを読む
マーケティング

店舗のマーケティングは商圏人口を元にした数値を知ることから

ドラッカーのマーケティング理論が、いつの時代にも話題になります。 店舗経営者にとって、マーケティングのスキルは必須といっていいでしょう。 ただし、マーケティング...続きを読む
広告
売上計画

店舗が成功する秘訣は計画実行後の検証にある

店長、計画したこと、思いついたアイデアを実行して、その成果はどうでしたか? 上手くいった? あまり結果がよくなかった?  では次はこれにチャレンジしよう!って、...続きを読む
リスク管理

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

お客様に愛される人気店ほど、クレームは多くなるものです。 クレームとは、お客様からの苦情の申し立てを、総称してそう呼んでいます。 しかし苦情は期待のないところには発生しないものです。 だからクレームは「お客様からの改善要求」であると考えるといいと思います。
リスク管理

お客様の「不満」を「好意」に変える方法

人はどうやって動かされるのか、人の心はどんなときに動くのか?考えたことがありますか? クレーマーの問題がよく取り沙汰されたりしますが、提供されたサービスや購入し...続きを読む
利益管理

「在庫」と「原価」と「粗利益」の関係を知って商品ロスを減らそう

サービス業ならあまり気にしないことですが、何か「物」を販売している店舗では「在庫管理」や「商品の仕入れ」のバランスをコントロールすることがとても重要です。 しかし、どんなに商品管理を完璧にしても、商品ロスは別の要因で起きることがあります。 多くは内部不正(店員や納入業者による不正や伝票ミスなど)と、万引きだといいます。 いかに商品ロスを減らして、健全な店舗経営をしていけばいいのか、その基本を考えてみましょう。
マーケティング

近くにライバル店がオープン!競合店対策はどうすればよいのか?

近くに競合店がオープンしても負けない販促計画 日用品や生活必需品をメインで扱っている店では、競合店対策は重要な販促活動です。 小売店の場合、最大日販(1年間で一...続きを読む
利益管理

在庫管理で失敗しないために商品回転率と交差比率を考える

倉庫に溜まった大量の在庫。または、いつ来ても同じ商品ばかりが目立つ店舗。 商品が売れずに在庫が溜まっていくと、このような状態になります。 在庫をできるだけ抱え込まないためには、商品回転率を良くすればいい。 そう思うのは簡単ですが、売れなければ店舗の利益には結びつかないので、この商品回転率を正しく理解する必要があります。
利益管理

「安易な値引き」と「利益確保」に走れば店舗経営は破綻する?

本来は店長が選りすぐった商品の品揃えの魅力で、消費者を引き寄せたいのに、それが価格でしか引き寄せられなくなると、値引き販売をしていない通常時は、客数が少なく売上も少ないという事態に陥る可能性があります。 店長は、常に安易な値引きに走らずに、利益を確保できる、継続して売上が増加するような戦略的な値引きを行う必要があります。
テキストのコピーはできません。