売り場管理

接客の基本

その店員の接客態度が、お客様に誤解を招く

トラブルというのはいつ何時起きるかわかりません。それもちょっとした言葉の行き違いや、ささいな行動の1つでお客様に誤解を招いてしまう事はよくあります。こればかりは...続きを読む
接客の基本

お客様に運命の出会いを感じさせる商品説明術とは?

自分が探し求めていたイメージや用途にぴったり合った商品と出会った瞬間は、とても感激します。 これだけ情報がたくさん飛び交う社会で生きていても、自分が本当に求める商品と出会うことは希なことです。 なぜいつまでもこのようなことが起きてしまうのでしょうか? これは販売店が、お客様の立場で情報を提供していないのが原因です。 「お客様の立場になる」って売る側にとっては当たり前の姿勢です。 でも「その一人のお客様自身の立場になっているか?」 と考えるとどうでしょうか?
接客の基本

接客マナーの原点とは、相手を喜ばせたい気持ちが全て

お客様は来店した時は、疑心暗鬼な気持ちと、楽しみな気持ちが交錯しているような表情で来られます。 そしてお店を出られるときには、満点の笑顔で帰っていかれる、それは店舗に従事するスタッフにとって、とても幸せな瞬間です。 だからこそ、お客様を笑顔にすることをまず考えてみませんか?
広告
接客の基本

店の魅力は店員の素直な笑顔で決まる!

何度も足を運びたくなるお店というのは、取り扱っている商品や価格が魅力でお客様がやってきているわけだけではありません。お客様がそのお店に行きたくなるのは、安心でき...続きを読む
接客の基本

販売、店舗経営が向上する企画の秘密と8段階の購買心理とは?

広告や販促や宣伝を企画するときの考え方にAIDMA(アイドマ)の法則というものがあります。 これは人が商品を認知して購入するまでの心理的な動きを表現した言葉の頭文字を集めた造語で、数十年前から普遍的に意識されている概念です。 インターネットが普及してから若干その概念は変わってきていますが、基本的には同じです。 店舗経営でも商品の陳列や、接客中の会話にも活かせるものなのなので、活用していただきたいと思います。
接客の基本

お客様の心理と行動を予測して会話がふくらむと、購買欲もふくらむ

店頭で商品を売るために商品の名前や特長を連呼するだけでは、お客様の心を動かすことはできません。 いや、それで売れていたというのなら、その時期にテレビや雑誌等で話...続きを読む
接客の基本

販売売上げを増加したいなら、売上げ目標は忘れたほうがいいという法則

売上目標を達成するぞ!と決意して、接客に一生懸命精を出せば出すほど、お客様が逃げていくという現象がよく起きます。販売員なら、誰もが経験しているはずです。頑張って...続きを読む
売り場の改善

商売の基本は老舗から学べ

老舗や一流店と呼ばれるには、それなりの理由があります。 商品などハード面はもちろんですが、特筆すべきは接客というソフト面です。 お客様に対する本当のサービスは何か?ということを学ぶ上でもとても勉強になります。 あなたにとって、老舗や一流店のイメージとは、どんなものでしょうか?
棚割りと陳列

店舗の商品陳列の基本ルール

店舗で商品を販売するために欠かせない「陳列」とは、お客様が求めている商品を魅力的に、見やすく、売れるように並べることを指します。重要なことは、商品を単純に並べる...続きを読む
接客の基本

欧米型の接客サービスを真似るより日本型の接客サービスを極めよう

脱サラをして、慣れない店舗経営者として店に立っても、なかなか来店客に声が掛けられなかったり、気の利いたことが言えなかったり、お客様と上手にコミュニケーションができなかったりという話がよくあります。 でも接客サービスは、店員が100人いれば100通りのやり方があり、そういう意味では自分に自信を持って接客することが、とても大事なことでなないかと思うのですが・・・
テキストのコピーはできません。