求人と人選

人材育成

店員の求人対策において、入社前に求職者に伝えるべきこと

書類上では納得していても、実際に面接になった時に予想もしていなかった条件を言われたりすると、今まで抱いていた会社のイメージに疑問を持つようになります。 ずっと期待を持ってもらうためには、何を伝えておくべきなのか?またその伝え方はどうすればいいのか?考えてみませんか。
2019.02.20
人材育成

採用したいと思える求職者を引きつける面接法

書類選考を終えて、面接をして採用したいと思って内定を出したら断りの連絡が入ってしまった。これは最近よくある傾向で、面接をした人事担当者にとって頭の痛い問題です。 ここは求職者の立場になって、面接時の会社側の応対が印象に残るものであっ...
2021.05.17
人材育成

優良人材の採用力アップのために、企業や店舗経営者が取り組むべきこと

求人広告を出しても経営者が希望するような人材がやって来るとは限りません。 ましてや今のような買い手市場では、次々と浮気されてしまいます。 求められるのは、採用力のアップです。 どうすれば欲しい人材をしっかりと採用できるのでしょうか? 人事担当者や採用担当者が心得なければならないことは、何でしょうか?
2021.05.17
人材育成

求人はハローワークが良い!不景気の今だからこそ誰でもできるローコスト採用

「採用コスト0円で年間10名以上の優秀な人材を採用できました」 ハローワークを利用すれば、コスト0円で優秀な人材を採用できます。 今ではWEBでも求人内容が公開され、見た目は若干堅苦しいですが、通常の大手の求人サイトと変わらないぐらいの機能は備えています。 良い人材に出会えないというのであれば、大手の求人会社とハローワークを併用してもいいと思います。
2021.05.17
人材育成

年間採用スケジュールを決めて、業績アップし続けるための求人方法

求人する側も求職する側もどのように行動し、どのタイミングでアプローチをかけていけばいいのか、年間を通じて駆け引きが繰り広げられています。 良い人材が集まらないからと言って闇雲に求人広告を出しても、経費が無駄になるだけです。 中小企業や店舗であれば、大企業の隙間を突いて求人するなど、求職者の行動を見据えた採用計画を立てていると無駄がありません。
2021.05.17
人材育成

店舗の業績アップを考えた人材の選び方、求人のコツ

求人の内定を出しても数ヶ月後に内定辞退の連絡があり、ガックリきてしまう企業や店舗は増えてきているそうだ。 有力な大企業と違って、中小企業や店舗となると有望な新人や転職者を採用するのが難しい。 ただ昔と違って人は集まりやすいので、そこでしっかりとアピールすることが大切になります。 そして内定を辞退されないためには、企業(店舗)と求職者が求めるニーズとのマッチングが欠かせません。 自社、自店の業績をアップしてくれる人材とは、どんな人なのか?
2021.05.17
Sponsor Link