人材育成

人材定着率アップ方法

店舗内のコミュニケーションを円滑にし、関係を強化する方法

店舗スタッフ全体が一つの方向性を持って進むためには、店舗内のコミュニケーションを風通しの良い円滑なものとしておくことが必要です。コミュニケーションをうまくとることができれば、意思の伝達や情報の共有が正確かつ迅速になります。そのポイントとは?
人材定着率アップ方法

バイトテロを抑制するアルバイト店員の教育と職場体制とは?

求人しても人材が集まりにくいからこそ、アルバイトスタッフの雇い方や仕事の任せ方に工夫が必要です。そして仕事にやりがいを持ち、定着率アップで店舗の業績をあげるポイントとは何でしょうか?
リスク管理

クレームハラスメントに繋がるクレームは些細なことから生まれる

最近、中高年層を中心としたクレーマーが増え、スタッフがクレームハラスメントに合って仕事をすることができなくなることもあります。店長にとっては一人のお客様の理不尽なクレームよって、大切なスタッフを傷つけられたり、辞めてもらっては困ります。しかし、店舗を営業していれば何かしらのクレームは発生します。スタッフがクレームハラスメントに陥る前に、店長はクレーム対応について基本的な態度を示す必要があります。
Sponsor Link
人材育成

店舗スタッフの仕事のモチベーションを上げる簡単な方法

店舗スタッフのモチベーションを源にして店舗は活性化します。しかし「うちのスタッフは指示をよく聞くし、仕事は真面目にやってくれるけど、いまいち活気が出ないのが悩み」という店長がいると思います。その原因は、店舗スタッフを管理しすぎているからかもしれません。アルバイト店員による業務妨害的な行動も世間を賑わせている中で、管理を徹底したい気持ちはわかりますが、それでは根本的な解決になりません。
人材育成

模範を示す店長ほど信頼され尊敬される

スタッフの教育には時間がかかることと、新人の意識の低さを理解しながらその人自身の個性を重んじた教育が求められます。しかし罰則を作っても、スタッフ自身の意識が低ければ同じことの繰り返しになります。どうすればよいでしょうか?その解決方法は?
人材定着率アップ方法

仕事の効率化へ、自分の片腕となるスタッフの育て方

人材不足の中で高い人件費を払ってでも雇い入れたスタッフが、定着しないまま入れ替わりが続いては店舗経営が不安定になるどころか、経営者自身のモチベーションも下がってしまいます。人材が集まりにくいからといって、人材選定に妥協しすぎていませんか?
人材育成

次期店長を養成するために必要なこととは?

店長という役職がつくと、今までと違っていろいろと責任がついてまわり、逆に苦しいばかりになるのではないか?そんなマイナスなイメージがあるような気がします。 店長希望者を増やしていくためには、魅力ある店長の存在が不可欠ですがその対策は?
人材育成

店舗の戦力になる中堅スタッフ教育のコツ

中堅スタッフには、マンネリ化を打破するため、新たな目標設定が必要です。 目標設定は店長自らが支持してしまうと「やらされている」感がでてしまうので、店長はアドバイスのみを行い、自分で設定させること。自分で目標設定することで「自ら考える」「責任感が生まれる」などの効果があります。 目標設定のためにどんなことを任せ、そしてアドバイスをすれば良いのでしょうか?
人材育成

バイト店員、店舗スタッフの新人教育をする中堅スタッフの心構え

新人スタッフほど仕事環境が変わると不安になります。新しい環境に適応しようとして、不安を覚えている時、人は変わりやすいもの。つまりこの時期が仕事を覚えてもらう教育には絶好の機会です。新しい職場に入り環境が大きく変わる時、教育に適切な時機に中堅スタッフは新人に対してどう立ち回ればいいでしょうか?
人材定着率アップ方法

自店の計画(実行プラン)を示すことで営業力がアップする

店長は経営者として、様々な計画を立てていると思いますが、基本的に中期計画・年間計画・月間計画、経営計画・販売計画・仕入計画、数値計画と行動計画などがあると思います。 どれも健全な店舗経営を長く続けるために、必要なものですが、そもそも計画っ...