店長の役割

売上計画

優秀な店長になるためのPDCAサイクルの意味

店長は毎日がトライ・アンド・エラーの連続だと思います。 これだけ売上を伸ばしたい、来店客のニーズを的確に捉えたい、店舗スタッフのやる気を引き出したい、な...続きを読む
店長の役割

経営者が店長に期待すること

店舗の中には、店長と店舗経営者が別人の場合があります。 特に本店、支店と持っているところは、会社組織にして店長を雇っている店舗が普通です。 ...続きを読む
リスク管理

困難な状況に追い込まれた店長の覚悟

「こんなことになるなんて思ってもいなかった・・・」と予想外の大きな出来事に直面することは、店舗経営を長くすればするほど何度か経験するものです。 ただそのときになって狼狽えてしまうと、一緒に働いているスタッフや取引先に不安を与えてしまい業績が悪化して閉店に追い込まれる可能性が高くなります。 店長はどんな最悪なことが起きても、店を経営破綻させないように信念と覚悟をもって働くことが必要です。
広告
店長の役割

店長の仕事は、業務と人のマネジメント

ほとんどの店舗の店長はプレーイング型の店長が業務を管理していると思います。 プレーイング型とは、店長業務以外の時間は自分でも販売業務か仕入業務に従事しているタイプをいいます。 しかしプレーイング型とはいえ、店長の大切な仕事として
店長の役割

心理学を知れば、お客様視点の店づくりができる

商いとは?と聞かれてどう答えますか?普通に考えれば、売り手が買い手と商品を通じて付き合うことと答えられます。 商いの世界では新規のお客様をつかま...続きを読む
リスク管理

閉店・経営危機に直面した店長が示すべき姿とは?

突然の経営自粛を公的に伝えられる、天災や社会情勢によっても店舗経営は上下し、ずっと平坦な道を歩むことはありえません。 もしも経営している店舗が、なんらかの理由で閉店や経営の危機が迫っているなら、店長としてスタッフやお客様に示さなければならない姿があるのではないでしょうか。
店長の役割

店長は朝礼上手になろう

朝礼は、スタッフの教育という面でも大きな意味を持っています。 朝礼という基本的な教育の場も確保できない企業は、業務に無駄や無理が発生しやすく、業績を向上させることが難しくなり、更に忙しくなっていく悪循環を生みます。
店長の役割

自社の戦略を知り、近隣の競合店に負けない店を経営するには?

今やいろいろな業種・業界で競合が存在する日本。 自分達の店がいくら頑張っていても、競合がそれ以上に頑張って優れた店舗を作り上げていれば、お客様は比較検討し優れた店舗に移ってしまう。だから常に店長は、他店に負けない際立った魅力と、存在感のある店舗を作らなければならない。それには、競合を
リスク管理

経営危機は店長の態度が誘い出す。有頂天になると失敗の始まり

新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できません。 ただし、小さな兆候は数ヶ月前からあるものです。その小さな兆候を流してしまうのか?それとも注目して思考を巡らすのか?店長の力量が試されるときだと思います。
リスク管理

地域で人気の個人商店が経営に失敗する理由

FacebookやTwitter、LINE、Instagramなど営業方法は多様になりました。だから地域の個人商店だからといって昔のように「地域のキャパは決まっているから、売上も天井がある」というものではなく、増益しようと思えば