接客の基本

接客の基本

売り上げトップの店舗スタッフが行う顧客サービスの極意とは?

ただ単に「お金を儲けたい」という気持ちだけでは、お客様にとって良いサービスができるとは思いません。 そんな下心が見え見えの店舗スタッフから、商品を購入しようと思いますか?
接客の基本

顧客満足度の高い店舗の共通ルールとは?

顧客満足(CS)とは、顧客ニーズを把握し、お客様の立場に立ったサービスを提供し期待に応えていくこと。そして顧客との関係を大切にし、販売・収益につながる活動を行っ...続きを読む
接客の基本

お客様に忘れられない販売員になるための方法

心のこもったひと言は、間違いなくお客様の心を動かし、そしてお客様の記憶に残ります。その、たったひと言の積み重ねが、間違いなく評価・評判を高めていくことでしょう。マニュアルに書かれているような、ありふれた言葉ではなく、自分の言葉で、お客様と接するようにしてください。
広告
接客の基本

お客様の心をつかむ接客方法

販売スタッフがマニュアル通りの接客で、お客様に商品を勧めるだけで売れると考えるのは間違っています。 自分自身がお客様の立場になったときに、どういう接客を受けた時...続きを読む
接客の基本

効率の良い「接客時間」を考えて、お客様満足度と店舗売上のアップを狙う

店員は接客時間を意識しておかないと、お客様を逃してしまうことになります。 お客様に満足してもらい、かつ店舗の売上アップを狙うというバランスを考えた時間配分をしなければいけません。 あなたなら、接客時間についてどのように考えますか?
接客の基本

接客マニュアルに頼ってロボット店員のようになってはいけない

マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、スターバックスなどの外資系のファースト・フード店は、電源もWi-Fiも完備しているところがほとんどなので、食事以外の目...続きを読む
接客の基本

接客が苦手な店舗スタッフがお客様から選ばれる存在になる方法

お店に入って商品を吟味していると、店員の視線を感じて、お店に居づらくなってしまったとか、ゆっくりと店内を見ていたいのに、あれこれと商品を一方的に勧められて、もう2度とこの店には来たくないと思った。 接客として、それはやってはいけないことがあります。実際に店舗で接客しているあなたの接客態度を振り返ってみませんか?
接客の基本

優良顧客を育てる接客とサービスのヒント

お客様に愛してもらえる店舗にするために、お客様にとって喜ばれるサービスを欠かさないようにする。 こう言えば立派ですが、果たしてお客様はサービスを受けるだけで満足するのでしょうか? 時には過剰なサービスが、単に経営者の自己満足に終わってしまうことがあります。
接客の基本

店の魅力は店員の素直な笑顔で決まる!

何度も足を運びたくなるお店というのは、取り扱っている商品や価格が魅力でお客様がやってきているわけだけではありません。お客様がそのお店に行きたくなるのは、安心でき...続きを読む
接客の基本

「言葉づかい」は接客の基本。店舗のスタッフ教育レベルは常にお客様に評価されている!

日本人の会話には「主語」が無いとよく言われていますが、特に最近の言葉遣いや会話の特徴に「単語による会話」があります。 「飲む?」「コーヒー」という感じで、正しくは、「何か、お飲みになりますか」「コーヒーをいただきます」です。 同様に、「日本の首都はどこですか」に対しては、「東京」ではなく、「東京です」が正しい。 店舗内で顧客とこのような会話で接客をすることはないと思いますが、子供のままの会話を行う大人、普段使いと仕事の境目がわからない大人が増えてきています。 接客時に使う会話は単語で終わらせずに、大人としての会話を行うことが必要です。
テキストのコピーはできません。