接客の基本

接客の基本

接客に強くなる「お客様の心に応える」対応とサービスマインド

とても丁寧な言葉づかいで、態度もいいのに店員に好感が持てない。 なぜだろうか? 例えば人から誉められたとき、本当は嬉しいはずなのにちっとも嬉しくない。 この2つに共通するのは、言葉に心がこもっていないからです。 言葉に限らず、態度も心がこもっていないものはとても冷たく感じてしまいます。 心の無い芸術作品を見ても、なにも感じる物がないのと同じです。 お店で働く私たちに求められていることは、心のこもった接客なのです。 それをしなれば働いている店舗は死んでいるのと同じです。
接客の基本

店員が行うサービスとは気配りと心配りのホスビタリテイのこと

笑顔のサービス、値引きサービス、お届けサービス、お店から提供されるサービスにはいろいろあります。 でも、そこにお客様に対する気配りと、心配りが無ければただのマニュアル応対に終わってしまって、お客様と心が通じ合うことはないでしょう。 店員の接客の原点とは何でしょうか?
接客の基本

接客が苦手な店舗スタッフがお客様から選ばれる存在になる方法

お店に入って商品を吟味していると、店員の視線を感じて、お店に居づらくなってしまったとか、ゆっくりと店内を見ていたいのに、あれこれと商品を一方的に勧められて、もう2度とこの店には来たくないと思った。 接客として、それはやってはいけないことがあります。実際に店舗で接客しているあなたの接客態度を振り返ってみませんか?
広告
接客の基本

接客の基本とは、店員自身の姿勢と態度にあり

お客様がお店に入って店舗スタッフ同士で何か話をしていて、自分に気付いてくれなかったり、何やら内輪で笑っていたりすると自分が笑われているような気持ちになって、その店に興味が無くなり出店していきます。 これでは店舗スタッフが来店客を追い出しているようなものです。 接客の基本とは何なのか? 今一度思い出してしっかりと意識して欲しいと思います。
接客の基本

販売、店舗経営が向上する企画の秘密と8段階の購買心理とは?

広告や販促や宣伝を企画するときの考え方にAIDMA(アイドマ)の法則というものがあります。 これは人が商品を認知して購入するまでの心理的な動きを表現した言葉の頭文字を集めた造語で、数十年前から普遍的に意識されている概念です。 インターネットが普及してから若干その概念は変わってきていますが、基本的には同じです。 店舗経営でも商品の陳列や、接客中の会話にも活かせるものなのなので、活用していただきたいと思います。
接客の基本

欧米型の接客サービスを真似るより日本型の接客サービスを極めよう

脱サラをして、慣れない店舗経営者として店に立っても、なかなか来店客に声が掛けられなかったり、気の利いたことが言えなかったり、お客様と上手にコミュニケーションができなかったりという話がよくあります。 でも接客サービスは、店員が100人いれば100通りのやり方があり、そういう意味では自分に自信を持って接客することが、とても大事なことでなないかと思うのですが・・・
接客の基本

接客マナーの原点とは、相手を喜ばせたい気持ちが全て

お客様は来店した時は、疑心暗鬼な気持ちと、楽しみな気持ちが交錯しているような表情で来られます。 そしてお店を出られるときには、満点の笑顔で帰っていかれる、それは店舗に従事するスタッフにとって、とても幸せな瞬間です。 だからこそ、お客様を笑顔にすることをまず考えてみませんか?
接客の基本

それ買います!購入決心を促すクロージングと接客のコツ

購入を迷っているお客様に、あと一歩の一押しをしてあげる接客がクロージングです。 しかしクロージングと聞くと、なんだか押し売りをしているようで・・・と苦手に感じる販売員もいるといいます。 お客様の立場になってみると、迷いに迷って「誰かに決め手欲しい」という強い思いがあるので、販売員の一言を待っている場合の方が多いのです。 自分であれこれ決断するよりも、商品知識が豊富な専門家に背中を押してもらうと、自信を持って商品を購入できるからです。
接客の基本

接客の基本はお客様に関心と愛情を伝える「挨拶・笑顔・アイコンタクト」

接客技術で最も重要なものは何でしょうか?昔から言われていることですが、きちんとお客様の目を見て、「笑顔でアイコンタクトをとった挨拶」することです。他にも業種や客...続きを読む
接客の基本

お客様の心に残る「挨拶」がお店の好感度をアップさせる

また利用したいと思うお店と、もう行きたくないというお店の違いはどこにあるでしょうか。最近はショップ店員に横にくると購入を催促されているような気分になって、店から...続きを読む
テキストのコピーはできません。