経営経理

リスク管理

トレーサビリティと情報開示は、信頼される繁盛店には欠かせない条件

トレーサビリティとは、物品の流通経路を生産段階から、最終消費段階または廃棄段階まで追跡が可能な状態のことを言います。 最近のニュースを見ていると、食品管理に関するニュースがよく報道され、流通から廃棄に至るまで人々の関心を集めています。 ...
リスク管理

店舗経営の事故犯罪を防止する、店長のためのリスク管理と風土づくり

店舗を経営していると、毎日何かしら小さな事件事故が起こります。 ほとんどは些細なリスクでしょうが、これが積もって重なってくると、やがて大きな事件事故に発展する可能性が高くなります。 あの時、きちんとリスク管理をしておけば良かった・・・き...
リスク管理

店長のための店舗経営に関するリスクマネジメントとは?

日々の店舗経営をしていると、予想外のことが度々起こります。 その中で、店長はこれから起きるかもしれない様々なリスクに対して、どう行動すればよいのか? 何を準備したほうがよいのか?ということを毎日考えていると思います。 売上など経理的なこ...
Sponsor Link
売上計画の立て方

繁盛店の店長が知っている、計画や施策の修正プランを即決定、即実行する行動力の秘密

計画したことを実行する際は、検証しながら行うのが期待する成果を実現する秘訣です。 では検証した時に「修正」すべき点を、どのような観点で見つけるといいのでしょうか? 修正案を実行するのもスピードが必要ですが、後回しにしたり、ダラダラと検証...
売上計画の立て方

店舗が成功する秘訣は計画実行後の検証にある

店長、計画したこと、思いついたアイデアを実行して、その成果はどうでしたか? 上手くいった? あまり結果がよくなかった?  では次はこれにチャレンジしよう!って、ちょっと待ってください。 結果はどうであれ、ちゃんと検証を済ませていますか...
売上計画の立て方

円滑な店舗営業のために年間52週の販促プランを立てる方法

お店に行くと、いつも同じような商品が並んでいるのに、よく見るとその時期に最適な商品に置き換えられているとこに気づくはずです。 テレビや雑誌で評判になったなど、その時の時事ネタに影響されて商品を入れ替えるということもありますが、毎回そんなこ...
売上計画の立て方

優秀な店長になるためのPDCAサイクルの意味

店長は毎日がトライ・アンド・エラーの連続だと思います。 これだけ売上を伸ばしたい、来店客のニーズを的確に捉えたい、店舗スタッフのやる気を引き出したい、など、様々な目標に挑戦しているはずです。 挑戦することと、同じぐらい大切なことがありま...
売上計画の立て方

繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

大きな目標を成功させるためには、それなりの長い期間が必要になります。 しかし計画が長期に渡ると、必ず起きるのが「中だるみ」です。 緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になってしまうこと...
売上計画の立て方

店舗経営と売上の実行計画を立てる意味と方法

経営目標を達成するためには、最初の仮説にそって計画を立てる必要があります。 ただ単に計画をぼんやりと想定しても、何をどのようにすればいいのか具体的に見えてきません。 逆に理想を追いすぎて、ギチギチに計画を立てるとやがて無理が生じてしまい...
売上計画の立て方

売上目標達成のために仮説を構築する方法

施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 つまり、具体的に仮説を立てて、実際に実行するとどうなるのか?何が起きそうなのか?をイメージするのです。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格です!