店舗内のコミュニケーションを円滑にし、関係を強化する方法

Sponsor Link

スタッフと良好な人間関係を築き、メリハリのある指導を行う

店長は、数名の店舗スタッフを動かして業務にあたります。営業を円滑に行うためには、店舗スタッフとの良好な人間関係づくりが大切です。

良い人間関係を築くために欠かせないのが、コミュニケーション能力です。なぜならコミュニケーションによって、人と人とが関係を深めることができることに加えて、意思の疎通を図れるからです。店舗スタッフの思いを理解し、自分の思いを伝えていくには、コミュニケーション能力が欠かせません。

コミュニケーション能力とは・・・

「相手の想いを知るための受信力」+「自分の思いを伝えるための伝達力」

店長は、店舗スタッフのモチベーションを上げつつ指示を出し、より仕事がうまくはかどる方向へ導くことが必要です。円滑な店舗経営のために良好な人間関係の中で、「褒める時はしっかりと褒め」「注意をする時はしっかりと注意をする」というメリハリのある指導が求められています。

コミュニケーションは店内組織の潤滑油

店舗にいる複数のスタッフには、いろいろな年齢層や人生経験を持った人物がいます。だから、店長が掲げる営業方針など、一つの方向性を持って進むことは容易なことではありません。

スタッフの意識がバラバラな状態のまま店舗営業を続けていても、売上増や顧客増などの発展は望めません。

店舗スタッフ全体が一つの方向性を持って進むためには、店舗内のコミュニケーションを風通しの良い円滑なものとしておくことが必要です。

店舗内のコミュニケーションをうまくとることができれば、それが組織の潤滑油となり、意思の伝達や情報の共有が正確かつ迅速になります。

店舗スタッフが安心して仕事ができる環境づくりのためにもコミュニケーションは大切です。

安心して仕事ができる環境とは、店長がしっかりと「自分の仕事を認めてくれている」「仕事ぶりを評価している」という安心感を与えるような環境です。それにはやはり、店長と店舗スタッフとの密なコミュニケーションが必要不可欠です。

また、最近増えているのは外国人スタッフです。彼らに気持ちよく正確に働いてもらうためには、こちらも基本的な英会話が必要です。英語のコミュニケーションができれば、意思疎通が円滑に進み、店舗売上に大きく貢献できるでしょう。
忙しくて英語学校に通えないならば、今は便利なオンライン英会話講座がおすすめです。詳しくは下記をクリックしてください。

コミュニケーションとは「伝わったこと」

多くの人が勘違いしていることは、コミュニケーションとは、「伝えたこと」だと思いこんでいること。それは間違いで、「伝わったこと」が大切なのです。「言ったよね」「言ったはずなのに」は禁物であり、伝わったかどうかの確認が大切です。

コミュニケーションとは、人間同士の双方向のもの

「伝わったことが全て」だからといって、正確に伝わらなかったのが全て発信者側の責任ではありません。受信者側も「私はこのように受け取りましたが、間違ってませんか」ということを確認することが必要です。

店長は、自分が指示したことがきちんと伝わったか確認する必要があるが、店舗スタッフにも指示を受けた段階での確認や、途中途中での報告・連絡・相談を自主的に行うように癖づけしていくことが大切です。

正確なコミュニケーションに必要なのは相互の確認です。同じ店舗のスタッフといっても生まれも育ちも違う。それぞれが異なった常識や価値観を持っています。1人ひとりの個性が違っているのです。今はお互いの個性の違いを前提としたコミュニケーションが求められているのです。

以上「店舗内のコミュニケーションを円滑にし、関係を強化する方法」でした。