経営者が店長に期待すること

店舗の中には、店長と店舗経営者が別人の場合があります。 特に本店、支店と持っているところは、会社組織にして店長を雇っている店舗が普通です。 そこで問題になってくることがあります。 つまり雇われ店長には、「経営者意識」が希薄なため、経営者と店長の店舗営業に対する意識の差が生まれてしまうからです。

赤字店舗は地域社会での存在価値が低下する。今、店舗経営者の在り方を考える

開業準備には、初期投資として費用がかなりかかる場合があります。 自己資金で賄えない場合は、どうしても公共機関や銀行などから借り入れて資金調達をしなければならなくなります。 その時には、店舗経営者としての資質や将来性を問われることになります。 経営者としてどうあるべきなのか? を考えてみましょう。

店長が自覚しなければならない経営の基本目的とは何か?

店舗を経営するということは、利益をそこから得なければならないということ。 当たり前のことですが、その点は企業と同じです。 売りたいものを売るという考えもありますが、基本は「売れるものを売る」です。 そこで店長が行う店舗経営の手腕が問われるわけです。 経営の目的とは何か? 基本をもう一度おさらいしてみませんか?

店長が管理・指導する労働環境のハラスメント

現代では男性女性を問わずに多様なハラスメントが生まれています。 自分ではその意図はなくても、受けた側がハラスメントを受けたと感じれば、それが問題になります。 しかし、職場のハラスメントは表面化しないものが多いので、店長は自分自身を含めて、内部で何か起きていないか?常に目を配っておく必要があります。

店長のための労務管理の基礎知識~労働時間と休日について~

お金が欲しいという気持ちはあっても、昔ほど貪欲な人は少なくなりました。 だから、勤務先を探す際は、残業の有無や労働環境や労働条件などを重視する傾向にあります。 店舗スタッフの就業時間を管理している店長は、法的なことも頭に置きながら、スタッフの状態を把握して、偏りがないように就業時間を考えなければいけません。

お客様との店舗内トラブルと執拗なクレーマーへのクレーム対応

店舗を営業していれば、商品や接客に不備があって、お客様からクレームが入る場合があります。 商品管理を徹底していても、実際にお客様が購入されてから自宅で気がつくということもありますし、衣料品ならサイズ違いなどもあると思います。 正当なクレームは店舗側が誠心誠意を持って対応することで、穏便に事は収まります。 しかし、そんな店舗の姿勢を利用して、お金を得ようと、わざと不当なクレームを付けてくる人がいます。 そのようなクレーマーに対しては、どのように対応すればよいでしょうか?

繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

計画が長期に渡ると、必ず起きるのが「中だるみ」です。 緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になります。 ただし、それは経営者や店舗スタッフが悪いのではありません。誰がやっても中だるみ現象は起きることなのです。 そこでお勧めしたいのが、3ヶ月先行計画です。

店舗スタッフに役割や責任を理解させて、優秀な人材を育てる方法

「スタッフに任せるより自分がやったほうが早くて正確だ」と言って、雑務をしてしまう店長がいます。その逆に、仕事の指示だけをして、フォローもせずに放ったらかしにしてしまう店長も問題があります。 優秀なスタッフを育てるためには、店長がしなければならない指示の方法や考え方を理解する必要があります。

店舗スタッフのストレス管理方法

いつも笑顔で頑張っているスタッフほど、日々のストレスが蓄積している場合があります。 なかなか外見ではわからないので、店長も見過ごしてしまいがちですが、放っておくと突然退職を申し出たり、大きなミスをしたりと、店舗にとって痛手になるような事態になることも・・・。 働いているスタッフは、口には出しませんが、「理解して欲しい」と常に思っているはずですが、店長はその心の声に気づいていますか?

スポンサーリンク