スポンサーリンク
販売演出のコツ

集客のためには「七つの演出」で販促企画に迷わない

売りたい商品がある場合や、店舗の集客力をアップしたいときに、何を行うかを考えた時、実に多様な手法があると思います。 同時に周辺環境や既存顧客ニーズなども考慮に入れると、何が自分の店舗にとって必要な販促なのか、わからなくなると思います。 ...
接客の基本

お客様から信頼され、親しまれる販売スタッフになるための方法

お客様に勧めた商品を購入してもらうためには、どんな接客トークをすればいいのか? そのために必要なこととは、マーケティングを意識するのでしょうか? 商品の仕様を覚えたりすることでしょうか?  どれも違います。いつも行っている接客トークを基本...
価格設定

商品の「安売り」と「安さ感」は違う

店舗経営をしているなら、時々は何かしらの理由で安売りをしていると思います。 景気が徐々に良くなっているとはいえ、まだまだお客様の財布の紐は固く、単に価格訴求をしても良い結果に結びつかないことも多いといいます。 だから「安売り」をするので...
接客の基本

お客様から信頼される店員になるための条件

店頭で様々なブランドから、似たような仕様の商品が並んでいた場合、デザインなど表面上の違いはわかっても、自分に合った商品なのか? 自分の想定する用途を満たす商品なのか? かなり迷ってしまった経験はありませんか? 今ではインターネットで口コミ...
接客の基本

お客様の心をつかむ接客方法

販売スタッフがマニュアル通りの接客で、お客様に商品を勧めるだけで売れると考えるのは間違っています。 自分自身がお客様の立場になったときに、どういう接客を受けた時に商品の購入を決意したのか? それを思い出してほしい。 多くの場合は「販売ス...
人材定着率アップ方法

自店の計画(実行プラン)を示すことで営業力がアップする

店長は経営者として、様々な計画を立てていると思いますが、基本的に中期計画・年間計画・月間計画、経営計画・販売計画・仕入計画、数値計画と行動計画などがあると思います。 どれも健全な店舗経営を長く続けるために、必要なものですが、そもそも計画っ...
接客の基本

お客様の心理と行動を予測して会話がふくらむと、購買欲もふくらむ

店頭で商品を売るために商品の名前や特長を連呼するだけでは、お客様の心を動かすことはできません。 いや、それで売れていたというのなら、その時期にテレビや雑誌等で話題になっていたとか、何かしらの理由があるはずです。でも話題になる商品は放おって...
接客の基本

お客様を怒らせる原因になるマニュアル頼みの接客とは?

ファーストフード店のマニュアル通りの接客に、苛立ちを覚えたことは誰も一度はあるのではないでしょうか? でもそれはファーストフード店に限ったことではありません。 例えば高度なサービスを売りにしている店舗でも、マニュアル頼みのような接客が行...
売上計画の立て方

店長は店舗のビジョンと戦略や戦術を示して、スタッフと一緒に目的意識を高めよう

店舗を開店して、営業的にもそこそこ安定しだすと、開店当初に抱いていた将来のビジョンを語らなくなる店長が多いといいます。 店長がビジョンを語らないと、店舗で働くスタッフへ意識共有もできず、働く意欲も減退してしまいます。 もしライバル店でよ...
売上計画の立て方

最速で売り上げアップする方法は、自店の現状(商圏・競合・内部環境)を把握すること

店長は自分が経営する店舗の周辺地域に、またはこれから出店しようとする地域の環境や住人のことを、できるだけ詳細に把握しておかなければなりません。 仕事で通勤客が多く通る地域なら、周りにどんな会社があり、社員の年齢層や性別、収入なども把握して...
スポンサーリンク