接客

接客の基本

接客の基本はお客様に関心と愛情を伝える「挨拶・笑顔・アイコンタクト」

接客技術で最も重要なものは何でしょうか?昔から言われていることですが、きちんとお客様の目を見て、「笑顔でアイコンタクトをとった挨拶」することです。他にも業種や客...続きを読む
接客の基本

販売売上げを増加したいなら、売上げ目標は忘れたほうがいいという法則

売上目標を達成するぞ!と決意して、接客に一生懸命精を出せば出すほど、お客様が逃げていくという現象がよく起きます。販売員なら、誰もが経験しているはずです。頑張って...続きを読む
接客の基本

接客マナーの原点とは、相手を喜ばせたい気持ちが全て

お客様は来店した時は、疑心暗鬼な気持ちと、楽しみな気持ちが交錯しているような表情で来られます。 そしてお店を出られるときには、満点の笑顔で帰っていかれる、それは店舗に従事するスタッフにとって、とても幸せな瞬間です。 だからこそ、お客様を笑顔にすることをまず考えてみませんか?
広告
接客の基本

欧米型の接客サービスを真似るより日本型の接客サービスを極めよう

脱サラをして、慣れない店舗経営者として店に立っても、なかなか来店客に声が掛けられなかったり、気の利いたことが言えなかったり、お客様と上手にコミュニケーションができなかったりという話がよくあります。 でも接客サービスは、店員が100人いれば100通りのやり方があり、そういう意味では自分に自信を持って接客することが、とても大事なことでなないかと思うのですが・・・
接客の基本

それ買います!購入決心を促すクロージングと接客のコツ

購入を迷っているお客様に、あと一歩の一押しをしてあげる接客がクロージングです。 しかしクロージングと聞くと、なんだか押し売りをしているようで・・・と苦手に感じる販売員もいるといいます。 お客様の立場になってみると、迷いに迷って「誰かに決め手欲しい」という強い思いがあるので、販売員の一言を待っている場合の方が多いのです。 自分であれこれ決断するよりも、商品知識が豊富な専門家に背中を押してもらうと、自信を持って商品を購入できるからです。
接客の基本

優良顧客を育てる接客とサービスのヒント

お客様に愛してもらえる店舗にするために、お客様にとって喜ばれるサービスを欠かさないようにする。 こう言えば立派ですが、果たしてお客様はサービスを受けるだけで満足するのでしょうか? 時には過剰なサービスが、単に経営者の自己満足に終わってしまうことがあります。
リスク管理

店長の心得としてのクレーム対応の基本

カスタマー・イズ・ア・ボス(お客様は神様です) お客様の声に積極的に耳を傾けると、案外不満やクレームが多いことに気がつきます。逆に不満やクレームがあるのが当たり...続きを読む
接客の基本

お客様の足はどこに向いているか?接客すべきお客様の見分け方

お客様によっては、視線を合わせようとしても、なかなか視線が合わなかったり、もしくはお客様が視線を合わせてくれないことがあります。 無理に視線を合わせようとすると、逆にお客様が嫌悪感を感じて逃げてしまうかもしれません。 接客すべきお客様と、接客を控えたほうがいいお客様の見分け方はあるのでしょうか?
スタッフ教育

店舗スタッフ育成で大切な事は、具体的な「指示と指導」!

部下やアシスタントを任せているポジションのスタッフから「Aさんは、仕事覚えが悪い、全然できない」とか「言うことを聞いてくれないから、担当を変えて欲しい」などと言...続きを読む
接客の基本

接客が苦手な店舗スタッフがお客様から選ばれる存在になる方法

お店に入って商品を吟味していると、店員の視線を感じて、お店に居づらくなってしまったとか、ゆっくりと店内を見ていたいのに、あれこれと商品を一方的に勧められて、もう2度とこの店には来たくないと思った。 接客として、それはやってはいけないことがあります。実際に店舗で接客しているあなたの接客態度を振り返ってみませんか?
テキストのコピーはできません。