接客

接客の基本

接客が苦手な店舗スタッフがお客様から選ばれる存在になる方法

お店に入って商品を吟味していると、店員の視線を感じて、お店に居づらくなってしまったとか、ゆっくりと店内を見ていたいのに、あれこれと商品を一方的に勧められて、もう2度とこの店には来たくないと思った。 接客として、それはやってはいけないことがあります。実際に店舗で接客しているあなたの接客態度を振り返ってみませんか?
2017.07.01
人材育成

商品紹介の前にお客様と無駄話で、お互いの警戒心を解く方法

見ず知らずの人がいきなり目の前に現れて「結婚してください」って告白されたら、誰でもびっくりすると思います。 お店の接客も、似たような事があると思いまませんか? なんとなく直感的に来店して、いきなり店員に「どんな商品をお探しですか?」って声をかけられたら、ちょっと嫌な気持ちになりませんか?
2017.07.01
接客の基本

店員が行うサービスとは気配りと心配りのホスビタリテイのこと

笑顔のサービス、値引きサービス、お届けサービス、お店から提供されるサービスにはいろいろあります。 でも、そこにお客様に対する気配りと、心配りが無ければただのマニュアル応対に終わってしまって、お客様と心が通じ合うことはないでしょう。 店員の接客の原点とは何でしょうか?
2017.07.01
Sponsor Link
接客の基本

効率の良い「接客時間」を考えて、お客様満足度と店舗売上のアップを狙う

店員は接客時間を意識しておかないと、お客様を逃してしまうことになります。 お客様に満足してもらい、かつ店舗の売上アップを狙うというバランスを考えた時間配分をしなければいけません。 あなたなら、接客時間についてどのように考えますか?
2017.07.01
接客の基本

お客様に「安心感」を与える接客とは?

もし、商品に不備があったり、店員の態度などによって、このお店は大丈夫かな?とお客様に「不安」を抱かせると、間違いなく売場やお店から遠のきます。 接客や販売では、お客様をいかに安心させるかが重要です。 どうすればお客様に「安心」を感じてもらえるのか? 考えてみませんか?
2017.07.01
人材定着率アップ方法

バイト店員も長く勤めたくなる!スタッフを店舗のファンにするためのコニュニケーション術

コミュニケーションをあまり必要としない人や、人見知りをしてしまう人などでも、同じ職場で必要最低限の会話しかしなければ、ずっと気まずい空気が流れている状態になり、仕事への興味も高まりません。そんな職場で長く働けるでしょうか? 職場に愛着を持てるでしょうか?アルバイト店員が集まりにくいなら、そこに原因があるのかもしれません。
2019.03.01
人材育成

スタッフが抱く仕事や店舗への誇りがきっかけに、店舗のリピーターが増加する

リピーターとなるお客様は「価格」よりも「スタッフの質」で満足してもらうと、信頼関係ができて長い間お店のファンになってくれるものです。 「スタッフの質」とは、具体的にどんなことを言うのでしょうか?
2017.07.01
接客の基本

お客様に忘れられない販売員になるための方法

心のこもったひと言は、間違いなくお客様の心を動かし、そしてお客様の記憶に残ります。その、たったひと言の積み重ねが、間違いなく評価・評判を高めていくことでしょう。マニュアルに書かれているような、ありふれた言葉ではなく、自分の言葉で、お客様と接するようにしてください。
2017.07.01
接客の基本

買い物客の心に刺さる。数字のの心理マジックを使った接客方法

人の心に影響を与える数字の不思議を利用して、お店の売上アップを狙える方法を伝えましょう。数字は言葉で表現されるよりも具体的で、正確な判断基準になるものとして、私たちは認識しています。 しかし、その数字に翻弄されてしまうのも私たちです。数字の見た目の印象で感じ方が変わったり、物の価値が変化してしまうことがよくあります。
接客の基本

接客に強くなる「お客様の心に応える」対応とサービスマインド

とても丁寧な言葉づかいで、態度もいいのに店員に好感が持てない。 なぜだろうか? 例えば人から誉められたとき、本当は嬉しいはずなのにちっとも嬉しくない。 この2つに共通するのは、言葉に心がこもっていないからです。 言葉に限らず、態度も心がこもっていないものはとても冷たく感じてしまいます。 心の無い芸術作品を見ても、なにも感じる物がないのと同じです。 お店で働く私たちに求められていることは、心のこもった接客なのです。 それをしなれば働いている店舗は死んでいるのと同じです。
2017.07.01