広告

チラシ広告

今「物売リ」発想のチラシは当たらない

コロナ感染で疲弊した世の中にあっても日本の現状は、あらゆる業界が、「成熟期」に突入したと言われています。 成熟期とは、「需要」以上に「供給」があるということ。つまり、ビジネスの主導権が、売り手やつくり手から買い手、つまりお客様側に移...
チラシ広告

チラシで商品を魅力的にアピールする方法~販売力を高めるチラシの作り方~

店の経営者から見て、ブームが去って魅力がなくなってきた、あるいは時季外れで価値がない商品を販売しているなら、仮に集客ができたとしてもそれは売れません。 「店においておけばいつかは売れるはず」とか、「たまに売れるんです」という経営者が...
チラシ広告

ダメなチラシに共通する五つの原因~販売力を高めるチラシの作り方~

当たらないチラシのチェックポイント ①インパクトがないチラシは当たらない チラシが当たるか当たらないか?というのは、インパクトで8割は決まります。 チェックする方法は、印刷業者からチラシの校正が上がってきたとき、...
Sponsor Link
広告

集客に必要な販促計画と効果的な利用媒体とは?

経営店舗のなリたい未来に最速で近づく 「店の売上げを上げるには、三つの方法があります」 店の売上げは、新規客を集客して名簿化し、それを固定客化することの連続で伸びていきます。 それを繰り返していくことが重要です。...
チラシ広告

集客効果を狙うなら、何よリも大事なのはチラシのインパクト

インパクトがあるチラシをつくるには、二つの視点が大切。①インパクトのあるキヤッチコピー②カラー、写真、イラストといったビジュアル素材の構成企画 インパクトがあるキヤッチコピーを考えるコツ キヤッチコピーは、考えすぎると...
広告

集客広告に必要な販促費は?理想は販促費ゼロでも固定客が増え続けること

販促費は、いったいどのくらいかけるべきなのか?先行きの見えにくい状況の中で悩ましい問題です。 大手を振って人を店に呼び込むこともはばかれる社会の中で、ただじっと指をくわえてお客様を待っていても来てくれません。 やはり状況を見据えながら、販促は必要です。
チラシ広告

シンプルな表現でわかリやすく伝わるチラシの作り方

お客様の購買意欲を誘う「当たるチラシ」に共通しているのは、「何が言いたいのか?」が、ズバリ伝わってくることです。つまり何を訴求したいかがはっきりと見えてくるチラシが、当たるチラシです。 インパクトあるコピーでお客様の行動促進へ ...
チラシ広告

商品戦略で販売広告の効果をアップするチラシ広告の作り方

チラシ広告の企画というのは、ただチラシを作成するのではなく、店の「商品戦略」、それを売る「売り方」まで考えて企画をしなくては欲しい効果は得にくいものです。チラシ広告もそれなりに経費がかかります。だからチラシを作る前に・・・
広告

広告のライフサイクルを知って無駄のない集客をする方法

本来は生物の一生の過程を、誕生から成長、そして衰退へと描く周期のことをライフサイクルといいます。最近ではマーケティングや製品、広告媒体にライフサイクルという言葉を適用するようになっています。 広告媒体も目的は同じでも社会の変...
広告

品揃えで集客する広告の作り方のコツ

安定した集客を考えた場合、品揃え力をアピールすることが重要。主力分野、主力商品については、周辺地域にある競合店の広告と比較してインパクトがないと、集客はむずかしくなります。ネット通販では試着したり、商品を手に取って検討することができません。だからこそ「私の店舗では、これだけの商品を店頭で販売しています」と品揃えをアピールすることが重要なのです。
Sponsor Link