メッセージカのある広告タイトルの作り方

メッセージカのある広告タイトルの作り方

印刷物からインターネット上の広告など発信媒体が多様化する中で、そこで注目されるためにはそれなりの「インパクト」が必要になります。
特に広告はタイトルが重要です。

インパクトがあるタイトルがなぜ必要なのかというと、画像や動画でインパクトを演出するにしても、タイトルが消費者にしっかりと記憶に残らないと意味がないからです。

しかし、瞬間で消費者の目を奪って興味を抱かせ、手に取らせるためには、思いつきでタイトルを決めてるのではなく、マーケティングと広告の原則を意識して作ることが肝心です。

Sponsor Link

「商品」を広告タイトルにして注目させる

お店で一番売りたい商品やサービス、旬に合わせた商品やサービスをタイトルにします。
例えば、春先であれば「独り立ちする新生活に揃えたい家具」、中古車であれば「軽自動車48万円均一」など、ターゲットの消費者像と商品を絞り込んだタイトルを作ります。

比較的すぐに購買につながる消費者は、「自分が欲しい商品もしくはそれに関する情報を求めて」広告をみたり記事を検索しています。だから消費者の目に留まれば売り上げに直結する可能性が高いと言えます。

「旬」と言われても・・・と漠然としているから難しいと思うかもしれませんが、実は簡単です。
「旬」は季節という意味もありますが、その月の恒例行事や祝祭日なども含まれます。
2021年の東京オリンピックや大阪万博もその一つです。

「旬」の細分化、そして絞り込み

昔と違って今は「旬」や「商品」もかなり具体的に絞り込んでから訴求しないと、消費者の心には響いてくれません。
今起きている報道やTwitterでバズっている事柄(キーワード)も加味して、タイトルを考えることも必要です。

「売り方」を広告タイトルにして興味を引く

「売り方」とは店で行うセールやイベント販売のことです。集客には比較的大きな効果が狙えるので、定番ともいえる商法です。

消費者は店が何かイベントを催したり、セールをすると「何かお買い得商品はあるかもしれない」「欲しかったあの商品が安くなるかもしれない」と期待をします。

例えば、「〇〇〇日替り目玉市」、「犬均一祭」、「レジにて15%〇FF」というセールの売り方を夕イトルにするといいのです。また、同時に期間限定にするとより訴求力が高まります。

近隣店舗や競合店の動きに注意

もしも競合店舗が同時期に同じようなイベントやセールをする場合は、広告の訴求力は半減してしまいます。それにお客様に比較されるなど、より厳しい状況に立たされます。
競合ではなく近隣店舗が同じようなセールをするなら、合同訴求でより大きな集客につなげるという効果が狙えます。

自分の店舗だけを見て広告を考えるのではなく、他店舗の動きSALE予定もリサーチする必要があります。

「メッセージ」を広告タイトルにして独自性を強く訴求する

売り方に意味を持たせる「メッセージ」をタイトルにすることで、来店してほしいお客様に強い興味を持ってもらえます。

例えば売り尽くしセールであれば、「これが最後!来季も活躍するこだわり全品」「緊急告知!店長の一大決心」とタイトルに入れると、いつもと違ってただ事ではないとアピールできます。

また、「口コミサイトで1,000件以上のレビュー!星4.8!がついた●●あります!」のような評判になっている話題を組み合わせたり、「おかげさまで10周年!ありがとう感謝祭」のように催事とメッセージを組み合わせて、お客様の期待感を抱かせることができます。

サービスや高額商品は「信用」を広告タイトルにする

商品に形がない商売、高額商品なのに価値が見えにくい商売は、「信用」をタイトルにすることで集客効果を上げることができます。

例えばリフォーム会社であれば、「お電話をいただいたら、60分以内にお伺いします」と、スピード対応という信用を訴えることで、消費者の支持を集めることができます。

あるいは、イベントを催す場合なら、「〇〇市民リフォーム祭」と地域名を入れたタイトルにすることで、地域密着という信用を訴えることになり、消費者の支持が得られます。

このように、「信用」を広告タイトルに入れることで、商品を買うときやサービスを受ける際の不安を和らげ、消費者の支持が得られるのです。

広告タイトルというのは、ひと目見た瞬間に消費者の目を奪い、興味を湧かせて、手に取ってもらう仕掛けです。つまり、ここの確率を上げることが、集客の最大化につながるのです。