販売促進

ネットショップ成功法則

EメールやLINEを使った販促で低経費で顧客へ個別PRができる時代へ

顧客に向けた個別PRには、どんな手法を使ってPRしていますか? インターネットを活用したライフサイクルが進むほど、より個別対応型の販促ツール活用が店舗成長の決め手になるとよく言われています。 今ではスマートフォンを老若男女の...
販促物の作り方

効果的な波束物とは、不安の具体化により「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
マーケティング

個人経営や家族経営店舗が周辺地域から集客を増加する効果的な方法

これまで順調に売上を保持できていた店舗でも、近所に大型ショッピングモールができると、それまでの既存顧客が減ります。 また、店舗の近くに似たような商品を扱う店ができても、それまでの経営が難しくなる場合があります。 お客様にとってはネット通...
Sponsor Link
売上計画の立て方

円滑な店舗営業のために年間52週の販促プランを立てる方法

お店に行くと、いつも同じような商品が並んでいるのに、よく見るとその時期に最適な商品に置き換えられているとこに気づくはずです。 テレビや雑誌で評判になったなど、その時の時事ネタに影響されて商品を入れ替えるということもありますが、毎回そんなこ...
売上計画の立て方

周りの競合店の調査から売上高アップのチャンスを見つける方法

競合店の無い所に出店して、商いをすれば成功するのかと言えば、そううまくはいきません。 昨今のショッピングモールの来店者数と出店数を見ていると、お客様はお店や商品を比較しながらお買い物をしたいということを望んでいることがわかります。また、適度な競合は、お互いのレベルを上げるためにも必要です。 その中で自店の経営が成功するポイントは・・・
売上計画の立て方

客数アップを図るための集客商品の条件とは?

来店客も世代交代をしていくことを意識して、店舗経営していますか? 馴染みのお客様も歳を取るにつれて、趣味趣向が変化していきます。 だからお店の商品やサービスが合わなくなってきたと感じたら、足が遠ざかってしまい、それは来店客と売上の減少という形で現れてきます。 だから店舗経営者は、つねに来店客数をアップさせる集客方法を考えていかなければいけません。
売り場の改善

お客様に伝わりやすく、購買意欲を刺激する店内放送の方法

売り場には常時、有線放送で音楽が流されています。しかしタイムセールがはじまったり、お客様の動きが鈍い時などは、買い物を誘発させるような店内放送が流れます。そこへきちんとお客様に届くような店内放送を流せば、売上アップに貢献できることは間違いありません。
接客の基本

買い物客の心に刺さる。数字のの心理マジックを使った接客方法

人の心に影響を与える数字の不思議を利用して、お店の売上アップを狙える方法を伝えましょう。数字は言葉で表現されるよりも具体的で、正確な判断基準になるものとして、私たちは認識しています。 しかし、その数字に翻弄されてしまうのも私たちです。数字の見た目の印象で感じ方が変わったり、物の価値が変化してしまうことがよくあります。
マーケティング

クーポン券などお客様を呼び込む集客券の効果的な配り方

どんなお店でもサービスでも、今ではクーポン券などお買い物を配るのが集客の手法として当たり前になりました。しかしどこでも行うようになった分、他店とどう差別化するかよく考えて配らないと効果がでません。 何のために集客券を配るのか?、どこで誰に配るのかをよく考えましょう。
販促物の作り方

不景気に当たる値引きチラシは安売りで勝負しない。値引きの理由で勝負する!

景気が回復傾向にあり、所得もちょっと増えたものの、これまで体験から消費税もあがり先行き不安が消えないのが今の消費者。 当然、消費者の買い物の仕方が大きく変化していくことなります。 消費者は余分なものを買わなくなり、デザインよりも...