販売促進

広告

価格にインパクトが出る広告の作り方

チラシ広告やWEBの通販ページ等で、特にお客様に勧めたい商品に興味を持ってもらうにはどうしますか?インパクトのあるキャッチコピーで誘うのか?商品の特長をアピールするのか?いろいろなことが考えられますが、最も有効な方法は「価格の演出」です。
マーケティング

集客に効果的なキャラクターの作り方

商品集客、企画集客、イベント集客によって、即効性のある集客が見込めるのはWEBバナー広告やチラシです。 しかし、毎月広告を出稿するとなると、「安定した集客が見込める仕掛け」が不可欠になってきます。 今は昔ほど広告費にお...
リスク管理

経営危機が乗り越えられる店長と、自滅する店長の違い

2020年に起きた新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できません。 ただし経営を脅かすような小さな兆候は数ヶ月前からあ...
Sponsor Link
広告

メッセージカのある広告タイトルの作り方

インパクトがあるタイトルがなぜ必要なのかというと、タイトルが消費者にしっかりと記憶に残らないと意味がない。しかし、思いつきでタイトルを決めてるのではなく、マーケティングと広告の原則を意識して作ることが肝心です。その方法はいくつかルールがあります。
2021.09.07
広告

集客に貢献!シナジー効果を発揮する広告の作り方

販売促進を狙った広告タイトルは、大きな目で見ると似たものばかり。 消費者からみれば、広告をみた第一印象でどこの店舗の広告なのか?ということがはっきりと差別化できないので、広告の訴求力が半減します。 シナジー効果を狙った広告タイトルをアピールすることで、他店の広告との違いを明確にして集客を誘うことを考えます。
2021.09.07
広告

販売促進と催事の集客企画とは?

販売促進と催事はセットで考えるのが常識ですが、そのまま企画を進めると漠然としすぎていて何から手を付けていいのかわかりません。 販売促進が伴う催事には、催事の目的は何なのか? どんな販促効果を狙うのか? それぞれ目的と効果が違うので、よく検討したうえで取り掛かった方がよい。店舗の規模は関係ありません。自分の店に当てはめながら考えるコツを教えましょう。
販促物の作り方

効果的な波束物とは、不安の具体化により「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
売上計画の立て方

円滑な店舗営業のために年間52週の販促プランを立てる方法

お店に行くと、いつも同じような商品が並んでいるのに、よく見るとその時期に最適な商品に置き換えられているとこに気づくはずです。 テレビや雑誌で評判になったなど、その時の時事ネタに影響されて商品を入れ替えるということもありますが、毎回そんなこ...
2017.06.30
売上計画の立て方

周りの競合店の調査から売上高アップのチャンスを見つける方法

競合店の無い所に出店して、商いをすれば成功するのかと言えば、そううまくはいきません。 昨今のショッピングモールの来店者数と出店数を見ていると、お客様はお店や商品を比較しながらお買い物をしたいということを望んでいることがわかります。また、適度な競合は、お互いのレベルを上げるためにも必要です。 その中で自店の経営が成功するポイントは・・・
2017.07.01
売上計画の立て方

客数アップを図るための集客商品の条件とは?

来店客も世代交代をしていくことを意識して、店舗経営していますか? 馴染みのお客様も歳を取るにつれて、趣味趣向が変化していきます。 だからお店の商品やサービスが合わなくなってきたと感じたら、足が遠ざかってしまい、それは来店客と売上の減少という形で現れてきます。 だから店舗経営者は、つねに来店客数をアップさせる集客方法を考えていかなければいけません。
2017.07.01
Sponsor Link