販売促進

ネットショップ経営

ネットショップ、実店舗の年間販促スケジュールと販促予算の考え方

ずっと以前から商売をやるなら年間販促スケジュールを立てるほうが、無駄がなく経営もやりやすいと言われています。特に季節に左右される商品を扱っているなら、それは常識だと思います。 その他にも消費者にとって魅力ある店舗にするために...
2021.12.25
ネットショップ経営

売れるネットショップの商品紹介ページは、顧客の視点で購入メリットを提案している

ネットに限らず、昔から消費者が商品を買う際は何らかの「動機」があります。それは衝動買いの時でも同じです。無意識に商品を購入するのは、お酒に酔ってでもない限り、正常な意識ではあり得ないことです。ネットではその「動機」が検索ワードにな...
2021.12.25
ネットショップ経営

公開時期の長いネットショッブの売上が、鈍化しているって本当?

2009年以後、それまでの間売れていたネットショップの売上の伸びが鈍化するようになりました。しかし、経済産業省の統計を見るとネット販売B2Cそのものは伸びています。考えられる理由は大手量販店がネット販売に参入してきて、その信用力を...
2021.12.25
マーケティング

不景気時の店舗経営は、後倒しの集客を大切して売上げを維持すること

好景気の時は残業が多く給与も賞与も期待できるので、消費者の財布のヒモも緩みがちです。ボーナスの使い道でも、早めに買い物の計画を立てるので、売り手側も「1ケ月1万円のご負担で、憧れの宝石を身につけませんか」とか、「上得意客様だけの冬...
2021.12.25
マーケティング

販売計画を作るときに「好景気」と「不景気」では売れるものが違うことを意識すること

集客方法をあれこれ考えるのもとても大切ですが、集客する時期が「好景気」と「不景気」とでは、新規参入や販促の方法が違ってきます。その違いをどう考えますか?2015年は安倍首相が進めるアベノミクス効果で、日経平均株価も2万円台をキープ...
2021.12.24
マーケティング

経営する店舗の客単価を上げて売上げをアップする方法

いくら来店客が多くても、1人が購入する金額が少ないとあまり店舗の売上げが上がらず嬉しくありません。逆に来店客が少なくても、1人が使う金額が大きいと、十分お店の経営は成り立ちます。 今は中国人を代表とする海外からの爆買いツアー...
2021.12.24
POP広告

店内POPは、お店の売上げを劇的に変える!そのノウハウとは?

商品説明POPの設置の必要性 POPとは、Point of Purchaseの略で、購買時点広告と訳します。チラシなどのマス媒体が顧客を店舗に誘導する働きをするのに対し、POPは、店内販促物として直接購買に結び付けます。つま...
2022.01.09
Sponsor Link