接客態度

接客の基本

接客のイメージトレーニングで売上アップ

どんなお客様が来店しても、動じずに積極的に接客したいと、店舗スタッフなら思っているでしょう。 でも実際には、新規のお客様の対応にオロオロしてしまったり、「もっとこうしてあげればよかったなぁ」って緊張と反省の日々ではないでしょうか? 接客対応に課題意識を持っているあなたには、是非とも接客のイメージトレーニングをして欲しいと思います。
接客の基本

販売売上げを増加したいなら、売上げ目標は忘れたほうがいいという法則

売上目標を達成するぞ!と決意して、接客に一生懸命精を出せば出すほど、お客様が逃げていくという現象がよく起きます。販売員なら、誰もが経験しているはずです。頑張って...続きを読む
接客の基本

顧客満足度の高い店舗の共通ルールとは?

顧客満足(CS)とは、顧客ニーズを把握し、お客様の立場に立ったサービスを提供し期待に応えていくこと。そして顧客との関係を大切にし、販売・収益につながる活動を行っ...続きを読む
広告
接客の基本

お客様に忘れられない販売員になるための方法

心のこもったひと言は、間違いなくお客様の心を動かし、そしてお客様の記憶に残ります。その、たったひと言の積み重ねが、間違いなく評価・評判を高めていくことでしょう。マニュアルに書かれているような、ありふれた言葉ではなく、自分の言葉で、お客様と接するようにしてください。
接客の基本

接客が苦手な店舗スタッフがお客様から選ばれる存在になる方法

お店に入って商品を吟味していると、店員の視線を感じて、お店に居づらくなってしまったとか、ゆっくりと店内を見ていたいのに、あれこれと商品を一方的に勧められて、もう2度とこの店には来たくないと思った。 接客として、それはやってはいけないことがあります。実際に店舗で接客しているあなたの接客態度を振り返ってみませんか?
接客の基本

接客マナーの原点とは、相手を喜ばせたい気持ちが全て

お客様は来店した時は、疑心暗鬼な気持ちと、楽しみな気持ちが交錯しているような表情で来られます。 そしてお店を出られるときには、満点の笑顔で帰っていかれる、それは店舗に従事するスタッフにとって、とても幸せな瞬間です。 だからこそ、お客様を笑顔にすることをまず考えてみませんか?
人材定着化

バイト店員も長く勤めたくなる!スタッフを店舗のファンにするためのコニュニケーション術

コミュニケーションをあまり必要としない人や、人見知りをしてしまう人などでも、同じ職場で必要最低限の会話しかしなければ、ずっと気まずい空気が流れている状態になり、仕事への興味も高まりません。そんな職場で長く働けるでしょうか? 職場に愛着を持てるでしょうか?アルバイト店員が集まりにくいなら、そこに原因があるのかもしれません。
スタッフ教育

売れない販売員を、売れる販売員に育てるための方法

自信を持って売れると思って仕入れた商品が、たくさん売れ残っているということがお店の売り場でたまにあります。その原因を商品力が弱いからと、商品のせいにしてしまう販...続きを読む
接客の基本

欧米型の接客サービスを真似るより日本型の接客サービスを極めよう

脱サラをして、慣れない店舗経営者として店に立っても、なかなか来店客に声が掛けられなかったり、気の利いたことが言えなかったり、お客様と上手にコミュニケーションができなかったりという話がよくあります。 でも接客サービスは、店員が100人いれば100通りのやり方があり、そういう意味では自分に自信を持って接客することが、とても大事なことでなないかと思うのですが・・・
接客の基本

お客様への声出しは、はっきりと通行人に聞こえるように

「いらっしゃいませー」「○○セールで-す」「ぜひお立ち寄りくださ-い」「お買い得品はこちらで-す」店頭などで、一生懸命呼び込みをしている販売スタッフのみなさん。...続きを読む
テキストのコピーはできません。