店舗経営

利益管理

粗利額を増やすための店舗経営法

最も大切な数値は、粗利益だということをわかっていますか? 粗利益の数値が増えていれば、店舗経営が上手に上向いていると言えますが、売上高が増えて粗利益額が減少していれば、経営にイエローカードがでているという状態です。 日々の売上高に一喜一憂する中で、この見落としがちな粗利益について考えてみましょう。
2021.12.26
売上計画

客数アップを図るための集客商品の条件とは?

来店客も世代交代をしていくことを意識して、店舗経営していますか? 馴染みのお客様も歳を取るにつれて、趣味趣向が変化していきます。 だからお店の商品やサービスが合わなくなってきたと感じたら、足が遠ざかってしまい、それは来店客と売上の減少という形で現れてきます。 だから店舗経営者は、つねに来店客数をアップさせる集客方法を考えていかなければいけません。
2021.12.30
接客の基本

仕事の理念がなくては本物の接客サービスにならない

店舗経営者として、なぜこの業種を選んだのか? 開店すると日々様々なことが起こります。 経営者となればその責任は、すべて自分にかかってきます。 それでも店長のあなたは、経営者として日々を楽しみ、やり甲斐を感じていることでしょう。 その仕事を選び、続けているというあなたの仕事観、つまり理念は何でしょうか?
2022.01.09
Sponsor Link
接客の基本

優良顧客を育てる接客とサービスのヒント

お客様に愛してもらえる店舗にするために、お客様にとって喜ばれるサービスを欠かさないようにする。 こう言えば立派ですが、果たしてお客様はサービスを受けるだけで満足するのでしょうか? 時には過剰なサービスが、単に経営者の自己満足に終わってしまうことがあります。
2022.01.09
売上計画

売上目標達成のために仮説を構築する力を学ぶ方法

店長として想定した売上目標の達成のための計画や施策は、何案ぐらいありますか? 施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格なのですが、計画の発想方法を知っていますか?
2021.12.26
利益管理

店舗の現状分析から経営目標の仮説を立てる方法

実用的な仮説を立てることができる人は、現状分析能力も優れています。 今、自分が経営する店舗がどのレベルにあり、課題は何かを的確に答えることができることが経営には大切なスキルとなります。 では現状把握、現状分析は何を、どのようにすればよいのでしょうか。
2017.07.01
売上計画

粗利益の確保のために店舗経営で最重要なことは何か?

売上金額だけを見て、一喜一憂するのは無意味なことです。 正しくは売上金額から、必要経費などを差し引いた粗利益を見なければいけません。 売上金額が低くても、粗利益が増加しているなら、たいへん効率の良い店舗経営ができているということになるのですが・・・
2021.12.26
売り場の改善

商売の基本は老舗から学べ

老舗や一流店と呼ばれるには、それなりの理由があります。 商品などハード面はもちろんですが、特筆すべきは接客というソフト面です。 お客様に対する本当のサービスは何か?ということを学ぶ上でもとても勉強になります。 あなたにとって、老舗や一流店のイメージとは、どんなものでしょうか?
2022.01.09
売上計画

来客数アップのためのお勧め商品の決め方

もし店舗の近くに大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると売上を維持するのは難しくなってきます。 その他にも地域の人口減少や、不景気になって常連客の財布の紐が固くなるなど、売上に影響することが起きるかもしれません。 いつ何が起きるかわからないという意識を持ちながら、常に客数を増やす施策を練っておかなければ店舗経営は難しくなるのです。
2021.12.26
利益管理

人件費の赤字を無くす入時生産性と労働分配率の考え方

人件費を節約するために、人材を減らしたり、セルフサービスなどを取り入れて作業自体を減らしたり、様々な工夫をしていますが、人件費のコントロールを誤ると、店舗自体の存続が危うくなる可能性があります。 人件費のコントロールは、数値では測れないマインドのコントロールも含まれるだけにとても難しいものです。
2021.12.26
Sponsor Link