店舗経営

利益管理

在庫管理で失敗しないために商品回転率と交差比率を考える

倉庫に溜まった大量の在庫。または、いつ来ても同じ商品ばかりが目立つ店舗。 商品が売れずに在庫が溜まっていくと、このような状態になります。 在庫をできるだけ抱え込まないためには、商品回転率を良くすればいい。 そう思うのは簡単ですが、売れなければ店舗の利益には結びつかないので、この商品回転率を正しく理解する必要があります。
店長の役割

店長の役割は規律ある店舗運営を維持すること

●コンプライアンスの遵守は店長の意志次第 店舗では、日々いろいろなトラブルや事故が発生します。そういうトラブルや事故の発生の多くは、店舗が決められたルールに基づ...続きを読む
ネットショップ経営

集客方法の決め手は、先手・先手を打つこと

店長であれば毎日の社会動向をテレビやネットニュースなどでチェックしていると思います。ただし、何を目的にチェックしているのか? という意識の持ちようが集客に影響す...続きを読む
広告
利益管理

売上管理と利益確保は、店長自身の数字の変化を敏感に捉える力が試される仕事

経理が苦手な人は、つい売上だけに目が行きがちですが、どんなに売上が高くてもきちんと利益確保ができていなければ健全経営とは言えません。 売上に、経費に目を向けて、そこでどれだけ利益が確保できるのかを常に頭に入れておけば、販売商品の設定や人材配置が効果的にできるようになります。
利益管理

粗利額を増やすための店舗経営法

最も大切な数値は、粗利益だということをわかっていますか? 粗利益の数値が増えていれば、店舗経営が上手に上向いていると言えますが、売上高が増えて粗利益額が減少していれば、経営にイエローカードがでているという状態です。 日々の売上高に一喜一憂する中で、この見落としがちな粗利益について考えてみましょう。
売り場の改善

商売の基本は老舗から学べ

老舗や一流店と呼ばれるには、それなりの理由があります。 商品などハード面はもちろんですが、特筆すべきは接客というソフト面です。 お客様に対する本当のサービスは何か?ということを学ぶ上でもとても勉強になります。 あなたにとって、老舗や一流店のイメージとは、どんなものでしょうか?
リスク管理

商圏分析で繁盛店になるチャンスを見つける方法

店長!自分の経営する店舗は、地域の人々に長年愛されているから、今後も安定した利益が見込めるだろうと安心していませんか? もし店長が経営する店舗がある商圏内で、大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると人々はそちらのほうに流れるでしょう。 しかし、厳しい環境の中で成長を続けている店舗があります。その秘密は・・・
リスク管理

経営危機が乗り越えられる店長と、自滅する店長の違い

2020年に起きた新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できま...続きを読む
売上計画

売上目標達成のために仮説を構築する力を学ぶ方法

店長として想定した売上目標の達成のための計画や施策は、何案ぐらいありますか? 施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格なのですが、計画の発想方法を知っていますか?
利益管理

店舗の現状分析から経営目標の仮説を立てる方法

実用的な仮説を立てることができる人は、現状分析能力も優れています。 今、自分が経営する店舗がどのレベルにあり、課題は何かを的確に答えることができることが経営には大切なスキルとなります。 では現状把握、現状分析は何を、どのようにすればよいのでしょうか。
テキストのコピーはできません。