店舗経営

リスク管理

経営危機が乗り越えられる店長と、自滅する店長の違い

2020年に起きた新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できま...続きを読む
売上計画

売上目標達成のために仮説を構築する方法

施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 つまり、具体的に仮説を立てて、実際に実行するとどうなるのか?何が起きそうなのか?をイメージするのです。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格です!
利益管理

店長のための損益計算書の見方とは? 結果と原因の法則

数字の管理は苦手だからと、大まかな判断と自分の感覚だけで店舗経営していると、破綻してしまうかもしれません。 店舗をどのように発展させるべきか?必要なことは何か?何が足りていないのか?向かうべき方向性は間違っていないのか?など、現実的な数値から様々な経営方針を検証し、実行することができてはじめて、健全経営と言えるのではないでしょうか?だから店長自身が「損益計算書」を読み解く能力がなければなりません。
広告
マーケティング

何のために顧客管理をするのか? 店長、顧客管理の目的は何ですか?

現金を直接払わずに、カードや電子マネー、バーコード決済が日常的になって、各社がポイントを付与したり、キャンペーンをして消費を促す取り組みが盛んに行われています。...続きを読む
広告

品揃えで集客する広告の作り方のコツ

安定した集客を考えた場合、品揃え力をアピールすることが重要。主力分野、主力商品については、周辺地域にある競合店の広告と比較してインパクトがないと、集客はむずかしくなります。ネット通販では試着したり、商品を手に取って検討することができません。だからこそ「私の店舗では、これだけの商品を店頭で販売しています」と品揃えをアピールすることが重要なのです。
売上計画

売上目標達成のために仮説を構築する力を学ぶ方法

店長として想定した売上目標の達成のための計画や施策は、何案ぐらいありますか? 施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格なのですが、計画の発想方法を知っていますか?
売上計画

粗利益の確保のために店舗経営で最重要なことは何か?

売上金額だけを見て、一喜一憂するのは無意味なことです。 正しくは売上金額から、必要経費などを差し引いた粗利益を見なければいけません。 売上金額が低くても、粗利益が増加しているなら、たいへん効率の良い店舗経営ができているということになるのですが・・・
売上計画

客数アップを図るための集客商品の条件とは?

来店客も世代交代をしていくことを意識して、店舗経営していますか? 馴染みのお客様も歳を取るにつれて、趣味趣向が変化していきます。 だからお店の商品やサービスが合わなくなってきたと感じたら、足が遠ざかってしまい、それは来店客と売上の減少という形で現れてきます。 だから店舗経営者は、つねに来店客数をアップさせる集客方法を考えていかなければいけません。
利益管理

人件費の赤字を無くす入時生産性と労働分配率の考え方

人件費を節約するために、人材を減らしたり、セルフサービスなどを取り入れて作業自体を減らしたり、様々な工夫をしていますが、人件費のコントロールを誤ると、店舗自体の存続が危うくなる可能性があります。 人件費のコントロールは、数値では測れないマインドのコントロールも含まれるだけにとても難しいものです。
利益管理

人件費の無駄を無くす方法

人件費の増減が店舗の利益に直結する 一般に小売業の粗利益率は、そう高いものではない。低い業種では15%前後、高くても50%程度。平均30%というところだろう。こ...続きを読む
テキストのコピーはできません。