店舗経営

利益管理

店長のための損益計算書の見方とは? 結果と原因の法則

数字の管理は苦手だからと、大まかな判断と自分の感覚だけで店舗経営していると、破綻してしまうかもしれません。 店舗をどのように発展させるべきか?必要なことは何か?何が足りていないのか?向かうべき方向性は間違っていないのか?など、現実的な数値から様々な経営方針を検証し、実行することができてはじめて、健全経営と言えるのではないでしょうか?だから店長自身が「損益計算書」を読み解く能力がなければなりません。
2021.12.26
利益管理

在庫管理で失敗しないために商品回転率と交差比率を考える

倉庫に溜まった大量の在庫。または、いつ来ても同じ商品ばかりが目立つ店舗。 商品が売れずに在庫が溜まっていくと、このような状態になります。 在庫をできるだけ抱え込まないためには、商品回転率を良くすればいい。 そう思うのは簡単ですが、売れなければ店舗の利益には結びつかないので、この商品回転率を正しく理解する必要があります。
2021.12.26
利益管理

店長や店舗経営者が知るべき利益の構造とは?

お店を経営しているなら、常に損益計算をしながら日々を過ごしていると思う。 開業して間もないなら、つい営業利益、売上の総額だけに目がいってしまいがちです。 でも単に「利益」と言っても、その意味を知っておかないと経営戦略を立てるにも無駄なことをしてしまいそうです。
2021.12.26
Sponsor Link
利益管理

売上管理と利益確保は、店長自身の数字の変化を敏感に捉える力が試される仕事

経理が苦手な人は、つい売上だけに目が行きがちですが、どんなに売上が高くてもきちんと利益確保ができていなければ健全経営とは言えません。 売上に、経費に目を向けて、そこでどれだけ利益が確保できるのかを常に頭に入れておけば、販売商品の設定や人材配置が効果的にできるようになります。
2021.12.26
売り場の改善

お客様に伝わりやすく、購買意欲を刺激する店内放送の方法

売り場には常時、有線放送で音楽が流されています。しかしタイムセールがはじまったり、お客様の動きが鈍い時などは、買い物を誘発させるような店内放送が流れます。そこへきちんとお客様に届くような店内放送を流せば、売上アップに貢献できることは間違いありません。
2022.01.09
ネットショップ経営

集客方法の決め手は、先手・先手を打つこと

店長であれば毎日の社会動向をテレビやネットニュースなどでチェックしていると思います。ただし、何を目的にチェックしているのか? という意識の持ちようが集客に影響することご存じですか? 「お客様との会話の話のネタに」というのもあ...
2021.12.25
ネットショップ経営

ネットショップ、実店舗の年間販促スケジュールと販促予算の考え方

ずっと以前から商売をやるなら年間販促スケジュールを立てるほうが、無駄がなく経営もやりやすいと言われています。特に季節に左右される商品を扱っているなら、それは常識だと思います。 その他にも消費者にとって魅力ある店舗にするために...
2021.12.25
ネットショップ経営

誰に対して商品購入後のメリットを伝えているのですか?

商品のメリットの訴求を、より徹底するために効果的なのは、商品を強く売り込むためのページに「どんな人向けの商品なのか」、つまり商品の対象を明確に書く必要があります。例えば、あるセミナー告知のページがあったと仮定します。そこでは「この...
2021.12.25
マーケティング

不景気時の店舗経営は、後倒しの集客を大切して売上げを維持すること

好景気の時は残業が多く給与も賞与も期待できるので、消費者の財布のヒモも緩みがちです。ボーナスの使い道でも、早めに買い物の計画を立てるので、売り手側も「1ケ月1万円のご負担で、憧れの宝石を身につけませんか」とか、「上得意客様だけの冬...
2021.12.25
マーケティング

販売計画を作るときに「好景気」と「不景気」では売れるものが違うことを意識すること

集客方法をあれこれ考えるのもとても大切ですが、集客する時期が「好景気」と「不景気」とでは、新規参入や販促の方法が違ってきます。その違いをどう考えますか?2015年は安倍首相が進めるアベノミクス効果で、日経平均株価も2万円台をキープ...
2021.12.24
Sponsor Link