年上のスタッフが言うことを聞かない!年下の若い店長の悩み解決法

店長としての経験が浅い場合は、年上スタッフに対して上手く指示ができずにいることもあるという。また、若輩者が何を言うかと、反発ばかりして自分のやり方を変えないスタッフもいるでしょう。年上スタッフの中で、どのように振る舞えば打ち解け、協力して店舗を盛り上げることができるのか、1人で悩まずに考えてみましょう。

新任店長の権限で既存店舗をどこまで自由に変えることが許されるのか?

既存店舗を預かった場合は、急な改革はお客様をと惑わさせ、何よりも店舗スタッフや関係業者の大きな不満をかってしまいます。 それでは改革どころか、店舗が倒産しかねません。 現状を変えたいという気持ちは良いことですし、店舗は生き物ですから変えることは必要です。しかし、そこには「失敗しない店舗改革の方法」を知る必要があります。

新任店長は初出勤日に何をすればいいのか?

店長としてはじめて出勤する時は、誰でも緊張していたり、不安もあると思います。様々な不安が頭をよぎると思いますが、どんな不安でも一緒に働くスタッフと信頼があれば悩む必要はありません。 それでは新米店長として、スタッフと最初はどう接していけば、信頼を築いていくことができるでしょう。

繁盛店のスタッフは、店長が描く経営ビジョンをきちんと理解している

店長は、将来に対してどんな展望やビジョンを描いているのか? 店舗スタッフであれば、それを知っているだけで、日々の業務上の動き方もかわるはずです。 何よりもスタッフ一丸となって、将来のビジョン実現に向けて店舗を運営するのだという意識が生まれます。そのためにも店長は

経営者が店長に期待すること

店舗の中には、店長と店舗経営者が別人の場合があります。 特に本店、支店と持っているところは、会社組織にして店長を雇っている店舗が普通です。 そこで問題になってくることがあります。 つまり雇われ店長には、「経営者意識」が希薄なため、経営者と店長の店舗営業に対する意識の差が生まれてしまうからです。

赤字店舗は地域社会での存在価値が低下する。今、店舗経営者の在り方を考える

開業準備には、初期投資として費用がかなりかかる場合があります。 自己資金で賄えない場合は、どうしても公共機関や銀行などから借り入れて資金調達をしなければならなくなります。 その時には、店舗経営者としての資質や将来性を問われることになります。 経営者としてどうあるべきなのか? を考えてみましょう。

店長が自覚しなければならない経営の基本目的とは何か?

店舗を経営するということは、利益をそこから得なければならないということ。 当たり前のことですが、その点は企業と同じです。 売りたいものを売るという考えもありますが、基本は「売れるものを売る」です。 そこで店長が行う店舗経営の手腕が問われるわけです。 経営の目的とは何か? 基本をもう一度おさらいしてみませんか?