店長

スタッフ教育

クレームハラスメントに繋がるクレームは些細なことから生まれる

最近、中高年層を中心としたクレーマーが増え、スタッフがクレームハラスメントに合って仕事をすることができなくなることもあります。店長にとっては一人のお客様の理不尽なクレームよって、大切なスタッフを傷つけられたり、辞めてもらっては困ります。しかし、店舗を営業していれば何かしらのクレームは発生します。スタッフがクレームハラスメントに陥る前に、店長はクレーム対応について基本的な態度を示す必要があります。
2022.01.09
スタッフ教育

店舗スタッフの仕事のモチベーションを上げる簡単な方法

店舗スタッフのモチベーションを源にして店舗は活性化します。しかし「うちのスタッフは指示をよく聞くし、仕事は真面目にやってくれるけど、いまいち活気が出ないのが悩み」という店長がいると思います。その原因は、店舗スタッフを管理しすぎているからかもしれません。アルバイト店員による業務妨害的な行動も世間を賑わせている中で、管理を徹底したい気持ちはわかりますが、それでは根本的な解決になりません。
2022.01.09
販売演出のコツ

売りにくい商品で完売を狙うなら、お客様にも「販売」に協力してもらうこと

試食販売や実演販売をする際に、店舗スタッフがいくら声を張り上げても、どんなに商品説明が上手でも、なかなかお客様に商品を手に取ってもらうことができません。どうすればお客様を立ち止まらせ、商品を手に取り、購買へと誘導することができるのでしょうか?
2022.01.09
Sponsor Link
スタッフ教育

模範を示す店長ほど信頼され尊敬される

スタッフの教育には時間がかかることと、新人の意識の低さを理解しながらその人自身の個性を重んじた教育が求められます。しかし罰則を作っても、スタッフ自身の意識が低ければ同じことの繰り返しになります。どうすればよいでしょうか?その解決方法は?
2022.01.09
リスク管理

言いたいことを言ってくれるお客様は本当に神様なのか?

店舗の営業中には実に様々なお客様が来店されます。そのお客様一人ひとりに丁寧な接客をするのが商売の基本ですが、お客様の要望次第で態度を変える経営者や店舗スタッフが中には存在します。「お客様からの厳しい言葉」「難しい要望」についてあなたはどのように考えていますか?
2022.01.09
販売演出のコツ

「お客様」が「お客様」を呼ぶ仕組みを理解すると繁盛店になる~商売繁盛の秘訣~

Amazonや大手通販サイトのレビュー欄を見て、販売店やメーカーから雇われた人が良いように投稿しているのではないか?」と思えるようなものもあります。これを「サクラ」呼びます。サクラを利用するのも使い方を誤ると信用を失います。信頼される効果的なサクラの使い方を考えてみましょう。
2021.12.30
売り場の改善

繁盛店になるために必要なことを同業他店に学び比較する

店舗経営をする上で必要な情報、また店舗で働く上で必要な情報を集めるのに、まず参考にしなければならないのが、近隣の同業他店の状況です。 もし同業他社より自分の働く店舗が劣っていると感じているのなら、どこに違いがあるのか?比較しながら研...
2022.01.09
スタッフ教育

次期店長を養成するために必要なこととは?

店長という役職がつくと、今までと違っていろいろと責任がついてまわり、逆に苦しいばかりになるのではないか?そんなマイナスなイメージがあるような気がします。 店長希望者を増やしていくためには、魅力ある店長の存在が不可欠ですがその対策は?
2022.01.09
スタッフ教育

店舗の戦力になる中堅スタッフ教育のコツ

中堅スタッフには、マンネリ化を打破するため、新たな目標設定が必要です。 目標設定は店長自らが支持してしまうと「やらされている」感がでてしまうので、店長はアドバイスのみを行い、自分で設定させること。自分で目標設定することで「自ら考える」「責任感が生まれる」などの効果があります。 目標設定のためにどんなことを任せ、そしてアドバイスをすれば良いのでしょうか?
2022.01.09
スタッフ教育

バイト店員、店舗スタッフの新人教育をする中堅スタッフの心構え

新人スタッフほど仕事環境が変わると不安になります。新しい環境に適応しようとして、不安を覚えている時、人は変わりやすいもの。つまりこの時期が仕事を覚えてもらう教育には絶好の機会です。新しい職場に入り環境が大きく変わる時、教育に適切な時機に中堅スタッフは新人に対してどう立ち回ればいいでしょうか?
2022.01.09
Sponsor Link