店長

接客の基本

お客様の心をつかむ接客方法

販売スタッフがマニュアル通りの接客で、お客様に商品を勧めるだけで売れると考えるのは間違っています。 自分自身がお客様の立場になったときに、どういう接客を受けた時...続きを読む
利益管理

人件費の無駄を無くす方法

人件費の増減が店舗の利益に直結する 一般に小売業の粗利益率は、そう高いものではない。低い業種では15%前後、高くても50%程度。平均30%というところだろう。こ...続きを読む
スタッフ教育

「ほうれんそう」を怠るスタッフは接客の信用を失う

社会の一員として働き始めた時に、最初に覚えるのが、挨拶と報連相(ほうれんそう)の大切さではないでしょうか。 特に「報告」「連絡」「相談」をまとめた「ほうれんそう」の重要さは、どんな業界にも共通することで、これがきちんとできないと、店舗スタッフとしても失格となります。
広告
利益管理

在庫管理で失敗しないために商品回転率と交差比率を考える

倉庫に溜まった大量の在庫。または、いつ来ても同じ商品ばかりが目立つ店舗。 商品が売れずに在庫が溜まっていくと、このような状態になります。 在庫をできるだけ抱え込まないためには、商品回転率を良くすればいい。 そう思うのは簡単ですが、売れなければ店舗の利益には結びつかないので、この商品回転率を正しく理解する必要があります。
販促物の企画制作

効果的な販促物とは、商品に対する不安を解消して「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
売上計画

売上目標達成のために仮説を構築する力を学ぶ方法

店長として想定した売上目標の達成のための計画や施策は、何案ぐらいありますか? 施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格なのですが、計画の発想方法を知っていますか?
店長の役割

店長が自覚しなければならない経営の基本目的とは何か?

店舗を経営するということは、利益をそこから得なければならないということ。 当たり前のことですが、その点は企業と同じです。 売りたいものを売るという考えもあります...続きを読む
店長の役割

自社の強みを伸ばす!店舗のマーケテイング活動

店長自身が自店の強みを認識していないと大変なことになります。 「強みがなかなか見えない」という人も多いかもしれないが、どんな企業、どんな店にもよく探せば何らかの強みがあります。 暗中模索のまま前には進めません。現場のスタッフと協力していけば、必ず強みが見つかるはずです。
スタッフ教育

年上のスタッフが言うことを聞かない!年下の若い店長の悩み解決法

店舗によっては、人材不足で求人しても若いスタッフが集まりにくい業種があります。 だから店長よりも年上のスタッフを、採用せざるを得ない場合もあります。 もしくは本...続きを読む
接客の基本

お客様を不快にさせない接客。店舗の格が伝わる身だしなみ、態度、姿勢とは?

どんな場面でも人と接する場合に自分の身だしなみを気にするというのは、社会人として最低限の心遣いです。 それはお店でも同じ事が言えます。 特にはじめて入るお店は、お客様は何らかの期待をもって第一歩を踏み出します。 その一歩目に映る店員の姿は、店舗の内装以上に大切な接客の基本かもしれません。
テキストのコピーはできません。