店長

リスク管理

非常事態宣言時の難局を乗り越える店舗経営戦略

5月下旬には順次緊急事態宣言も解除されていきましたが、この状況は店舗経営者にとって貴重な経験となっているのではないでしょうか。 閉店を余儀なくされた経営者も多く居ます。店舗が閉店すれば、そこで働くスタッフは露頭に迷うことになります。そんなマイナス面もありますが、再度この状況が将来訪れたら、どう店舗経営をすればいいのか? 何を売り、何を仕入れるといいのか、今回の状況を振り返りながら少し考えてみました。
リスク管理

倒産か?継続か?世情悪化による閉店回避のためには積極的な経営戦略がないと店舗は衰退する

消費税増税や感染症の拡大による緊急事態宣言などにより、民衆の消費が厳しくなる状況下で、中小店舗の経営者はさまざまな試行錯誤を続けているはずです。 最初に情勢が変わりそうな兆候があちらこちらに見え始めたときは、「自分の店舗までは影響が及ばない」と仮定して営業を続ける店舗経営者がいます。
リスク管理

経営危機は店長の態度が誘い出す。有頂天になると失敗の始まり

新型コロナウィルス騒動で、多くの店舗が経営の見直しを迫られています。 店舗経営を脅かす不安材料は、いつどのような形で何が訪れるか誰も予想できません。 ただし、小さな兆候は数ヶ月前からあるものです。その小さな兆候を流してしまうのか?それとも注目して思考を巡らすのか?店長の力量が試されるときだと思います。
Sponsor Link
リスク管理

地域で人気の個人商店が経営に失敗する理由

数人の従業員と店長で営業している個人商店は、特に地域で人気となり愛される存在です。しかし、お客様から愛されるがゆえに甘えが生じたり、経営が緩みがちになります。そこに経営の落とし穴があるのです。
リスク管理

忍び寄る経営危機。「このままでいい」「いまのままでいい」そんなはずはない

経営者である店長の迷いが、店内スタッフに限らずやがて取引先や来店客にもやがて伝染していき店舗が閉店するのではないか?資金繰りに苦しいのではないか?という噂がでてくるようになります。閉店倒産の危機がすぐそこまで忍び寄ってきています。
リスク管理

困難な状況に追い込まれた店長の覚悟

「こんなことになるなんて思ってもいなかった・・・」と予想外の大きな出来事に直面することは、店舗経営を長くすればするほど何度か経験するものです。 ただそのときになって狼狽えてしまうと、一緒に働いているスタッフや取引先に不安を与えてしまい業績が悪化して閉店に追い込まれる可能性が高くなります。 店長はどんな最悪なことが起きても、店を経営破綻させないように信念と覚悟をもって働くことが必要です。
リスク管理

スタッフからの進言を真摯に受け入れる度量の大きな店長は、経営を窮地が救うことができる

起業して苦労を乗り越えて経営してきた店長ほど、スタッフからの苦言を素直に受け入れることは心理的に難しいのではないでしょうか。店長の機嫌が怖くて苦言を呈してくれるスタッフがいない。そんな状況で店舗にふりかかる危機的状況を回避したり、乗り越えたりできるのでしょうか?
リスク管理

閉店・経営危機に直面した店長が示すべき姿とは?

突然の経営自粛を公的に伝えられる、天災や社会情勢によっても店舗経営は上下し、ずっと平坦な道を歩むことはありえません。 もしも経営している店舗が、なんらかの理由で閉店や経営の危機が迫っているなら、店長としてスタッフやお客様に示さなければならない姿があるのではないでしょうか。
販売演出のコツ

販売商品やサービスに希少性を打ち出して「限定感」の演出で売上アップ

店舗の中を物色していて「限定」と書かれたPOPを見てしまうと、「今は特に欲しくはないけど、今手に入れないと次は無いかも」と思って購入に至るケースがよくあります。 ユニクロの限定コラボTシャツや、人気アニメの限定キャラクターフィギュアな...
マーケティング

客層訴求で「特別感」を演出することが集客と売上アップに効果あり

来客が思うようにならなかったり、売上が減るときはどんな経営者も「なぜだろうか?何が間違っていたのか?」と原因をさぐり、改善する施策を考えます。しかし、店舗が好調のときは「なぜ好調なのか?何が認められているのか?なぜ来店してくれるのか?」とい...