店長の役割

もし、急に店長になった時、新任店長に求められること

ある程度同じ店舗で働き、経験も実績もできてくると、それに比例して店舗の売上もアップしていきます。 現在の店長としては、次の展望を見据えながら、現在の店舗を期待できるスタッフに自分の代わりに店長職任せてみようと思うはずです。 だから、現店...
売上計画の立て方

繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

大きな目標を成功させるためには、それなりの長い期間が必要になります。 しかし計画が長期に渡ると、必ず起きるのが「中だるみ」です。 緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になってしまうこと...
人材育成

カリスマ店員の育て方とは?人を否応なしに惹きつける資質の手に入れる方法

カリスマ店員がいる店は、その店員目当てにお客様が来店してくれます。 そんな店員が1人だけではなく、全ての店員が販売においてある種の「カリスマ性」を発揮することができれば、経営者としても店舗営業の展開が変わってきます。 しかし、「カリスマ...
スポンサーリンク
売上計画の立て方

店舗経営と売上の実行計画を立てる意味と方法

経営目標を達成するためには、最初の仮説にそって計画を立てる必要があります。 ただ単に計画をぼんやりと想定しても、何をどのようにすればいいのか具体的に見えてきません。 逆に理想を追いすぎて、ギチギチに計画を立てるとやがて無理が生じてしまい...
売上計画の立て方

売上目標達成のために仮説を構築する方法

施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 つまり、具体的に仮説を立てて、実際に実行するとどうなるのか?何が起きそうなのか?をイメージするのです。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格です!
売上計画の立て方

周りの競合店の調査から売上高アップのチャンスを見つける方法

競合店の無い所に出店して、商いをすれば成功するのかと言えば、そううまくはいきません。 昨今のショッピングモールの来店者数と出店数を見ていると、お客様はお店や商品を比較しながらお買い物をしたいということを望んでいることがわかります。また、適度な競合は、お互いのレベルを上げるためにも必要です。 その中で自店の経営が成功するポイントは・・・
人材育成

店長は店舗スタッフの服装を清潔感重視で正すこと

店舗で案外軽視されがちなのが店舗スタッフの「外見」です。 ところが身だしなみは、細かいところまでは教えてくれないことが多いのです。 それどころか店長自身が、服装や外見に無頓着な場合があります。
リスク管理

商圏分析で繁盛店になるチャンスを見つける方法

店長!自分の経営する店舗は、地域の人々に長年愛されているから、今後も安定した利益が見込めるだろうと安心していませんか? もし店長が経営する店舗がある商圏内で、大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると人々はそちらのほうに流れるでしょう。 しかし、厳しい環境の中で成長を続けている店舗があります。その秘密は・・・
人材育成

素の自分で接客してお客様から信頼される存在になろう

店舗でがんばって働いているスタッフたちの働きに感謝しつつも、店長は常にスタッフの服装や外見、そしてお客様から受ける印象にも気を配っておかなければならない。 人の出会いは、第一印象で決まると言われます。 来店したお客様が最初に出会った店舗スタッフの第一印象が悪いと、どんなに店舗内が綺麗で魅力があっても、そのお店のファンにはなってくれません。 現代はネットの口コミで、悪い情報はすぐに拡散されてしまいます。
利益と管理

粗利額を増やすための店舗経営法

最も大切な数値は、粗利益だということをわかっていますか? 粗利益の数値が増えていれば、店舗経営が上手に上向いていると言えますが、売上高が増えて粗利益額が減少していれば、経営にイエローカードがでているという状態です。 日々の売上高に一喜一憂する中で、この見落としがちな粗利益について考えてみましょう。
スポンサーリンク