お客様の足はどこに向いているか?接客すべきお客様の見分け方

お客様によっては、視線を合わせようとしても、なかなか視線が合わなかったり、もしくはお客様が視線を合わせてくれないことがあります。 無理に視線を合わせようとすると、逆にお客様が嫌悪感を感じて逃げてしまうかもしれません。 接客すべきお客様と、接客を控えたほうがいいお客様の見分け方はあるのでしょうか?

接客マナーの原点とは、相手を喜ばせたい気持ちが全て

お客様は来店した時は、疑心暗鬼な気持ちと、楽しみな気持ちが交錯しているような表情で来られます。 そしてお店を出られるときには、満点の笑顔で帰っていかれる、それは店舗に従事するスタッフにとって、とても幸せな瞬間です。 だからこそ、お客様を笑顔にすることをまず考えてみませんか?

「安易な値引き」と「利益確保」に走れば店舗経営は破綻する?

本来は店長が選りすぐった商品の品揃えの魅力で、消費者を引き寄せたいのに、それが価格でしか引き寄せられなくなると、値引き販売をしていない通常時は、客数が少なく売上も少ないという事態に陥る可能性があります。 店長は、常に安易な値引きに走らずに、利益を確保できる、継続して売上が増加するような戦略的な値引きを行う必要があります。

接客のイメージトレーニングで売上アップ

どんなお客様が来店しても、動じずに積極的に接客したいと、店舗スタッフなら思っているでしょう。 でも実際には、新規のお客様の対応にオロオロしてしまったり、「もっとこうしてあげればよかったなぁ」って緊張と反省の日々ではないでしょうか? 接客対応に課題意識を持っているあなたには、是非とも接客のイメージトレーニングをして欲しいと思います。

来客数アップのためのお勧め商品の決め方

もし店舗の近くに大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると売上を維持するのは難しくなってきます。 その他にも地域の人口減少や、不景気になって常連客の財布の紐が固くなるなど、売上に影響することが起きるかもしれません。 いつ何が起きるかわからないという意識を持ちながら、常に客数を増やす施策を練っておかなければ店舗経営は難しくなるのです。

店舗の営業利益を高めるための経費管理のアイデア

店長は店舗の運営持続のために、無駄な経費はどこかになるのではないかと、日々目を光らせていると思います。 しかし、削ることにばかり神経を使っていては、本来見通さないといけない営業目標がぼやけてしまいます。 経費節約はとても大切なことですが、未来へ向けた投資も大切なことに変わりがありません。 将来さらに店舗が進化して発展する考え方とは?

接客が苦手な店舗スタッフがお客様から選ばれる存在になる方法

お店に入って商品を吟味していると、店員の視線を感じて、お店に居づらくなってしまったとか、ゆっくりと店内を見ていたいのに、あれこれと商品を一方的に勧められて、もう2度とこの店には来たくないと思った。 接客として、それはやってはいけないことがあります。実際に店舗で接客しているあなたの接客態度を振り返ってみませんか?

商品紹介の前にお客様と無駄話で、お互いの警戒心を解く方法

見ず知らずの人がいきなり目の前に現れて「結婚してください」って告白されたら、誰でもびっくりすると思います。 お店の接客も、似たような事があると思いまませんか? なんとなく直感的に来店して、いきなり店員に「どんな商品をお探しですか?」って声をかけられたら、ちょっと嫌な気持ちになりませんか?

人件費の赤字を無くす入時生産性と労働分配率の考え方

人件費を節約するために、人材を減らしたり、セルフサービスなどを取り入れて作業自体を減らしたり、様々な工夫をしていますが、人件費のコントロールを誤ると、店舗自体の存続が危うくなる可能性があります。 人件費のコントロールは、数値では測れないマインドのコントロールも含まれるだけにとても難しいものです。

店員が行うサービスとは気配りと心配りのホスビタリテイのこと

笑顔のサービス、値引きサービス、お届けサービス、お店から提供されるサービスにはいろいろあります。 でも、そこにお客様に対する気配りと、心配りが無ければただのマニュアル応対に終わってしまって、お客様と心が通じ合うことはないでしょう。 店員の接客の原点とは何でしょうか?

スポンサーリンク