繁盛店の店長が知っている、計画や施策の修正プランを即決定、即実行する行動力の秘密

計画したことを実行する際は、検証しながら行うのが期待する成果を実現する秘訣です。 では検証した時に「修正」すべき点を、どのような観点で見つけるといいのでしょうか? 修正案を実行するのもスピードが必要ですが、後回しにしたり、ダラダラと検証が長引くと繁盛店になる機会を逃します。

円滑な店舗営業のために年間52週の販促プランを立てる方法

商売の原則と言えば何か? それは、「適時(お客様が欲しい時に)」「適品(欲しい商品・サービス)」を提案することです。特に「お客様が欲しい時」のタイミングを逃すと、売れるものも売れません。 どのタイミングでお客様に商品を提案すればいいのでしょう?その計画の立て方を考えましょう。

優秀な店長になるためのPDCAサイクルの意味

店長は毎日がトライ・アンド・エラーの連続。 これだけ売上を伸ばしたい、来店客のニーズを的確に捉えたい、店舗スタッフのやる気を引き出したい、など、様々な目標に挑戦しています。 その中で結果の検証と反省、そして改善を効果的に実施していくコツを考えてみましょう。

繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

大きな目標を成功させるためには、それなりの長い期間が必要になります。 しかし「中だるみ」で緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になってしまうのですが、どうすれば中だるみしない計画が実施できるのでしょうか?

売上目標達成のために仮説を構築する方法

施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 つまり、具体的に仮説を立てて、実際に実行するとどうなるのか?何が起きそうなのか?をイメージするのです。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格です!

周りの競合店の調査から売上高アップのチャンスを見つける方法

競合店の無い所に出店して、商いをすれば成功するのかと言えば、そううまくはいきません。 昨今のショッピングモールの来店者数と出店数を見ていると、お客様はお店や商品を比較しながらお買い物をしたいということを望んでいることがわかります。また、適度な競合は、お互いのレベルを上げるためにも必要です。 その中で自店の経営が成功するポイントは・・・

スポンサーリンク