情報漏えいは店長の責任、個人情報の保護を考えよう

昔は個人情報をためらいもなく提供していました。「ここは信頼できるから、大丈夫だろう」という思い込みや信頼関係があったからだと思いますが、今では日本を代表する大企業ですら情報が外部に漏洩し、その情報が犯罪組織に渡ったりしています。それを知った上で、個人情報を預かる店長が、どのようにその情報を管理すればいいのか?考えていただきたいと思います。

トレーサビリティと情報開示は、信頼される繁盛店には欠かせない条件

食品の安全性が問われるようになってから、特に原材料管理から賞味期限の管理などが重視されています。 生産地を偽って販売する業者もいたり、しばしば事件としてニュースに取り上げられることもあります。 書品を販売する店長は店舗の健全経営のために、来店客の信頼を裏切らないために、安全と安心を提供する必要があります。では、流通面からもお客様に支持されるような店舗経営とは?

店舗経営の事故犯罪を防止する、店長のためのリスク管理と風土づくり

あの時、きちんとリスク管理をしておけば良かった・・・でも、起きてからでは遅いのです。 店舗に何か起きた時、インターネットを通じて情報の拡散も早くなっているから、昔に比べると店舗への風評被害など、損害も大きくなる可能性がある。 店長は肝に銘じてリスク管理をする必要がありますが、何をどうすればよいか?あなたは理解していますか?

店長のための店舗経営に関するリスクマネジメントとは?

店長はこれから起きるかもしれない様々なリスクに対して、どう行動すればよいのか? 何を準備したほうがよいのか?ということを毎日考えていると思います。 売上など経理的なことや人材確保問題もあれば、万引きなどの犯罪対策や、天災などへの対策、店内外で起きる事故、自分自身の健康や生活環境の問題など、いつ何が起きても動じないように、出来る限り万全の対策をしておきたいものです。

繁盛店の店長が知っている、計画や施策の修正プランを即決定、即実行する行動力の秘密

計画したことを実行する際は、検証しながら行うのが期待する成果を実現する秘訣です。 では検証した時に「修正」すべき点を、どのような観点で見つけるといいのでしょうか? 修正案を実行するのもスピードが必要ですが、後回しにしたり、ダラダラと検証が長引くと繁盛店になる機会を逃します。

円滑な店舗営業のために年間52週の販促プランを立てる方法

商売の原則と言えば何か? それは、「適時(お客様が欲しい時に)」「適品(欲しい商品・サービス)」を提案することです。特に「お客様が欲しい時」のタイミングを逃すと、売れるものも売れません。 どのタイミングでお客様に商品を提案すればいいのでしょう?その計画の立て方を考えましょう。

優秀な店長になるためのPDCAサイクルの意味

店長は毎日がトライ・アンド・エラーの連続。 これだけ売上を伸ばしたい、来店客のニーズを的確に捉えたい、店舗スタッフのやる気を引き出したい、など、様々な目標に挑戦しています。 その中で結果の検証と反省、そして改善を効果的に実施していくコツを考えてみましょう。