売り場の改善

買いたい気持ちにさせる売り場の棚割り基本法則で売上げ向上

客としてお店に入ったときに、自分が買いたいと思っている商品、またはカテゴリーがどこにあるのか?それが明確なお店というのは入った瞬間に安心できるものです。逆に何がどこにあるのかわからないお店は不安になってしまいます。もちろん買いたい商品名まで...
接客の基本

カリスマ店員ほど日本語スキルが高く、言葉のバリエーションが豊富

勤めているお店に来るお客様に対して、その時々の場面に応じてどの言葉(響き)を用いるかによって、その人の人柄や商品のイメージ、お客様に与える印象がだいぶん変わってきます。 できる店員ほど、そのあたりを特に意識して接客しているものです。
接客の基本

お店の販売スタッフの無自覚な行動が、お店のイメージを悪くすることがある

自分がお客様の立場になっていると、いろいろと気になるお店の欠点でも、自分がそのお店の販売スタッフになってしまうと、その欠点に気付かなくなるというおかしな現象が起こります。販売する側に立つと、自分がお客様よりも偉くなったような、上の立場になっ...
接客の基本

お客様への声出しは、はっきりと通行人に聞こえるように

「いらっしゃいませー」「○○セールで-す」「ぜひお立ち寄りくださ-い」「お買い得品はこちらで-す」店頭などで、一生懸命呼び込みをしている販売スタッフのみなさん。とっても元気がよくて、感心させられます。でも元気が良ければいいというわけではあり...
接客の基本

小売店の魅力は店員の素直な笑顔から始まる

何度も足を運びたくなるお店というのは、取り扱っている商品や価格が魅力でお客様がやってきているわけだけではありません。 お客様がそのお店に行きたくなるのは、安心できる居心地のよさがあるからです。 そんなお店の印象を演出するのは、ショッ...
接客の基本

お客様に誤解を招かないための店員の接客態度とは

トラブルというのはいつ何時起きるかわかりません。 それもちょっとした言葉の行き違いや、ささいな行動の1つでお客様に誤解を招いてしまう事はよくあります。 こればかりはどんなに気をつけていても、突然起きることなので、もし起きてしまったら...
接客の基本

良いお店の雰囲気は店員の行動から醸し出されるもの

「うちの売場、ひまでひまでしょうがないんだよね-。そういう時は何をしてればいいのかわからないんだよね」 時々、そんな販売員の声を耳にします。 暇そうにしているお店は外から見ても伝わってきます。お客様はそんな活気のない店に入りたいと思...
仕事のコツ

仕事を早く片付けるタスクリスト活用のコツ

仕事が速い人は、今日何をどれぐらい、いつまでにやればいいのか、ということが具体的にわかっています。スマートフォンのカレンダーや、手帳のスケジュール欄に細かく書いてあるから大丈夫、そう思っている人は大事な点を見逃しているのかもしれません。スケ...
売り場の改善

繁盛店の店内レイアウト決定法

売場づくりの際には、必ずレイアウト(配置)を決定しなければならない。 その目的は、主に次の2つ。 ①客動線(お客様の動き・流れ)を長くする ②従業員の動線を短くする お客様の店内での回遊性を高め、購入機会を高めれば客単価を向上さ...
売り場の改善

集客が倍増する店舗 ファサード

店舗 ファサードの意味は、建物正面の外観を指すフランス語で、主に道路側から見た時の店舗外観のことを言う。だから店舗の最も見せ場となる部分と考えてください。具体的に言えば、自店が「何屋なのか」を伝えるための看板やのれん、タペストリー、POP等...
スポンサーリンク