集客アップのコツ

販売演出のコツ

販売商品やサービスに希少性を打ち出して「限定感」の演出で売上アップ

店舗の中を物色していて「限定」と書かれたPOPを見てしまうと、「今は特に欲しくはないけど、今手に入れないと次は無いかも」と思って購入に至るケースがよくあります。 ユニクロの限定コラボTシャツや、人気アニメの限定キャラクターフィギュアな...
マーケティング

客層訴求で「特別感」を演出することが集客と売上アップに効果あり

来客が思うようにならなかったり、売上が減るときはどんな経営者も「なぜだろうか?何が間違っていたのか?」と原因をさぐり、改善する施策を考えます。しかし、店舗が好調のときは「なぜ好調なのか?何が認められているのか?なぜ来店してくれるのか?」とい...
接客の基本

購買意欲を高めるためにプラスアルファで「お得感」を演出して売上アップ

今すぐ必要な商品ではないけど、とても気になって買おうかどうか迷っているお客様がいます。 衝動的に欲しくなった商品があって、買うかどうか迷っているお客様もいます。 こんなふうに売り場で迷っているお客様をみかけることが、しばしばあり...
Sponsor Link
マーケティング

既存客の来店頻度を増やす集客方法とは?

店のお買い物会員登録を読むと既存客は結構いるはずなのに、実際の来店客はそれほどでもないということがあります。 なぜ来店してもらえないのか?ということに悩む店舗経営者は割と多くいるのではないでしょうか? 近くに同業のライバル店があ...
接客の基本

売りにくい商品で完売を狙うなら、お客様にも「販売」に協力してもらうこと

試食販売や実演販売をする際に、店舗スタッフがいくら声を張り上げても、どんなに商品説明が上手でも、なかなかお客様に商品を手に取ってもらうことができません。どうすればお客様を立ち止まらせ、商品を手に取り、購買へと誘導することができるのでしょうか?
販売演出のコツ

「お客様」が「お客様」を呼ぶ仕組みを理解すると繁盛店になる~商売繁盛の秘訣~

Amazonや大手通販サイトのレビュー欄を見て、販売店やメーカーから雇われた人が良いように投稿しているのではないか?」と思えるようなものもあります。これを「サクラ」呼びます。サクラを利用するのも使い方を誤ると信用を失います。信頼される効果的なサクラの使い方を考えてみましょう。
マーケティング

繁盛店になるために必要なことを同業他店に学び比較する

店舗経営をする上で必要な情報、また店舗で働く上で必要な情報を集めるのに、まず参考にしなければならないのが、近隣の同業他店の状況です。 もし同業他社より自分の働く店舗が劣っていると感じているのなら、どこに違いがあるのか?比較しながら研究...
マーケティング

商品の「価格」と「価値」の関係を知ることが売れるPRの原点

売れると思った商品が思うほど売れないときは「価格設定が間違っていたのか?」「接客が間違っていたのか?」「広告が足りなかったのか?」「そもそも商品の選択を間違ったのか?」などいろいろな観点で悩むと思います。 商品を売るための原点「商品価格」と「商品価値」をミックスして考えてみてはいかがでしょうか?
ネットショップ成功法則

EメールやLINEを使った販促で低経費で顧客へ個別PRができる時代へ

顧客に向けた個別PRには、どんな手法を使ってPRしていますか? インターネットを活用したライフサイクルが進むほど、より個別対応型の販促ツール活用が店舗成長の決め手になるとよく言われています。 今ではスマートフォンを老若男女の...
販促物の作り方

効果的な波束物とは、不安の具体化により「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?