広告で集客するために、商品やサービスの価値を消費者に効果的に伝える方法

商品を掲載した広告で集客するためには、消費者に「価値や価格」をわかりやすく伝えることが必要です。
例えば現在あなたが考えている広告を、消費者目線で客観的に見た時に、「ひと目で商品価値が理解できたか?」、「お勧め商品が最初に目に入ったか?」、「なぜ今、この商品なのか?販売理由をすぐに理解できたか?」と、消費者視線でズバリ伝わっていると胸を張って言えますか?

第一印象で消費者に、店舗が広告でアピールしたいことを効果的に伝えるには、いくつかセオリーとなっている方法があります。

Sponsor Link

価値を伝えるセールスコピー

「商品写真にセールコピーを載せる」

商品の価値を単に訴求するのではなく、消費者に使用イメージが具体的に伝わるようなコピーにすることがポイントです。

最も効果的なのは「生活の悩みを解決する」「業務の悩みを解決する」ようなセールスコピーを入れることです。

消費者は日々の暮らしの中で、些細なことで不便に感じることや、もっとこうなったら良いのになぁと思っていることがたくさんあります。
しかしその瞬間はそう思っていても、すぐに忘れてしまうのも消費者です。

だから広告のセールスコピーで、その悩みを思い出し、悩みが解決できるならと購買意欲が高まるのです。

店舗経営者は、消費者の日々の悩みに敏感にならなくてはいけません。些細な悩みほど見過ごしてしまうからです。
また、視点を変えて考えてみると今までにない新たな客層を開拓できるかもしれません。

価値に注目させる矢印解説

「矢印を使って商品解説に注目させる」

「売れ筋商品」、「おすすめ商品」というのは、他の商品に比べて価値があることを強調する演出がなければ、何の集客効果も生まれません。

味を解説する、機能を解説する、人気を解説するなど「商品価値を短いキャッチコピー」で訴求するのが商品広告の常識です。

通常は、ひとつのアイテムにつき一つのキャッチコピーですが、矢印を使って四つ以上のキャッチコピーを掲載すると、より商品の価値や価格が消費者に伝わるようになります。

それによって、他の掲載アイテムに比べてお得感や優位性が出て、集客効果が出てくるでしょう。

価値の差別化をする記号解説

「商品のスペック(機能)を記号にする」

掲載商品の価値や価格が比較しやすいようにします。
消費者はどんなに優れた商品でも、他の商品と比較してからでないと納得して購入に至りません。

価格で言えば「1円でも安い商品」、機能なら「一つでも違う機能がある商品」を付加価値として得したいという気持ちが購入につながります。

ただその理由付けとなるスペックを、文字で表現すると広告スペースに収まりきらないどころか、消費者はじっくりと読んでくれません。

消費者は広告を読むのではなく、見て判断をします。
だから「スペックの記号化」が効果を発揮するのです。

そして、スペック記号の説明を凡例として商品掲載の下のスぺースに載せると、より価値が伝わりやすくなります。

価値の優位性をアピールする構造解説

「商品の価値は、表面よりも中身に詰まっている」

メーカーや制作したり考案した立場の人間であれば、そこに要した時間や材料、人材などで「最低これぐらいの価格で販売してほしい」という気持ちを持っています。

どんな商品にも製法や工法、あるいは構造などにこだわっているので、実はお金がかかるのは十分によくわかりますが、価格の理由が消費者に伝わらないと、「なぜ、こんなに高いんだ」と考え、購入の障害になります。

特に最近は中国などで作られた模造品が、安く販売されていたりするのでなおさらです。
少し前までは、日本製以外は安かろう悪かろうという粗悪品というのが通説でしたが、最近はそうでもありません。
品質的に非常に優れた模造品が数多く登場しています。

模造品は開発費用がかからないので、安く販売できるのも当然です。

そこで、違いを明確にするためにも、構造等を写真やイラストにして、なぜこのようにしているかを説明することで、価値の不安を軽減することができると思います。

そこはプライドを持って優位性をアピールしてほしいです。

created by Rinker
ジャストシステム
¥13,891 (2021/11/27 10:25:18時点 Amazon調べ-詳細)