広告

広告

集客に必要な販促計画と効果的な利用媒体とは?

経営店舗のなリたい未来に最速で近づく 「店の売上げを上げるには、三つの方法があります」 店の売上げは、新規客を集客して名簿化し、それを固定客化することの連続で伸びていきます。 それを繰り返していくことが重要です。...
広告

集客広告に必要な販促費は?理想は販促費ゼロでも固定客が増え続けること

販促費は、いったいどのくらいかけるべきなのか?先行きの見えにくい状況の中で悩ましい問題です。 大手を振って人を店に呼び込むこともはばかれる社会の中で、ただじっと指をくわえてお客様を待っていても来てくれません。 やはり状況を見据えながら、販促は必要です。
チラシ広告

商品戦略で販売広告の効果をアップするチラシ広告の作り方

チラシ広告の企画というのは、ただチラシを作成するのではなく、店の「商品戦略」、それを売る「売り方」まで考えて企画をしなくては欲しい効果は得にくいものです。チラシ広告もそれなりに経費がかかります。だからチラシを作る前に・・・
広告

価格にインパクトが出る広告の作り方

チラシ広告やWEBの通販ページ等で、特にお客様に勧めたい商品に興味を持ってもらうにはどうしますか?インパクトのあるキャッチコピーで誘うのか?商品の特長をアピールするのか?いろいろなことが考えられますが、最も有効な方法は「価格の演出」です。
広告

メッセージカのある広告タイトルの作り方

インパクトがあるタイトルがなぜ必要なのかというと、タイトルが消費者にしっかりと記憶に残らないと意味がない。しかし、思いつきでタイトルを決めてるのではなく、マーケティングと広告の原則を意識して作ることが肝心です。その方法はいくつかルールがあります。
2021.09.07
広告

集客に貢献!シナジー効果を発揮する広告の作り方

販売促進を狙った広告タイトルは、大きな目で見ると似たものばかり。 消費者からみれば、広告をみた第一印象でどこの店舗の広告なのか?ということがはっきりと差別化できないので、広告の訴求力が半減します。 シナジー効果を狙った広告タイトルをアピールすることで、他店の広告との違いを明確にして集客を誘うことを考えます。
2021.09.07
販促物の企画制作

不景気に当たる値引きチラシは安売りで勝負しない。値引きの理由で勝負する!

景気が回復傾向にあり、所得もちょっと増えたものの、これまで体験から消費税もあがり先行き不安が消えないのが今の消費者。当然、消費者の買い物の仕方が大きく変化していくことなります。 消費者は余分なものを買わなくなり、デザインよりも価格...
2021.12.25
マーケティング

不景気時の店舗経営は、後倒しの集客を大切して売上げを維持すること

好景気の時は残業が多く給与も賞与も期待できるので、消費者の財布のヒモも緩みがちです。ボーナスの使い道でも、早めに買い物の計画を立てるので、売り手側も「1ケ月1万円のご負担で、憧れの宝石を身につけませんか」とか、「上得意客様だけの冬...
2021.12.25
POP広告

店内POPは、お店の売上げを劇的に変える!そのノウハウとは?

商品説明POPの設置の必要性 POPとは、Point of Purchaseの略で、購買時点広告と訳します。チラシなどのマス媒体が顧客を店舗に誘導する働きをするのに対し、POPは、店内販促物として直接購買に結び付けます。つま...
2022.01.09
Sponsor Link