経営経理一覧

店長は店舗のビジョンと戦略や戦術を示して、スタッフと一緒に目的意識を高めよう

店長がビジョンを語らないと、店舗で働くスタッフへ意識共有もできず、働く意欲も減退してします。 もしライバル店でよい勤務条件が提示されたら、あっさりとそっちに転職してしまう可能性が高くなります。 店舗をさらに繁盛させて、次のステップに成長させることは店長1人ではできません。

赤字店舗は地域社会での存在価値が低下する。今、店舗経営者の在り方を考える

開業準備には、初期投資として費用がかなりかかる場合があります。 自己資金で賄えない場合は、どうしても公共機関や銀行などから借り入れて資金調達をしなければならなくなります。 その時には、店舗経営者としての資質や将来性を問われることになります。 経営者としてどうあるべきなのか? を考えてみましょう。

店長が管理・指導する労働環境のハラスメント

現代では男性女性を問わずに多様なハラスメントが生まれています。 自分ではその意図はなくても、受けた側がハラスメントを受けたと感じれば、それが問題になります。 しかし、職場のハラスメントは表面化しないものが多いので、店長は自分自身を含めて、内部で何か起きていないか?常に目を配っておく必要があります。