接客の基本

お客様に忘れられない販売員になるための方法

心のこもったひと言は、間違いなくお客様の心を動かし、そしてお客様の記憶に残ります。その、たったひと言の積み重ねが、間違いなく評価・評判を高めていくことでしょう。マニュアルに書かれているような、ありふれた言葉ではなく、自分の言葉で、お客様と接するようにしてください。
利益管理

「安易な値引き」と「利益確保」に走れば店舗経営は破綻する?

本来は店長が選りすぐった商品の品揃えの魅力で、消費者を引き寄せたいのに、それが価格でしか引き寄せられなくなると、値引き販売をしていない通常時は、客数が少なく売上も少ないという事態に陥る可能性があります。 店長は、常に安易な値引きに走らずに、利益を確保できる、継続して売上が増加するような戦略的な値引きを行う必要があります。
ネットショップ経営

ネットショップ、実店舗の年間販促スケジュールと販促予算の考え方

ずっと以前から商売をやるなら年間販促スケジュールを立てるほうが、無駄がなく経営もやりやすいと言われています。特に季節に左右される商品を扱っているなら、それは常識...続きを読む
広告
接客の基本

接客マナーの原点とは、相手を喜ばせたい気持ちが全て

お客様は来店した時は、疑心暗鬼な気持ちと、楽しみな気持ちが交錯しているような表情で来られます。 そしてお店を出られるときには、満点の笑顔で帰っていかれる、それは店舗に従事するスタッフにとって、とても幸せな瞬間です。 だからこそ、お客様を笑顔にすることをまず考えてみませんか?
リスク管理

店長が管理・指導する労働環境のハラスメント

女性の管理職や、男性と同等に働く女性が増えたことで、女性に対する男性の行動が、問題になり「セクシュアルハラスメント」という言葉が注目されました。 それも時代や社...続きを読む
利益管理

粗利額を増やすための店舗経営法

最も大切な数値は、粗利益だということをわかっていますか? 粗利益の数値が増えていれば、店舗経営が上手に上向いていると言えますが、売上高が増えて粗利益額が減少していれば、経営にイエローカードがでているという状態です。 日々の売上高に一喜一憂する中で、この見落としがちな粗利益について考えてみましょう。
人材定着化

アルバイト&パートスタッフ定着率アップのための時給制度と評価制度とは?

店舗経営者として、店長として、スタッフの評価と時給制度のポイントを、どのように設定していますか? 新人に限らず既存スタッフのやる気を引き出し、仕事上でチャレンジ...続きを読む
価格設定

商品の「安売り」と「安さ感」は違う

店舗経営をしているなら、時々は何かしらの理由で安売りをしていると思います。 景気が徐々に良くなっているとはいえ、まだまだお客様の財布の紐は固く、単に価格訴求をし...続きを読む
販促物の企画制作

効果的な販促物とは、商品に対する不安を解消して「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
接客の基本

店員が行うサービスとは気配りと心配りのホスビタリテイのこと

笑顔のサービス、値引きサービス、お届けサービス、お店から提供されるサービスにはいろいろあります。 でも、そこにお客様に対する気配りと、心配りが無ければただのマニュアル応対に終わってしまって、お客様と心が通じ合うことはないでしょう。 店員の接客の原点とは何でしょうか?
テキストのコピーはできません。