ネットショップ経営

ネットユーザーのインターネットショッピングおける購買傾向について

インターネットにおけるユーザーの購買行動の変化について考えてみましょう。店頭で購入するよりも、ネットショップで購入したほうが、何割も安くお得に商品が買...続きを読む
売り場の改善

店舗改善のポイントは?繁盛する売場作りのモデル店を見つけよう

いつも店内がお客様で賑わっていると、そこで働く社員、店員もモチベーションが上がり、店に活気がでてくるものです。反面、お店が頑張って試行錯誤しているにも...続きを読む
リスク管理

店舗経営の事故犯罪を防止する、店長のためのリスク管理と風土づくり

店舗を経営していると、毎日何かしら小さな事件事故が起こります。 ほとんどは些細なリスクでしょうが、これが積もって重なってくると、やがて大きな事件事故に発...続きを読む
広告
棚割りと陳列

買いたい気持ちにさせる売り場の棚割り基本法則で売上げ向上

客としてお店に入ったときに、自分が買いたいと思っている商品、またはカテゴリーがどこにあるのか?それが明確なお店というのは入った瞬間に安心できるものです...続きを読む
スタッフ教育

「ほうれんそう」を怠るスタッフは接客の信用を失う

社会の一員として働き始めた時に、最初に覚えるのが、挨拶と報連相(ほうれんそう)の大切さではないでしょうか。 特に「報告」「連絡」「相談」をまとめた「ほうれんそう」の重要さは、どんな業界にも共通することで、これがきちんとできないと、店舗スタッフとしても失格となります。
ネットショップ経営

通販サイトの集客アップに、消費者に検索されているキーワードを予測が必要な理由

競合他社のショッピングサイトに負けないために勝負する商材を決めても、そのあとで失敗しないために意識しなければならないことがあります。消費者が「こんな物...続きを読む
利益管理

「安易な値引き」と「利益確保」に走れば店舗経営は破綻する?

本来は店長が選りすぐった商品の品揃えの魅力で、消費者を引き寄せたいのに、それが価格でしか引き寄せられなくなると、値引き販売をしていない通常時は、客数が少なく売上も少ないという事態に陥る可能性があります。 店長は、常に安易な値引きに走らずに、利益を確保できる、継続して売上が増加するような戦略的な値引きを行う必要があります。
店長の役割

売上げが悪い店の店長が分析する行動と役割

店舗での客数減は死活問題です。しかし、客数減を不振原因と見ていては少しも打開策は見えません。 客数を戻そうと無理な安売りをしても、一時的な回復はあっても、セールが終わればお客様はまた離れてしまいます。 ●本当の経営不振の原因は...
販促物の企画制作

効果的な販促物とは、商品に対する不安を解消して「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
ネットショップ経営

売れるネットショップの商品紹介ページは、顧客の視点で購入メリットを提案している

ネットに限らず、昔から消費者が商品を買う際は何らかの「動機」があります。それは衝動買いの時でも同じです。無意識に商品を購入するのは、お酒に酔ってでもな...続きを読む