店長の役割

愛される店長、スタッフから目標とされる店長になるために

お店のスタッフや部下は、店長という存在に自分の未来を投影する 小売業、飲食業、サービス業では、多くの企業で新入社員全員が一旦は店舗に配属されるのが習わしです。 ...続きを読む
仕事の効率化

タスクリスト活用すれば仕事が早く終わる!

仕事が速い人は、今日何をどれぐらい、いつまでにやればいいのか、ということが具体的にわかっています。スマートフォンのカレンダーや、手帳のスケジュール欄に細かく書い...続きを読む
マーケティング

お客様とのつながリをつくるCRM(顧客管理)

CRMとは、Customer Relationship Management(カスタマー リレーションシップ マネジメント)の略です。横文字になるととても難しく...続きを読む
広告
求人と人選

採用したいと思える求職者を引きつける面接法

書類選考を終えて、面接をして採用したいと思って内定を出したら断りの連絡が入ってしまった。これは最近よくある傾向で、面接をした人事担当者にとって頭の痛い問題です。...続きを読む
求人と人選

店舗の業績アップを考えた人材の選び方、求人のコツ

求人の内定を出しても数ヶ月後に内定辞退の連絡があり、ガックリきてしまう企業や店舗は増えてきているそうだ。 有力な大企業と違って、中小企業や店舗となると有望な新人や転職者を採用するのが難しい。 ただ昔と違って人は集まりやすいので、そこでしっかりとアピールすることが大切になります。 そして内定を辞退されないためには、企業(店舗)と求職者が求めるニーズとのマッチングが欠かせません。 自社、自店の業績をアップしてくれる人材とは、どんな人なのか?
売り場の改善

商売の基本は老舗から学べ

老舗や一流店と呼ばれるには、それなりの理由があります。 商品などハード面はもちろんですが、特筆すべきは接客というソフト面です。 お客様に対する本当のサービスは何か?ということを学ぶ上でもとても勉強になります。 あなたにとって、老舗や一流店のイメージとは、どんなものでしょうか?
スタッフ教育

新人バイト店員、パート店員を本気にさせる方法、頑張って仕事に取り組む新人教育とは?

新人バイト店員やパート店員が仕事が楽しめるようになってくると、「自分を頼りにしてくださるお客様をもっと増やしたい」「1日〇〇円売れるようになりたい」」など、「本気」でもっと上を目指したい気持ちが芽生えます。この段階の店員になると、難易度の高い課題を与えたり、責任ある仕事を任せてみましょう。
チラシ広告

新商品や高額商品は「使用価値訴求」で商品価値を効果的に伝えて販売力アップ

日常でなじみのない商品に出合うと、「これは何に使うのだろう?」「どんなふうに使うのだろう?」「どんな味がするのだろう?」「どうやって食べるのだろう?」など、様々...続きを読む
チラシ広告

チラシで商品を魅力的にアピールする方法~販売力を高めるチラシの作り方~

店の経営者から見て、ブームが去って魅力がなくなってきた、あるいは時季外れで価値がない商品を販売しているなら、仮に集客ができたとしてもそれは売れません。 「店にお...続きを読む
販売演出のコツ

販売商品やサービスに希少性を打ち出して「限定感」の演出で売上アップ

店舗の中を物色していて「限定」と書かれたPOPを見てしまうと、「今は特に欲しくはないけど、今手に入れないと次は無いかも」と思って購入に至るケースがよくあります。...続きを読む
テキストのコピーはできません。