人材育成

人材定着率アップ方法

新人教育の要は、「自分にもできそう」「ワクワクする」という気持ちでモチベーションを上げる工夫にある

店長は、新しい店員が自分に自信を持って、イキイキと自店で働き、本気で仕事に取り組めるようになるまでサポートをしてください。 入社したての店員の、最初の心理状況が想像できていますか?
人材育成

人材育成の基本は新人の初出勤直前が肝心。初出勤前にスタッフに伝えなければならないこと

何も詳しいことが伝えられないまま、いきなり新人が現れると、既存スタッフは慌ててしまいます。最悪の場合は職場内のいじめや、パワーハラスメントに発展しかねません。スタッフ間に変な確執を生むこと無く、気持よく新人を迎え入れられるようにするにはどうすればいいのか?
人材育成

就職内定者の仕事へのモチベーションを上げて維持する方法

合格しました。そう通知を受けた求職者の心はその瞬間に頂点に達して、入社後に仕事をする自分の未来の姿をイメージして心が踊るものです。どうやって内定者のモチベーションを維持させて、仕事への夢や期待を持ち続けてもらえるのか?
スポンサーリンク
人材育成

就職内定者の入社後のギャップをなくすために準備しておくこと

求職者が他社へ逃げてしまわないように、合格を急いで出してしまう。急いで出すから、人材の見極め不足や自社へのマッチング不足が生じてしまう。 採用活動は、ほとんど同じ時期に一斉に動くことがわかっているはずなので、準備期間をきちんととって求人対策をしましょう。
人材育成

求人対策において、入社前に求職者に伝えるべきこと

書類上では納得していても、実際に面接になった時に予想もしていなかった条件を言われたりすると、今まで抱いていた会社のイメージに疑問を持つようになります。 ずっと期待を持ってもらうためには、何を伝えておくべきなのか?またその伝え方はどうすればいいのか?考えてみませんか。
人材育成

採用したいと思える求職者を引きつける面接法

書類選考を終えて、面接をして採用したいと思って内定を出したら断りの連絡が入ってしまった。これは最近よくある傾向で、面接をした人事担当者にとって頭の痛い問題です。 ここは求職者の立場になって、面接時の会社側の応対が印象に残るものであったか?...
人材育成

求人の面接時に聞くべき項目、求職者の素質を見抜く項目

新卒者も育った時代背景や現代の社会情勢の中で、持っている感覚も、経験も変わってきます。 どんな質問をして、求職者の返答に対して注意しておくことは何でしょうか? 面接にはマニュアルはあって無いようなものであり、その時々によって対応が変わってきます。
人材育成

求人選考時の面接後の合否の出し方と、内定を取り消されないための伝えるタイミング

内定を伝えたとたんに、断ってくる求職者たちが増えている。ここではそんな中小企業や小さな専門店のための求人面接について、効果的な合否を伝える方法を考えてみましょう。
人材育成

面接で見極めたい自社に合った人材の探し方

自社に合った人材を見極める際、重要なポイントになるのが「自社に合う要件」とどれくらい一致するか、ということです。そのためには、前もってその要件を明確に設定する必要があります。
人材育成

求人広告の作り方で大切な欲しい人材を集める待遇面の書き方

求人広告の待遇面というと、次のような項目があります。「給与」「仕事内容」「勤務時間」「勤務地」「休日」「福利厚生」。 よくある間違いが、給与を高く書くと注目される、本当は残業が多いけど労働時間を実際より少なく書く、休日を自由にとれるなど、自社・自店が用意できる待遇面を偽って、過大求人広告を作っては絶対にダメです。どのように待遇面を求人広告に書けばいいのでしょうか?
スポンサーリンク