言葉づかい

接客の基本

「言葉づかい」は接客の基本。店舗のスタッフ教育レベルは常にお客様に評価されている!

日本人の会話には「主語」が無いとよく言われていますが、特に最近の言葉遣いや会話の特徴に「単語による会話」があります。 「飲む?」「コーヒー」という感じで、正しくは、「何か、お飲みになりますか」「コーヒーをいただきます」です。 同様に、「日本の首都はどこですか」に対しては、「東京」ではなく、「東京です」が正しい。 店舗内で顧客とこのような会話で接客をすることはないと思いますが、子供のままの会話を行う大人、普段使いと仕事の境目がわからない大人が増えてきています。 接客時に使う会話は単語で終わらせずに、大人としての会話を行うことが必要です。
人材育成

売れない販売員を、売れる販売員に育てるための方法

自信を持って売れると思って仕入れた商品が、たくさん売れ残っているということがお店の売り場でたまにあります。 その原因を商品力が弱いからと、商品のせいにしてしまう販売員は失格です。 なぜなら、接客する時にひと言プラスするだけで「商...
接客の基本

カリスマ店員ほど日本語スキルが高く、言葉のバリエーションが豊富

勤めているお店に来るお客様に対して、その時々の場面に応じてどの言葉(響き)を用いるかによって、その人の人柄や商品のイメージ、お客様に与える印象がだいぶん変わってきます。 できる店員ほど、そのあたりを特に意識して接客しているものです。