経理

利益と管理

店舗の営業利益を高めるための経費管理のアイデア

店長は店舗の運営持続のために、無駄な経費はどこかになるのではないかと、日々目を光らせていると思います。 しかし、削ることにばかり神経を使っていては、本来見通さないといけない営業目標がぼやけてしまいます。 経費節約はとても大切なことですが、未来へ向けた投資も大切なことに変わりがありません。 将来さらに店舗が進化して発展する考え方とは?
利益と管理

店長のための「必要な利益確保のための販売計画」と損益分岐点から導く店舗経営術

店長、今期の売上計画をどのような考えで作っていますか? 健全な店舗経営のためには、店長の趣向だけで商品を仕入れて売るわけにはいきません。 そこには「利益の確保」という明確な目的があるからです。 売上目標にたいして、どのような販売計画を立てるかを、どう考えていますか?
利益と管理

在庫管理で失敗しないために商品回転率と交差比率を考える

倉庫に溜まった大量の在庫。または、いつ来ても同じ商品ばかりが目立つ店舗。 商品が売れずに在庫が溜まっていくと、このような状態になります。 在庫をできるだけ抱え込まないためには、商品回転率を良くすればいい。 そう思うのは簡単ですが、売れなければ店舗の利益には結びつかないので、この商品回転率を正しく理解する必要があります。
利益と管理

「在庫」と「原価」と「粗利益」の関係を知って商品ロスを減らそう

サービス業ならあまり気にしないことですが、何か「物」を販売している店舗では「在庫管理」や「商品の仕入れ」のバランスをコントロールすることがとても重要です。 しかし、どんなに商品管理を完璧にしても、商品ロスは別の要因で起きることがあります。 多くは内部不正(店員や納入業者による不正や伝票ミスなど)と、万引きだといいます。 いかに商品ロスを減らして、健全な店舗経営をしていけばいいのか、その基本を考えてみましょう。
利益と管理

店長や店舗経営者が知るべき利益の構造とは?

お店を経営しているなら、常に損益計算をしながら日々を過ごしていると思う。 開業して間もないなら、つい営業利益、売上の総額だけに目がいってしまいがちです。 でも単に「利益」と言っても、その意味を知っておかないと経営戦略を立てるにも無駄なことをしてしまいそうです。