店長の役割

人材育成

カリスマ店員の育て方とは?人を否応なしに惹きつける資質の手に入れる方法

カリスマ店員がいる店は、その店員目当てにお客様が来店してくれます。 そんな店員が1人だけではなく、全ての店員が販売においてある種の「カリスマ性」を発揮することができれば、経営者としても店舗営業の展開が変わってきます。 しかし、「カリスマ...
売上計画の立て方

売上目標達成のために仮説を構築する力を学ぶ方法

店長として想定した売上目標の達成のための計画や施策は、何案ぐらいありますか? 施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格なのですが、計画の発想方法を知っていますか?
利益と管理

売上管理と利益確保は、店長自身の数字の変化を敏感に捉える力が試される仕事

経理が苦手な人は、つい売上だけに目が行きがちですが、どんなに売上が高くてもきちんと利益確保ができていなければ健全経営とは言えません。 売上に、経費に目を向けて、そこでどれだけ利益が確保できるのかを常に頭に入れておけば、販売商品の設定や人材配置が効果的にできるようになります。
人材育成

売れない販売員を、売れる販売員に育てるための方法

自信を持って売れると思って仕入れた商品が、たくさん売れ残っているということがお店の売り場でたまにあります。 その原因を商品力が弱いからと、商品のせいにしてしまう販売員は失格です。 なぜなら、接客する時にひと言プラスするだけで「商...
人材育成

愛される店長、スタッフから目標とされる店長を目指して

お店のスタッフや部下は、店長という存在に自分の未来を投影する 小売業、飲食業、サービス業では、多くの企業で新入社員全員が一旦は店舗に配属されるのが習わしです。 本部スタッフとして採用が決まっていても、短期間でも店頭経験を積ませようと...