繁盛店のスタッフは、店長が描く経営ビジョンをきちんと理解している

シェアする

自分が働いている店舗が、これからどんな営業展開をしようとしているのか?

店長は、将来に対してどんな展望やビジョンを描いているのか?

店舗スタッフであれば、それを知っているだけで、日々の業務上の動き方もかわるはずです。

何よりもスタッフ一丸となって、将来のビジョン実現に向けて店舗を運営するのだという意識が生まれます。

そのためにも店長は、あやふやなことは言わず、しっかりと具体的なビジョンを店舗関係者に語らなければなりません。




店長は自店の事業領域を理解しているか?

店舗の規模に関係なく、健全な経営をするためには戦略を持って営業をすることが必要です。

戦略と聞くと尻込みする経営者もいるかもしれませんが、戦略とは、ビジョンを実現するための行動方針としてとても大切なことです。

戦略を理解するために、まず「どこで戦うのか」を知ることです。

自店のある地域には、どんなタイプの住人がどれぐらいいて、どんな店舗があるのか? ということを最初に知っておく必要があります。

もしも自店が地の利が得られない場所にあったり、自店が不得意とする領域にあると、思わぬリスクに足をすくわれてしまうことがあります。

地の利が得られる場所、自店が得意とする領域で営業すれば、地域の主導権がとりやすく、経営を有利に進めることができます。

戦略を理解するためには、自店が得意とする場所を事業領域として知ることが必要です。

自店が競合他店に負けないポイントを理解すること

競合他店が真似できない核となる能力があれば、他社と差別化し、周辺地域の競争優位を確立することができます。

店舗がある周辺地域で強い競争力を保ち続けるためには、「自店の強みを全スタッフが認識し、その強みから成果を生み出す」という取り組みが大切です。

強みを生かした戦略・計画を、全スタッフが正しく理解し自信をもって行動すること、そして、強みをさらに磨き上げるために店舗全体で、学習を繰り返していくことが必要です。

自店の基本戦略を理解すること

他店に対して競争優位となるための戦略、「コストリーダーシップ戦略」「差別化戦略」 「集中戦略」を理解すれば、よりビジョンの実現に近づくことができます。

店長として、「自店がどの戦略をとっているのか」を正しく理解し、その戦略の狙いを効果的に具現するように店舗運営していくことが求められています。

  • コストリーダーシップ戦略とは?

他店が追随できないコストダウンを実現することで、価格競争力を強化する戦略です。

「安売りをしても儲かる」ようにするのです。

商圏内で1番のコストダウンができれば、値下げ競争をしても利益を生み出すことができます。

間違えてはいけないのは、採算度外視して安売りをするのではなく、「安売りをしても儲かる仕組み」をつくることです。

  • 差別化戦略とは?

他店の商品やサービスと徹底して差別化し、お客様にとって必要不可欠な店舗としてポジションを確立する戦略です。

「高くても売れる戦略」であり、他社に比較して高価格を維持することで利益を創出します。

単に値上げをするとお客様は離れてしまいます。

重要なのは、お客様に「なぜ高いのか?」を理解してもらえる価格帯であることです。

  • 集中戦略とは?

対象を限定して、徹底的にコストダウンや差別化を行う戦略です。

特定のお客様や商品・サービスに関して徹底してコスト削減を図る方法と、特定のお客様や商品・サービスに関して徹底して差別化する方法とがあります。

特定のお客様や商品・サービスに絞り込んで、コストダウンや差別化を徹底する戦略です。

戦略と組織行動

組織行動には統一性が必要です。

各部門や部署がバラバラの行動をとっていては組織とは言えません。

組織行動に統一性をもたらすものは戦略です。

戦略の確立は当然ですが、組織を構成する各部門や部署がその戦略を正しく理解することも必要不可欠です。

自店の戦略を正しく理解するポイント

▼どこで戦うのか?

・自店が得意とする戦いの場所(営業領域)

▼強み

・競合他社が真似できない核となる能力

・競争優位の確立

▼基本戦略

・コストリーダーシップ戦略

・差別化戦略

・集中戦略

以上「繁盛店のスタッフは、店長が描く経営ビジョンをきちんと理解している」でした。







シェアする

フォローする