調査

売上計画の立て方

売上目標達成のために仮説を構築する方法

施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 つまり、具体的に仮説を立てて、実際に実行するとどうなるのか?何が起きそうなのか?をイメージするのです。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格です!
リスク管理

商圏分析で繁盛店になるチャンスを見つける方法

店長!自分の経営する店舗は、地域の人々に長年愛されているから、今後も安定した利益が見込めるだろうと安心していませんか? もし店長が経営する店舗がある商圏内で、大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると人々はそちらのほうに流れるでしょう。 しかし、厳しい環境の中で成長を続けている店舗があります。その秘密は・・・
ネットショップ成功法則

集客方法の決め手は、先手・先手を打つこと

 店長であれば毎日の社会動向をテレビやネットニュースなどでチェックしていると思います。 ただし、何を目的にチェックしているのか? という意識の持ちようが集客に影響することご存じですか?「お客様との会話の話のネタに」というのもあるでしょうが、...
リスク管理

繁盛店になるためには、お客様の声に敏感になろう

お客様の顕在的または潜在的な不満や要望を知るお客様の最大限の満足を引き出すために大切な事は、お客様のニーズやウォンツを捉えること。なぜなら、どの店も地域に根ざした商売に取り組んでいくしかないからです。これは店舗がチェーン店であろうと個店であ...