経営

売上計画の立て方

店長は売上目標を達成できる計画を作るのも仕事

日々の売上と利益の目標に向かって、何をするのか?どこを改善すべきなのかを、現場の現状や店舗環境を検証しながら戦略を企画して、実行することです。 ある商品やメニューが今日売れていても、来週はどうなるかわかりません。 1人の店舗スタッフがトップの売上を上げていたら、そのスタッフが休んだり退職してしまったら、売上がどうなるのか? もし○○になったら時、どうする?
利益と管理

店長のための「必要な利益確保のための販売計画」と損益分岐点から導く店舗経営術

店長、今期の売上計画をどのような考えで作っていますか? 健全な店舗経営のためには、店長の趣向だけで商品を仕入れて売るわけにはいきません。 そこには「利益の確保」という明確な目的があるからです。 売上目標にたいして、どのような販売計画を立てるかを、どう考えていますか?
利益と管理

「在庫」と「原価」と「粗利益」の関係を知って商品ロスを減らそう

サービス業ならあまり気にしないことですが、何か「物」を販売している店舗では「在庫管理」や「商品の仕入れ」のバランスをコントロールすることがとても重要です。 しかし、どんなに商品管理を完璧にしても、商品ロスは別の要因で起きることがあります。 多くは内部不正(店員や納入業者による不正や伝票ミスなど)と、万引きだといいます。 いかに商品ロスを減らして、健全な店舗経営をしていけばいいのか、その基本を考えてみましょう。