販売演出のコツ

「お客様」が「お客様」を呼ぶ仕組みを理解すると繁盛店になる~商売繁盛の秘訣~

Amazonや大手通販サイトのレビュー欄を見て、販売店やメーカーから雇われた人が良いように投稿しているのではないか?」と思えるようなものもあります。これを「サクラ」呼びます。サクラを利用するのも使い方を誤ると信用を失います。信頼される効果的なサクラの使い方を考えてみましょう。
人材定着率アップ方法

仕事の効率化へ、自分の片腕となるスタッフの育て方

人材不足の中で高い人件費を払ってでも雇い入れたスタッフが、定着しないまま入れ替わりが続いては店舗経営が不安定になるどころか、経営者自身のモチベーションも下がってしまいます。人材が集まりにくいからといって、人材選定に妥協しすぎていませんか?
マーケティング

繁盛店になるために必要なことを同業他店に学び比較する

店舗経営をする上で必要な情報、また店舗で働く上で必要な情報を集めるのに、まず参考にしなければならないのが、近隣の同業他店の状況です。 もし同業他社より自分の働く店舗が劣っていると感じているのなら、どこに違いがあるのか?比較しながら研究...
Sponsor Link
マーケティング

商品の「価格」と「価値」の関係を知ることが売れるPRの原点

売れると思った商品が思うほど売れないときは「価格設定が間違っていたのか?」「接客が間違っていたのか?」「広告が足りなかったのか?」「そもそも商品の選択を間違ったのか?」などいろいろな観点で悩むと思います。 商品を売るための原点「商品価格」と「商品価値」をミックスして考えてみてはいかがでしょうか?
ネットショップ成功法則

EメールやLINEを使った販促で低経費で顧客へ個別PRができる時代へ

顧客に向けた個別PRには、どんな手法を使ってPRしていますか? インターネットを活用したライフサイクルが進むほど、より個別対応型の販促ツール活用が店舗成長の決め手になるとよく言われています。 今ではスマートフォンを老若男女の...
人材育成

次期店長を養成するために必要なこととは?

店長という役職がつくと、今までと違っていろいろと責任がついてまわり、逆に苦しいばかりになるのではないか?そんなマイナスなイメージがあるような気がします。 店長希望者を増やしていくためには、魅力ある店長の存在が不可欠ですがその対策は?
人材育成

店舗の戦力になる中堅スタッフ教育のコツ

中堅スタッフには、マンネリ化を打破するため、新たな目標設定が必要です。 目標設定は店長自らが支持してしまうと「やらされている」感がでてしまうので、店長はアドバイスのみを行い、自分で設定させること。自分で目標設定することで「自ら考える」「責任感が生まれる」などの効果があります。 目標設定のためにどんなことを任せ、そしてアドバイスをすれば良いのでしょうか?
人材育成

バイト店員、店舗スタッフの新人教育をする中堅スタッフの心構え

新人スタッフほど仕事環境が変わると不安になります。新しい環境に適応しようとして、不安を覚えている時、人は変わりやすいもの。つまりこの時期が仕事を覚えてもらう教育には絶好の機会です。新しい職場に入り環境が大きく変わる時、教育に適切な時機に中堅スタッフは新人に対してどう立ち回ればいいでしょうか?
販促物の作り方

効果的な波束物とは、不安の具体化により「安心感」を伝えるもの

購買時の不安の払拭するための手がかりになるのが、チラシやパンフレット、そしてネット社会の今ならユーザーレビューです。 もし売りにくい商品を売ることができたら、店舗にとっても大きな利益になる。だから少しでも関心を示してくれたお客様を逃すわけにはいきません。どうすればよいでしょうか?
販売演出のコツ

集客のためには「七つの演出」で販促企画に迷わない

売りたい商品がある場合や、店舗の集客力をアップしたいときに、何を行うかを考えた時、実に多様な手法があると思います。 同時に周辺環境や既存顧客ニーズなども考慮に入れると、何が自分の店舗にとって必要な販促なのか、わからなくなると思います。 ...