ストアロイヤリティの向上を売場で実現するための手段とは?

ten0052

街でよく流行っています。店舗の中でも、確実に店舗のファンを獲得して固定客化に成功しています。店舗で多く行われています。のが、「ストアロイヤリティ」を表現したPOPの掲示です。

ストアロイヤリティとは、店に対する忠誠心、あこがれを意味します。
ロイヤリティの向上には、他社や他の店舗にはない商品や新しい商品を提供するだけでは不十分なのです。
ちゃんと現状の状況分析に基づいたサービスや、店舗環境・販売促進などでも、顧客の心を引きつけるような仕掛けをする必要があるのです。

どんな業種でも、年々他店との差別化は難しくなっています。。
そんな状況で、同業他店との違いが最も現れやすいのが、会社・店舗の理念やコンセプト、歴史など……言い換えれば「ストアロイヤリティ」の部分なのです。

ストアロイヤリティを店舗で表現するには、お客様から直接見える場所にPOPとして掲示するとよいと思います。
これで少しずつお客様の目に触れさせることで、理解しながら浸透させていって、会社や店舗の考えに共感できるお客様が定着するという流れになるという仕組みです。

繁盛している店舗は、そのストアロイヤリティを明確にお客様に訴求できています。
そしてそれに共感したり、好感を持ったりするお客様を確実に取り込んで離さない、つまりは固定客化しています。

スポンサーリンク

ロイヤリティPOP作成のポイント

ロイヤルティPOPの作成や設置のポイントは以下の通りです。

①場所

レジ前や入口等、お客様が必ず足を止めて見る場所に掲示する。

④大きさ

店舗の中で一番大きいPOPにする。

③質

派手に演出すればいいという物ではありません。
店舗のコンセプトや内装に合う素材で、ボードやタペストリー(垂れ幕)などで作成し、言葉ではなく写真やイラストで、間接的に表現する方法もあります。

「老舗」と聞いて悪い印象を持つ人は少なく、逆に「信頼できる」「安心」というイメージを持つでしょう。
更には、長年続く企業や店舗です。ことにより、会社や店舗に対しての信頼感が高まることもぁります。
しかし、「信頼」「安心」は、言葉で表現したり、創業時の写真でストアロイヤリティを表現すると、なぜかウソのように聞こえてしまうものです。よって、写真やイラストなどでは直接的なものより、間接的に伝える、感じてもらうぐらいがベストなのです。

後発競合店との差別化を図ります

世の中が好景気になると、必ず起こる現象があります。
突然自分の店舗の近くに、大手企業による出店が計画されて、開店の準備がはじまるのです。
そこで手をこまねいていたり、いつも来てくれてるから、お客様がいるからと、安心してはいけません。
そんな状況は大型店舗が開店してしまうと、一辺してしまいます。
それから慌ててもできること言えば、安売りしかありません。そうなりるともうその先は売上げが先細り、よっぽどのことがない限り閉店しかない状況になってしまいます。

基本的に、大手企業が行う出店立地選定の際は「その地域でニーズがあるかどうか」を調べます。

その一つの要素に、既に中小企業が出店している、店舗があるかどうか、があります。
なぜなら、その地域に店舗が存在するということは、顧客ニーズがあり、ある程度のマーケットが保証されています。

だからあなたの店舗も、大手企業の社員が客を装って調査をしていたり、周辺の顧客リストを集めています。可能性が高い。

大手企業の場合は、地域に根ざした先発店舗よりも面積を広く、商品アイテム数も在庫も多く持つようなインパクトと利便性で勝負する店舗開発をすることが多いもの。
このような店舗との価格競争は成り立ちにくいため、差別化を図るにはストアロイヤリティなどの価値訴求が効果的なのです。

大手企業の店舗の開店計画がいつ立ち上がっても慌てなくて済むように、自分の店舗に揺るぎない自信と、お客様との硬い絆を結んでいきましょう。

「老舗」と聞いて良い印象を持つことも、ストアロイヤリティ訴求の重要性を物語るものと言えるでしょう。

ストアロイヤリティの向上を売場で実現するための手段とは?自分の店舗で考えたときに何を意味するのかを考えながら実践していきましょう。