面接で見極めたい自社に合った人材の探し方

シェアする

書類選考と一度の面接で、自社に合う人材かどうかを見極めるのはとっても難しいとこです。インターシップ制度や試用期間を設けて短期間仕事をしてもらって、様子をみるという方法もあるけど、すぐに人材が欲しい場合はそれもできません。

最低限これだけは見極めたほうが良い、というポイントを考えてみましょう。

スポンサーリンク

本当に自社に必要な人物とは?どんな人材が欲しいのか?具体的に人材要件を決めておくこと

自社に合った人材を見極める際、重要なポイントになるのが「自社に合う要件」とどれくらい一致するか、ということです。そのためには、前もってその要件を明確に設定する必要があります。必要な人材の人物像をイメージとして明確に設定することで、次のような面接でのミスマッチを防ぐことができるかもしれません。

例えば、面接担当者と相性が合わなかったり、面接担当者の嫌いなタイプだったり、誰かの知り合いや関係者だったり、単に可愛いとかカツコイイとか、それともたまたまその日は機嫌が悪かったりした場合、面接官の主観によって合否が出されてしまうことが少なくない。こういった事態を極力なくすためにも、求める人材の要件を明確に設定する必要があります。

たとえ経営者自身が面接する場合でも、現場の人間を必ず同席させて、つねに客観的な視点で判断できる体制を整えておくのが大切です。

必要な人物像のイメージ要件とは、例えば、

・コミュニケーション能力のある人

・変化を楽しめる人

・自分で商売をしてみたいと思っている人

・ストレスに強い体質の人

・責任感が強い人

・問題解決能力が高い人

などです。

必要な人材のイメージと現実の適合性を判断する3つのポイント

面接では、その要件との適合性を見極めていくわけですが、その際に気をつけなければならないことがあります。それは、次の3つ。

①過去の事実から見極める(過去の体験・経験)

②その事実がたまたまではないかどうか(偶然ではなく、再現可能かどうか)

③本人の意思によって、その経験や体験をしたのか(受身でなく、能動的であったかどうか)

面接時に確かな判断材料となるのは、求職者の過去の体験・経験といっても過言ではない。過去の事実から客観的な判断をすることで、個人の主観を可能な限り取り除いた判断をすることができます。

次に大事なのは、その事実が偶然ではないということ。それがはっきりとわかれば、これから先、同じような事態が発生したり、状況になったりしても、同じ判断やアクションを起こせるかどうかを見極めることができるからです。

特に即戦力を期待するなら、何が起きてもほぼ的確に判断できる、落ち着いて行動することができるかを考えます。

また、再現可能かどうかの判断材料としては、その事実に本人の意思があったかどうかもポイントになります。環境や状況がそうさせたのではなく、能動的にそうした判断やアクションをとったという本人の意思の有無が重要なのです。

行動力があると言っても、猪突猛進型では困ります。間違ったことをそのまま推進していたり、間違っているということを知りながら進行していたのでは本末転倒です。

間違っていると気付いた時に、的確に方向転換できるとか、すぐに現場で相談の場を設けて解決するとか、そういう経験からくる行動力を見極めましょう。

こちらが求める人材の要件、人物の能力を含めたイメージを決める。

その要件にあてはまる過去の経験や体験を面接で質問をしながら引き出す。

その経験・体験の再現性を確認するために、その経験・体験に本人の意思(能動的なアクションだったか)があったかどうかを見極めます。以上の流れで自社に合った人材の見極めを行いましょう。

以上、「面接で見極めたい自社に合った人材とは」でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする