求人選考時の面接後の合否の出し方と、内定を取り消されないための伝えるタイミング

シェアする

最近は機会的にメール等で合否を伝えるところも増えているようですが、人気企業ならともかく、中小企業や専門店の場合は電話を使って、声で伝えるほうがいいと思います。

なぜならば内定を伝えたとたんに、断ってくる可能性もあるからです。ここではそんな中小企業や小さな専門店のための求人面接について、効果的な合否を伝える方法を考えてみましょう。

ten0145

スポンサーリンク

合否通知のクロージングは求職者をじらして伝える

どんなにいい求人広告を出しても、どんなにいい人材を面接で見極めても、最後の最後に合否の出し方と出すタイミングを間違っては何にもならない。

ここでポイントとなるのが、合格を辞退されないか、いかに求職者のモチベーションを上げることができるかです。

せっかく自社に合う人材、優秀な人材を見つけることができたとしても、辞退ということになってしまったり、合格をもらうことで燃えつきてしまい、その後はモチベーションが下がってしまうということでは、それまでの採用活動が水の泡ということにもなりかねない。

最近は内定を辞退する求職者が多くなっており、どの会社も頭を抱えています。特に中小企業や専門店などは、滑り止めのような気分で受けている可能性が高い。

だから合格を辞退されないで、更に会社に対するモチベーションを維持させるためには、どのようにしたらいいのだろうか。

それは合格出しをする人物とタイミング、そして出し方にあります。

まず、合否を求職者に出す人物だが、たいていの場合は経営者自ら出すのがいいでしょう。店舗の一スタッフから合格出しをされるよりも、経営者自身から合否の連絡を受けるほうが求職者のモチベーションは上がります。

しかし、求職者が特定のスタッフにあこがれを抱いている場合は、そのあこがれのスタッフに合否の連絡をさせるとより効果的です。働き始めてからもそのスタッフを目標として、どんどん成長するケースが多くあるからです。。

次いで合否を伝えるタイミングですが、最終面接が終了してすぐに合否の連絡をするではなく、一度帰宅させてから連絡するほうがよいでしょう。

浮気されないように早めに連絡したいという気持ちはわかりますが、そこはおさえましょう。

その時にも、電話ですぐに合格を知らせるのではなく、選考を通して感じたこと、今後働くにあたってのフィードバック、自社・自店としての期待を伝えてから合格通知を出すと更によいとおもいます。つまりここでは、少しじらすことがモチベーションアップのキモとなります。

面接結果のダメ出しとフォローのクロージング

例えば、こういったケースがあったとします。Aさんがとても強く志望していた企業に面接を受けに行った時、Aさんは人身事故で面接に遅れてしまったあげく、面接会場に着いてはじめて、履歴書に写真を貼っていないことに気づき、面接前にハサミとノリを会社から借りて、何とか貼りつけた。

もっとも、面接時はそのことについて何も触れられず、「結果については後日電話でお伝えします」と言われた。「かかってこなければ今回はご緑がなかったものと思ってください」とも伝えられた。Aさんは正直、その時点ではもうダメだと半ば諦めていた。しかし、実際はどこか期待する部分もあり、連絡を待っていた。

電話をもらえる約束の時間になっても電話がこなかったため、やはりダメだったかと落胆していた10分後、「遅くなってしまい大変申し訳ありません。ぜひAさんと一緒に仕事がしたいと思います」と連絡が入った。続いて、「ですが、面接に遅れてくる、履歴書の準備をしてきていないということは、面接を受ける上でのマナー違反ですので、こちらもすごく迷いました。ただ、Aさんの雰囲気や人柄がうちの会社にとても合っていて、最近面接を受けにきてくれた人の中で一番よかったので、フィードバックをした上で、採用させていただくことにしました

これはモチベーションを上げるための好事例です。

こういったマナー違反を許すかどうかは別として、面接後すぐには合否を通知せず少しじらすことで、「ダメだったかもしれない」と不安にさせる。そのタイミングで面接における良いフィードバックと直すべきフィードバックをしてあげることで、求職者は普段よりもフィードバックを受け入れやすい状態になります。

そのためにモチベーションは上がり、仕事に対するマインドセットもすることができるのです。タイミングや人物を選んで合格を通知することは、合格者フォローにもつながるため、なんとなく流れで通知するのではなく、合格出しもぜひ戦略的に行っていただきたい。

以上「求人選考時の面接後の合否の出し方と、伝えるタイミングを間違えないために」でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする