就職内定者の入社後のギャップをなくすために準備しておくこと

求職者が他社へ逃げてしまわないように、合格を急いで出してしまう。急いで出すから、人材の見極め不足や自社へのマッチング不足が生じてしまう。 採用活動は、ほとんど同じ時期に一斉に動くことがわかっているはずなので、準備期間をきちんととって求人対策をしましょう。

求人対策において、入社前に求職者に伝えるべきこと

書類上では納得していても、実際に面接になった時に予想もしていなかった条件を言われたりすると、今まで抱いていた会社のイメージに疑問を持つようになります。 ずっと期待を持ってもらうためには、何を伝えておくべきなのか?またその伝え方はどうすればいいのか?考えてみませんか。

お客様に忘れられない販売員になるための方法

心のこもったひと言は、間違いなくお客様の心を動かし、そしてお客様の記憶に残ります。その、たったひと言の積み重ねが、間違いなく評価・評判を高めていくことでしょう。マニュアルに書かれているような、ありふれた言葉ではなく、自分の言葉で、お客様と接するようにしてください。

お客様に伝わりやすく、購買意欲を刺激する店内放送の方法

売り場には常時、有線放送で音楽が流されています。しかしタイムセールがはじまったり、お客様の動きが鈍い時などは、買い物を誘発させるような店内放送が流れます。そこへきちんとお客様に届くような店内放送を流せば、売上アップに貢献できることは間違いありません。

買い物客の心に刺さる。数字のの心理マジックを使った接客方法

人の心に影響を与える数字の不思議を利用して、お店の売上アップを狙える方法を伝えましょう。数字は言葉で表現されるよりも具体的で、正確な判断基準になるものとして、私たちは認識しています。 しかし、その数字に翻弄されてしまうのも私たちです。数字の見た目の印象で感じ方が変わったり、物の価値が変化してしまうことがよくあります。

スポンサーリンク