優良人材の採用力アップのために、企業や店舗経営者が取り組むべきこと

求人広告を出しても経営者が希望するような人材がやって来るとは限りません。 ましてや今のような買い手市場では、次々と浮気されてしまいます。 求められるのは、採用力のアップです。 どうすれば欲しい人材をしっかりと採用できるのでしょうか? 人事担当者や採用担当者が心得なければならないことは、何でしょうか?

求人はハローワークが良い!不景気の今だからこそ誰でもできるローコスト採用

「採用コスト0円で年間10名以上の優秀な人材を採用できました」 ハローワークを利用すれば、コスト0円で優秀な人材を採用できます。 今ではWEBでも求人内容が公開され、見た目は若干堅苦しいですが、通常の大手の求人サイトと変わらないぐらいの機能は備えています。 良い人材に出会えないというのであれば、大手の求人会社とハローワークを併用してもいいと思います。

年間採用スケジュールを決めて、業績アップし続けるための求人方法

求人する側も求職する側もどのように行動し、どのタイミングでアプローチをかけていけばいいのか、年間を通じて駆け引きが繰り広げられています。 良い人材が集まらないからと言って闇雲に求人広告を出しても、経費が無駄になるだけです。 中小企業や店舗であれば、大企業の隙間を突いて求人するなど、求職者の行動を見据えた採用計画を立てていると無駄がありません。

店舗の業績アップを考えた人材の選び方、求人のコツ

求人の内定を出しても数ヶ月後に内定辞退の連絡があり、ガックリきてしまう企業や店舗は増えてきているそうだ。 有力な大企業と違って、中小企業や店舗となると有望な新人や転職者を採用するのが難しい。 ただ昔と違って人は集まりやすいので、そこでしっかりとアピールすることが大切になります。 そして内定を辞退されないためには、企業(店舗)と求職者が求めるニーズとのマッチングが欠かせません。 自社、自店の業績をアップしてくれる人材とは、どんな人なのか?

店舗スタッフ教育のためのツールや手法について店長が知っておくべきこと

何度注意しても、アドバイスしても言うことを聞いてくれない、同じミスを何度も犯してしまう、同じ事を何度も聞いてくる。 これは部下を育てている上司がよく言う愚痴ですが、そもそも同じことを何度も言わなければならないというのは、相手が理解していないのと同じです。 そうれあれば、理解してもらえるような工夫をしなければなりません。

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

お客様に愛される人気店ほど、クレームは多くなるものです。 クレームとは、お客様からの苦情の申し立てを、総称してそう呼んでいます。 しかし苦情は期待のないところには発生しないものです。 だからクレームは「お客様からの改善要求」であると考えるといいと思います。

接客に強くなる「お客様の心に応える」対応とサービスマインド

とても丁寧な言葉づかいで、態度もいいのに店員に好感が持てない。 なぜだろうか? 例えば人から誉められたとき、本当は嬉しいはずなのにちっとも嬉しくない。 この2つに共通するのは、言葉に心がこもっていないからです。 言葉に限らず、態度も心がこもっていないものはとても冷たく感じてしまいます。 心の無い芸術作品を見ても、なにも感じる物がないのと同じです。 お店で働く私たちに求められていることは、心のこもった接客なのです。 それをしなれば働いている店舗は死んでいるのと同じです。

イレギュラーに強い店舗の作り方

店舗業務の全てをマスターしたからといって経営が自動運転できるわけではありません。 状況は日々変化しています。 そして店舗スタッフは人間、店長も人間ですから、いつ何時何が起きるかわかりません。 お客様のニーズの変化も同じように、変化していきます。 変化というのは変わる様子が見えるわけでは無く、ある日突然イレギュラーな事態としてお店に降りかかってきます。 そんなイレギュラーな事態にどう対応するのか? 日々意識するようにするにはどうすればいいのか?

販売、店舗経営が向上する企画の秘密と8段階の購買心理とは?

広告や販促や宣伝を企画するときの考え方にAIDMA(アイドマ)の法則というものがあります。 これは人が商品を認知して購入するまでの心理的な動きを表現した言葉の頭文字を集めた造語で、数十年前から普遍的に意識されている概念です。 インターネットが普及してから若干その概念は変わってきていますが、基本的には同じです。 店舗経営でも商品の陳列や、接客中の会話にも活かせるものなのなので、活用していただきたいと思います。

「言葉づかい」は接客の基本。店舗のスタッフ教育レベルは常にお客様に評価されている!

日本人の会話には「主語」が無いとよく言われていますが、特に最近の言葉遣いや会話の特徴に「単語による会話」があります。 「飲む?」「コーヒー」という感じで、正しくは、「何か、お飲みになりますか」「コーヒーをいただきます」です。 同様に、「日本の首都はどこですか」に対しては、「東京」ではなく、「東京です」が正しい。 店舗内で顧客とこのような会話で接客をすることはないと思いますが、子供のままの会話を行う大人、普段使いと仕事の境目がわからない大人が増えてきています。 接客時に使う会話は単語で終わらせずに、大人としての会話を行うことが必要です。

スポンサーリンク