接客の基本

接客が苦手な店舗スタッフがお客様から選ばれる存在になる方法

お店に入って商品を吟味していると、店員の視線を感じて、お店に居づらくなってしまったとか、ゆっくりと店内を見ていたいのに、あれこれと商品を一方的に勧められて、もう2度とこの店には来たくないと思った。 接客として、それはやってはいけないことがあります。実際に店舗で接客しているあなたの接客態度を振り返ってみませんか?
人材育成

商品紹介の前にお客様と無駄話で、お互いの警戒心を解く方法

見ず知らずの人がいきなり目の前に現れて「結婚してください」って告白されたら、誰でもびっくりすると思います。 お店の接客も、似たような事があると思いまませんか? なんとなく直感的に来店して、いきなり店員に「どんな商品をお探しですか?」って声をかけられたら、ちょっと嫌な気持ちになりませんか?
利益と管理

人件費の赤字を無くす入時生産性と労働分配率の考え方

人件費を節約するために、人材を減らしたり、セルフサービスなどを取り入れて作業自体を減らしたり、様々な工夫をしていますが、人件費のコントロールを誤ると、店舗自体の存続が危うくなる可能性があります。 人件費のコントロールは、数値では測れないマインドのコントロールも含まれるだけにとても難しいものです。
スポンサーリンク
接客の基本

店員が行うサービスとは気配りと心配りのホスビタリテイのこと

笑顔のサービス、値引きサービス、お届けサービス、お店から提供されるサービスにはいろいろあります。 でも、そこにお客様に対する気配りと、心配りが無ければただのマニュアル応対に終わってしまって、お客様と心が通じ合うことはないでしょう。 店員の接客の原点とは何でしょうか?
接客の基本

効率の良い「接客時間」を考えて、お客様満足度と店舗売上のアップを狙う

店員は接客時間を意識しておかないと、お客様を逃してしまうことになります。 お客様に満足してもらい、かつ店舗の売上アップを狙うというバランスを考えた時間配分をしなければいけません。 あなたなら、接客時間についてどのように考えますか?
利益と管理

店長のための損益計算書の見方とは? 結果と原因の法則

数字の管理は苦手だからと、大まかな判断と自分の感覚だけで店舗経営していると、破綻してしまうかもしれません。 店舗をどのように発展させるべきか?必要なことは何か?何が足りていないのか?向かうべき方向性は間違っていないのか?など、現実的な数値から様々な経営方針を検証し、実行することができてはじめて、健全経営と言えるのではないでしょうか?だから店長自身が「損益計算書」を読み解く能力がなければなりません。
利益と管理

店長のための「必要な利益確保のための販売計画」と損益分岐点から導く店舗経営術

店長、今期の売上計画をどのような考えで作っていますか? 健全な店舗経営のためには、店長の趣向だけで商品を仕入れて売るわけにはいきません。 そこには「利益の確保」という明確な目的があるからです。 売上目標にたいして、どのような販売計画を立てるかを、どう考えていますか?
仕事の効率化

在庫管理で失敗しないために商品回転率と交差比率を考える

倉庫に溜まった大量の在庫。または、いつ来ても同じ商品ばかりが目立つ店舗。 商品が売れずに在庫が溜まっていくと、このような状態になります。 在庫をできるだけ抱え込まないためには、商品回転率を良くすればいい。 そう思うのは簡単ですが、売れなければ店舗の利益には結びつかないので、この商品回転率を正しく理解する必要があります。
接客の基本

お客様に「安心感」を与える接客とは?

もし、商品に不備があったり、店員の態度などによって、このお店は大丈夫かな?とお客様に「不安」を抱かせると、間違いなく売場やお店から遠のきます。 接客や販売では、お客様をいかに安心させるかが重要です。 どうすればお客様に「安心」を感じてもらえるのか? 考えてみませんか?
利益と管理

「在庫」と「原価」と「粗利益」の関係を知って商品ロスを減らそう

サービス業ならあまり気にしないことですが、何か「物」を販売している店舗では「在庫管理」や「商品の仕入れ」のバランスをコントロールすることがとても重要です。 しかし、どんなに商品管理を完璧にしても、商品ロスは別の要因で起きることがあります。 多くは内部不正(店員や納入業者による不正や伝票ミスなど)と、万引きだといいます。 いかに商品ロスを減らして、健全な店舗経営をしていけばいいのか、その基本を考えてみましょう。
スポンサーリンク