お客様との店舗内トラブルと執拗なクレーマーへのクレーム対応

店舗を営業していれば、商品や接客に不備があって、お客様からクレームが入る場合があります。 商品管理を徹底していても、実際にお客様が購入されてから自宅で気がつくということもありますし、衣料品ならサイズ違いなどもあると思います。 正当なクレームは店舗側が誠心誠意を持って対応することで、穏便に事は収まります。 しかし、そんな店舗の姿勢を利用して、お金を得ようと、わざと不当なクレームを付けてくる人がいます。 そのようなクレーマーに対しては、どのように対応すればよいでしょうか?

繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

計画が長期に渡ると、必ず起きるのが「中だるみ」です。 緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になります。 ただし、それは経営者や店舗スタッフが悪いのではありません。誰がやっても中だるみ現象は起きることなのです。 そこでお勧めしたいのが、3ヶ月先行計画です。

店舗スタッフに役割や責任を理解させて、優秀な人材を育てる方法

「スタッフに任せるより自分がやったほうが早くて正確だ」と言って、雑務をしてしまう店長がいます。その逆に、仕事の指示だけをして、フォローもせずに放ったらかしにしてしまう店長も問題があります。 優秀なスタッフを育てるためには、店長がしなければならない指示の方法や考え方を理解する必要があります。

店舗スタッフのストレス管理方法

いつも笑顔で頑張っているスタッフほど、日々のストレスが蓄積している場合があります。 なかなか外見ではわからないので、店長も見過ごしてしまいがちですが、放っておくと突然退職を申し出たり、大きなミスをしたりと、店舗にとって痛手になるような事態になることも・・・。 働いているスタッフは、口には出しませんが、「理解して欲しい」と常に思っているはずですが、店長はその心の声に気づいていますか?

情報漏えいは店長の責任、個人情報の保護を考えよう

昔は個人情報をためらいもなく提供していました。「ここは信頼できるから、大丈夫だろう」という思い込みや信頼関係があったからだと思いますが、今では日本を代表する大企業ですら情報が外部に漏洩し、その情報が犯罪組織に渡ったりしています。それを知った上で、個人情報を預かる店長が、どのようにその情報を管理すればいいのか?考えていただきたいと思います。

トレーサビリティと情報開示は、信頼される繁盛店には欠かせない条件

食品の安全性が問われるようになってから、特に原材料管理から賞味期限の管理などが重視されています。 生産地を偽って販売する業者もいたり、しばしば事件としてニュースに取り上げられることもあります。 書品を販売する店長は店舗の健全経営のために、来店客の信頼を裏切らないために、安全と安心を提供する必要があります。では、流通面からもお客様に支持されるような店舗経営とは?

店舗経営の事故犯罪を防止する、店長のためのリスク管理と風土づくり

あの時、きちんとリスク管理をしておけば良かった・・・でも、起きてからでは遅いのです。 店舗に何か起きた時、インターネットを通じて情報の拡散も早くなっているから、昔に比べると店舗への風評被害など、損害も大きくなる可能性がある。 店長は肝に銘じてリスク管理をする必要がありますが、何をどうすればよいか?あなたは理解していますか?

店長のための店舗経営に関するリスクマネジメントとは?

店長はこれから起きるかもしれない様々なリスクに対して、どう行動すればよいのか? 何を準備したほうがよいのか?ということを毎日考えていると思います。 売上など経理的なことや人材確保問題もあれば、万引きなどの犯罪対策や、天災などへの対策、店内外で起きる事故、自分自身の健康や生活環境の問題など、いつ何が起きても動じないように、出来る限り万全の対策をしておきたいものです。

素早い判断と実行力のある店長は、経営不振の店舗を繁盛店にすることができる

PDCAサイクルを意識しながらトライ・アンド・エラーの連続で、日々挑戦し続けている店長と、現状維持をポリシーにして安定経営を求める店長と、あなたが店舗スタッフならどちらの店長の下で働きたいと思いますか? また、どちらの店舗が展望があると思いますか?

スポンサーリンク