売上目標達成のために仮説を構築する力を学ぶ方法

店長として想定した売上目標の達成のための計画や施策は、何案ぐらいありますか? 施策のアイデアが湧き出てきたら、できるだけ具体的に計画をしてみることをお勧めします。 仮説が立てられなければ、どんなにアイデアがあっても、無鉄砲な計画になってしまいます。それでは店長として失格なのですが、計画の発想方法を知っていますか?

店舗の現状分析から経営目標の仮説を立てる方法

実用的な仮説を立てることができる人は、現状分析能力も優れています。 今、自分が経営する店舗がどのレベルにあり、課題は何かを的確に答えることができることが経営には大切なスキルとなります。 では現状把握、現状分析は何を、どのようにすればよいのでしょうか。

欧米型の接客サービスを真似るより日本型の接客サービスを極めよう

脱サラをして、慣れない店舗経営者として店に立っても、なかなか来店客に声が掛けられなかったり、気の利いたことが言えなかったり、お客様と上手にコミュニケーションができなかったりという話がよくあります。 でも接客サービスは、店員が100人いれば100通りのやり方があり、そういう意味では自分に自信を持って接客することが、とても大事なことでなないかと思うのですが・・・

接客の基本となる挨拶の考え方

店舗に新しく入った従業員に、最初に何から教えますか?職場の案内ですか? 従業員の紹介ですか? 職場によって違うと思いますが、やはり基本は挨拶から教えるのではないでしょうか? 最初は先輩に付きながら研修をさせると思いますが、研修中でも現場に立っていると1人で判断して対応しなくてはいけない場面に遭遇することがありますが・・・

粗利益の確保のために店舗経営で最重要なことは何か?

売上金額だけを見て、一喜一憂するのは無意味なことです。 正しくは売上金額から、必要経費などを差し引いた粗利益を見なければいけません。 売上金額が低くても、粗利益が増加しているなら、たいへん効率の良い店舗経営ができているということになるのですが・・・

店長は売上目標を達成できる計画を作るのも仕事

日々の売上と利益の目標に向かって、何をするのか?どこを改善すべきなのかを、現場の現状や店舗環境を検証しながら戦略を企画して、実行することです。 ある商品やメニューが今日売れていても、来週はどうなるかわかりません。 1人の店舗スタッフがトップの売上を上げていたら、そのスタッフが休んだり退職してしまったら、売上がどうなるのか? もし○○になったら時、どうする?

「ほうれんそう」を怠るスタッフは接客の信用を失う

社会の一員として働き始めた時に、最初に覚えるのが、挨拶と報連相(ほうれんそう)の大切さではないでしょうか。 特に「報告」「連絡」「相談」をまとめた「ほうれんそう」の重要さは、どんな業界にも共通することで、これがきちんとできないと、店舗スタッフとしても失格となります。

商売の基本は老舗から学べ

老舗や一流店と呼ばれるには、それなりの理由があります。 商品などハード面はもちろんですが、特筆すべきは接客というソフト面です。 お客様に対する本当のサービスは何か?ということを学ぶ上でもとても勉強になります。 あなたにとって、老舗や一流店のイメージとは、どんなものでしょうか?

スポンサーリンク