愛される店長、スタッフから目標とされる店長を目指して

愛される店長、スタッフから目標とされる店長を目指して

お店のスタッフや部下は、店長という存在に自分の未来を投影する小売業、飲食業、サービス業では、多くの企業で新入社員全員が一旦は店舗に配属されるのが習わしです。本部スタッフとして採用が決まっていても、短期間でも店頭経験を積ませようという会社が多い。店舗を持つ企業は、店舗事業の成功自体が、会社全体の事業の成功の基本であること...

店長の役割は規律ある店舗運営を維持すること

店長の役割は規律ある店舗運営を維持すること

●コンプライアンスの遵守は店長の意志次第店舗では、日々いろいろなトラブルや事故が発生します。そういうトラブルや事故の発生の多くは、店舗が決められたルールに基づいて運営されていないことが原因になっていることがよくあります。多いのは、通路へのはみ出し陳列。非常口前や防火シャッター前にまで商品陳列したり、ストックを配置してい...

人件費コントロールを考えた入時管理は可能ですか?

人件費コントロールを考えた入時管理は可能ですか?

人件費の増減が店舗の利益に直結する一般に小売業の粗利益率は、そう高いものではない。低い業種では15%前後、高くても50%程度。平均30%というところだろう。こうして獲得した粗利益の中から経費を支払い、利益を残していきます。どこの店舗でも、利益が残るように上手に経費をコントロールしています。この経費の中でウエイトの大きい...

お客様の心に残る「挨拶」がお店の好感度をアップさせる

お客様の心に残る「挨拶」がお店の好感度をアップさせる

また利用したいと思うお店と、もう行きたくないというお店の違いはどこにあるでしょうか。最近はショップ店員に横にくると購入を催促されているような気分になって、店から出て行ってしまうお客様も少なくはありません。だからお店側もどちらかというとお客様から声がかからなければ、積極的に接客するような事は少なくなりました。しかし入店直...

小売店にとって商いとは心理学でもある

小売店にとって商いとは心理学でもある

商いとは?と聞かれてどう答えますか?普通に考えれば、売り手が買い手と商品を通じて付き合うことと答えられます。商いの世界では新規のお客様をつかまえ、末永いお付き合いに持ち込めるかどうかは、実は売り手の姿勢と商いそのものの設計に影響されます。小売業の場合は、店舗という場を通じて、お客様に働きかける行為を実行し、結果として物...

店長は自分の出身部門以外の売場にも目配りが必要

店長は自分の出身部門以外の売場にも目配りが必要

店長に限らず誰でも自分の経験のない部門や、世界への指示は出しにくい。部門の担当者は、それぞれ経験とプライドを持つプロだから、考えようによってはプロに対して指示を与えないといけないという勇気と配慮が必要になります。 店舗全体のあるべき姿を考えて、全体を活かすという発想で物事を考え、店舗の段取りを良くするという目的さえぶれなければ、その部門の経験がなくとも、間違った指示を出すことは少なくなるはずです。

店長は朝礼上手になろう

店長は朝礼上手になろう

朝礼は、スタッフの教育という面でも大きな意味を持っています。 朝礼という基本的な教育の場も確保できない企業は、業務に無駄や無理が発生しやすく、業績を向上させることが難しくなり、更に忙しくなっていく悪循環を生みます。

店舗経営の基本は顧客満足・従業員満足にある

店舗経営の基本は顧客満足・従業員満足にある

関西は昔から商人の町として、商売に長けた商人を多く輩出してきた土地です。松下幸之助をはじめ、現在の日本経済の基盤を築いた企業創業者も多い。その関西にある滋賀県の、商売上手で多くの顧客に強く支持されたことで有名な近江商人は「三方よし」の経営を重んじてきたという。三方よしとは「世間よし」「買い手よし」「売り手よし」のこと。「世間よし」とは、仕入先などと捉えることもできるし、企業を支えてくれている地域や関係者を指していると捉えても良い。

店舗戦略のPDCA

店舗戦略のPDCA

多店舗を有する企業の場合、店舗戦略やコンセプトも複数に分け、マルチブランド政策、別業態展開という形で展開しているケースも多い。 それぞれの店舗に対して、本部が期待していることも違っているから、店長は自分の店舗の「戦略的な位置づけと役割」を知っておくこと

自社の戦略を知り、近隣の競合店に負けない店を経営するには?

自社の戦略を知り、近隣の競合店に負けない店を経営するには?

今やいろいろな業種・業界で競合が存在する日本。 自分達の店がいくら頑張っていても、競合がそれ以上に頑張って優れた店舗を作り上げていれば、お客様は比較検討し優れた店舗に移ってしまう。だから常に店長は、他店に負けない際立った魅力と、存在感のある店舗を作らなければならない。それには、競合を

スポンサーリンク